転職の面接に全然受からないのはなぜ?それは緊張のせいだけではない。

転職の面接に全然受からないのはなぜ?それは緊張のせいだけではない。

書類選考はそれなりに通過できるんだけど、全然面接に受からないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

転職するにあたり、面接に受かることは避けては通れない道ですが、苦手意識を持っている人も多く、いつまで経っても転職することができずにいます。

1社、2社程度面接に落ちることは誰にでもあることですし、運の要素もあります。

ただ、何度受けても面接で受からないのは、誰のせいでもなく、自分に原因があることを自覚しなくてはいけません。

関連:転職の面接でよく聞かれる長所や短所、どう答えるのがベスト?

関連:履歴書、職歴書、面接で嘘をつくリスク。ばれる可能性は?

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。

書類選考を通過しているのに・・・

面接まで辿りついたということは、少なくとも書類選考は通過できているというわけです。

書類通過できているということは、あなたの年齢、経歴、実績は企業が求めている人とマッチしているということです。

ですから、面接次第では十分に受かる可能性があるということです。

もちろん、書類選考で優劣はつけられており、受かりやすいか受かりにくいかということはあります。

しかし、それでも面接で逆転できる可能性はあるのです。

そもそも、絶対に受からない人間を面接に呼ぶなんていう無駄なことはしません。

ですから、能力や実績、学歴のせいだなんて考えは捨て、面接に何かしらの問題があるということを自覚しましょう。

面接で上手く話せないのは緊張だけのせいではない!

では、面接に受からない原因はどこにあると思いますか?

面接に苦手意識を持っている人は、面接になると、緊張してしまい上手く話せないということが多いでしょう。

しかし、面接に受からない原因を緊張のせいだけにしてはいけません。

緊張のせいにして逃げてはいけない

面接で緊張して上手く話せなかった。質問に上手く答えることができなかった。

その結果、面接に落ちてしまうことはもちろんあります。

しかし、自分は緊張しいだから、人前で話すことが苦手だからと、落ちた原因をそれだけ決めつけていませんか?

そもそも、面接は誰だって緊張します。

もちろん、緊張している中でも上手く話せる人もいますし、上手く話せなくなってしまう人もいます。

ただ、緊張している中でしっかり話せるようにすることは練習次第で誰にだってできます。

ようは、単に練習不足なだけなんです。

また、面接官だって志望者が緊張していることはわかってます。

そんな中で多少上手く話せなかったというだけで、落とすなんてことはしません。

面接で受からない原因は他にもあるのです。

どこに悪いところがある?

では、中々面接に受からない原因はどこにあるのでしょうか?

これまでの面接を振り返り、自分のどこに問題があったか、確認していかなくてはなりません。

面接に受からなかったということは、これまで面接で失敗した経験を持っているということです。

せっかく持っているその経験を生かさなくてはいけません。

企業は何の為に面接を行う?

そもそも、なぜ企業はわざわざ時間をかけて面接を行うのでしょうか。

面接するのが当たり前だと思うのではなく、企業が面接を行う目的を紹介しましょう。

履歴書だけではわからないことを見極める

履歴書は、その人自身の経歴や経験といったものや、自己アピールなどからその人がどういった考えを持っているかといったことが、ある程度はわかります。

ただ、わからないことのほうが多いのもまた事実です。

履歴書では、実際はどう考えているか真偽はわかりませんし、単に文章が上手い人かもしれません。

当然コミュニケーション能力があるかどうかということはわかりません。

結局のところ、その人がどういった人物かというのは、実際に会って話さないとわからないのです。

もちろん、面接であってもわからないことはあります。

ただ、企業側は短い時間でできるだけ、志望者がどういった人間かを見極める為に色々な手を使います。

特に、その企業にとって重視している点を掘り下げて見極めようとします。

志望者に優劣をつける

面接の目的は、履歴書だけでわからないことを見極め、最終的には志望者の中で優劣をつけることにあります。

採用人数が決まっている中で、自分がいくら上手く面接でアピールでき、企業にとっての採用基準を満たしていたとしても、他の志望者がもっと魅力的であれば、面接には受かりません。

ただ、実際は魅力的な人材であれば採用人数を超えていても受かることも多々あります。

逆に、採用基準をクリアした人が、予定していた採用人数に満たない場合もあります。

実は、後者の場合が非常に多いのです。

ですから、面接に全然受からないのは他の志望者に負けているのではなく、単に自分が採用基準に満たないだけの場合が多いのです。

一緒に働きたいと思える人材か見極める

最終的に重要となるのが、その人が一緒に働きたいと思える人間かどうかということです。

熱意、振る舞い、話し方、能力の高さから、その人を総合的に考えて、会社にとってのメリット、同僚としてのメリットを考え、一緒に働きたいと思えた人を採用します。

ですから、面接官に嫌悪感を抱かれたり、疑念を持たれてしまえば当然採用されることはありません。

面接の基本ができていますか?

面接に全然受からないということは、面接の結果、採用基準に満たしていない、一緒に働きたいと思われていないというのが原因です。

ではどうしてそうなってしまうのでしょうか。

実は、そもそも、面接の基本ができていない人が多いです。

基本的なことができていないということは、相手に嫌悪感を与えてしまいますし、熱意も足りないと思われてしまうことが多いです。

まずは、基本から見直すことから始めてください。

身だしなみ、振る舞い、マナー

面接に限らず、初対面の人と話す場合に、身だしなみがしっかりしているか、その場に応じた振る舞いをしているか、マナーがなっているかということは、その人を判断する非常に重要な役割を果たします。

これができていなければ、どんなに良い内容を話したところで意味がありません。

面接官は、面接で志望者の長所を探すとともに、欠点も探します。

こんくらいは大丈夫だろう、自分は大丈夫だろうと思って油断していると、その欠点が面接官の目につきマイナス評価になってしまいます。

会話が成立しているか

一緒に働く上で、会話がしっかりできているかというのは重要なことです。

普通に会話ができない人とは、一緒に働きたいとは思えないし、何より仕事ができるとも思われません。

しかし、面接では普通に会話できる人がそう多くいません。

相手の質問の意図を理解し、相手が聞きたい内容の話をする。

また、会話ですから相手の反応を見ながら、話し方に強弱をつけたり、話すスピードを変えるといったことも必要です。

履歴書に書いただけの内容を、そのまま答えるのであれば、わざわざ面接を行う必要がありません。

会話であるという意識をしっかり持ってください。

事前に質問を想定し、準備しているか

面接で聞かれる内容は、普段はあまり話すどころか、考えもしない内容です。

その為、準備をしていなければ答えられない場合が多いです。

すぐ答えがでてこないのは、緊張のせいではなく、単に準備不足なだけです。

確かに、中には頭の回転が速く、準備しなくても即座に適切な答えを話すことができる人がいます。

しかし、自分がそうでないならば、あらゆる質問を想定し、その解答を準備しておかなくてはなりません。

企業の求めているものを理解しているか

事前に質問を準備しても、その答えが企業が求めているものと違えば意味はありません。

その企業が、どういった人物を求めているのかということはあらかじめ調べ、想定し、適切だと考えられる答えを準備しておかなくてはなりません。

自分の言葉で回答できているか

面接で質問される内容というのは、だいたい決まっていて、本を見たりインターネットで調べることで良い答え方というのが載っています。

しかし、その内容は企業も他の志望者から何度も聞いたことであり、「またか」と思われるだけですし、それが本当のことだとも思いません。

話す場合には、同じ内容であっても自分の言葉に置き換えて、自分なりの話し方で話さなくてはいけません。

自己アピールが自慢になっていないか

面接では、自己アピールを話すことになります。

その自己アピールにおいて、よく単なる自慢になっている場合が多いです。

「こんな仕事をしてこんな実績を残してきた」、「こんな資格を持っている」というのは、単なる自慢話になってしまう可能性も秘めています。

これまでの経験や自分が持っているスキルに誇りを持つことは良いことですが、企業にとってはそれが役に立ったなければ意味がありません。

自己アピールにするには、その会社にとってその経験が生きると思われて初めて意味があるものです。

ですから、これまでの経験を、その会社に入ってどう生かすかということが最も重要なことなのです。

自分に自信を持つことができているか

自分の経験は通用するのか、面接官に認められるのだろうか。

そんな不安は誰もが持つことです。

しかし、その結果自分に自信がなくなってしまうと、過剰に緊張してしまったり、話す内容に矛盾が生じてしまうことに繋がります。

自信を持ちすぎて、自分の欠点が見えなくなってしまうのはだめですが、ある程度の自信を持つことは非常に大切なことです。

履歴書に書いた内容と矛盾がないか

面接は、履歴書をベースに行われていることを忘れてはいけません。

履歴書の内容と、面接で話す内容に矛盾があれば、どちらかの内容が嘘となってしまいます。

嘘をつき、そしてそれを見破られたら、当然面接では受かりません。

履歴書は面接を意識して書かなくてはいけないし、面接前には履歴書に書いた内容を確認しなくてはなりません。

面接は必ず練習する!

面接で受からないと悩んでいるなら、まずは上述した内容について、これまでの面接でできていたかを確認することから始めてください。

そして、もう一つ大事なことが、必ず面接の練習をするということです。

アドバイスできる人に面接の練習をし、どこか悪い点はないか答え方に問題ないかを確認しましょう。

面接の練習は転職エージェントが無料で行ってくれますから、ぜひ活用しましょう。

転職に向けて

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職サイトのスカウト機能、使い方や評判、返信方法など

関連:転職エージェントと面談時の服装や場所、準備物、その他注意すべき点は?

関連:転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ