無能すぎて辛い、仕事を辞めたいと思ったら転職して新たな環境で働くのは大いにあり

無能すぎて辛い、仕事を辞めたいと思ったら転職して新たな環境で働くのは大いにあり

自分は無能すぎる、何の役にも立っていない。周りに迷惑かけてばかり。

会社に行くのすらも辛くて辛くて仕方がなくなり、仕事を辞めたい。

そんな毎日を送ってしまっているなら、一度仕事を変えて新たな環境に身を置いてみることをおすすめします。

周りから無能と言われ、自分でも無能だと思っていた人が環境を変えたことによって、仕事が辛くはなくなったという人は少なくはないのです。

関連記事

 

無能すぎて辛い、仕事を辞めたい

仕事が辛い、仕事を辞めたい。

そんな風に思う理由は人によって様々ですが、自分が無能だと思ってしまうことが一つの要因になっている人は少なからずいると思います。

上司にはたびたび怒られる。

周りには文句を言われ時には馬鹿にされたり見下されたりもする。

嫌なことばかりです。

会社生活において仕事をこなす能力は最も重要視されるが故、周りにくらべて仕事をこなす能力が劣ってしまっていると、それだけで職場での居心地はかなり悪いものになってしまうのです。

また周りに否定されることによって自分自身でも否定するようになってしまい、自分の能力の低さを恥じ、周りに迷惑をかけてしまっていることを責めるようにもなってしまうことがより辛さを増幅します。

無能と位置づけられてしまうと、仕事は楽しめることなんてできるわけがないんです。

そして中にはそれが原因でうつ病などになってしまう人もいます。

ホワイト企業なのに、特に残業が多いわけでもないのに、周りから責められ自分でも責め、精神的に追い詰められていきます。

無能で辛いなら、ただ我慢していたってなかなか解決しない

では今無能で辛いと感じている人は、はたしてどうすれば良いのでしょうか。

なんとかして周りに迷惑をかけないレベルまで成長する。それまでは我慢し続ける。

それも一つの選択肢です。

ただ正直、それだけでは中々難しいのが現実。

これまで上手くいかなかった人が、我慢したところで簡単に状況は変わりません。

年齢に応じて求められるものはどんどん増えていく上、また一度周りから無能だと思われてしまうと、周りからまともに扱って貰えなくなる為です。

また自分で自信を持てなくなってしまったことによって、さらに悪循環をもたらすことも少なくありません。

だからこそそんな人はただ我慢するのではなく、一度新たな環境に身をおいてみる方が解決につながる可能性は高いと言えます。

もちろんなぜ仕事が上手くいかないか、自分の何が悪いか、どこを改善すべきなのかについて考えて実践することは大切なことであり必要なこと。

ただそれだけでは難しい為、今いる仕事は自分に合わないと割り切って新たな環境で新たな仕事を行うことは一つの有効な手段であることに間違いはありません。

職場が変わって活躍できた人、転職して活躍できた人

実際、職場が変わったことによってそれまで無能だと思っていた状況が一変した人は少なくはなく、私の周りにも何人もいました。

異動で職種が変わって評価が一変

たとえば異動によって仕事内容が変わったことによって仕事に対する評価も大きく変わった例。

以前の仕事は一つのものに没頭するのではなく、幅広く柔軟に対応してどんどん仕事を進めていかなくてはならない仕事。

仕事に対してこだわりが強く、頑固さもあったその人はなかなか仕事がうまくいかずに評価も著しく悪い状態でした。

そんな時、その状態を見かねた上司が異動を進言。本人の希望とタイミングにも恵まれ、専門的な知識は同じだが仕事内容が異なる部署へと異動することになりました。

その結果、仕事に対する評価は一変。本人も仕事にやりがいを持てるようになり、楽しく仕事ができるようになったみたいです。

仕事内容によってもとめられる能力は異なります。

その為、仕事が変われば無能だった人が一気に活躍できるようになることだってよくあるのです。

転職したら仕事のやり方が変わって一変

ただ異動はなかなか希望してもできない場合が多いです。

どれだけ合っていない仕事で合っても、上司の意向やタイミング等に恵まれず、いつまでたってもその仕事から離れることができない人も多いでしょう。

ただ転職であれば自らの意思のみで実行することができます。

会社が変わると仕事内容だけではなく、仕事のやり方も大きく変わります。

同じ職種なのに必要な能力や進め方、こだわる点が大きく違っていたというのもよくあること。

だからこそ今の会社で無能と思われてしまっていても、違う会社では大きく活躍できる可能性だって十分あるのです。

大企業から中堅企業、中小企業に転職して一変

大企業から中堅企業、中小企業に転職した結果、転職後にかなり優秀だと思われるようになったという人も実は多いです。

会社の規模によって仕事のやり方が違うというのも一つの理由ですが、もう一つ大きいのが周囲の能力のレベル。

周りの人に聞くとやはり大企業で働いている人は頭が良く、効率も良い優秀な人が多い。

普通に仕事をこなしていても、周りに比べて仕事が遅いだけで無能の烙印を押されてしまう場合も少なからずあるのも現実です。

また最初の上司がどういう人だったか、どういった仕事を当てられたかによってもかなり差がつき、その差がいつまでたっても後を引くことになってしまうなんてこともよくあります。

そういった人が少しレベルを落とした会社に行くと一気に活躍できる可能性は大いにあります。

もちろん大企業から転職するということは給料も下がる場合が多い為、慎重さは必要。自分の現状、そして将来をよく鑑みて判断する必要はあります。

今の仕事は合っていないと割り切ってみては?

自分で無能だと思いながら働き続けることはかなり辛いことです。

後何十年と続く会社生活。そんな状態で働き続けるなんて誰だってしたくないはず。

だからこそ自分の無能さに諦めてしまうのではなく、今の仕事は合わないと割り切って一度仕事を変えてみてはいかがでしょうか。

転職は不安、転職は怖いなど色々考える部分はあると思いますが、よくよく考えればそれほど失うものなんてないはず。

ぜひこの機会に自分の今後について考えてみてください。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ