急募求人は危険?会社が急募とする理由やリスク、メリットについて。

ハローワークや転職サイトで求人票を見ると、「急募」という記載をしているものを見かけます。

今回はこの急募求人の危険性や、そのようになっている理由、急募求人のメリットやデメリットについて紹介していきます。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

急募求人はやっぱり危険?避けるべき?

求人票に「急募」と書いているということは、その企業は現在もしくは近いうちに人手不足となってしまう為にとにかく早く人材が欲しいということが予想されます。

応募する側としては、やはり少し不安な気持ちになる人も少なくないでしょう。

急いで募集しなければいけないほど人が足りない企業ってやばいのでは?人が辞めることに対するリスクを考えていないのでは?入社したらかなりこきつかわれることになるのでは?

色々と考えてしまいますよね。

では実際のところ急募求人はどうなのでしょうか。やはり危険だから避けるべきなのでしょうか。

確かに他の求人から比べると、ブラック企業であるリスクは多少なりとも高くはなると思います。

従業員にとってあまり良くない会社であるが故に、人が辞める、人が集まらない。そして人手不足に陥っている。そういったことがあるからです。

もしリスクを避けたいというのであれば、応募企業はたくさんあるわけですから、避けても良いでしょう。

ただあくまでそういったやばい企業は一部であるということは理解しておいた方がいいです。

「急募」とする理由は会社によって様々です。ブラック企業ではなくとも、むしろホワイト企業であっても何かしらの理由でそうせざるを得ないことも実際あるのです。

「急募」=ブラック企業とは決してなりません。

急募求人となる理由

ではなぜ急募求人となるのか、理由を確認していきましょう。

急に退職者がでて、代わりの人材が必要となった

大企業であれば1人が退職しても、人数面で大きな影響はありません。他の人で分担したり、場合によっては他部署から異動して対応できるからです。

その為、大企業でこの理由から急募求人を出すことはほとんどありません。

しかし中小企業の場合はそうもいきません。異動等で人員を増やすことはできないし、他の人に仕事を振り分けるにも限界があります。

場合によってはその仕事ができる人、経験がある人は他にいないなんてこともあります。

その為、急な退職によって急いで募集をかけなくてはいけなくなることは、どうしてもありうることなのです。

ブラック企業に比べるとホワイト企業の方が離職率が低く、退職者がでるのは確かに少ないでしょう。

しかしホワイト企業といえども、急な退職、急な人員欠如というのは少なからずあることです。

事業拡大・需要の増加に対応する為、人員増加が必要となった

退職が理由でなくても、事業の急激な拡大や需要の増加にする為、急遽人員増加を行う企業も少なくありません。

スタートアップ企業や成長中の企業に多いです。

事業がどのようなペースで伸びていくかは、もちろんあらかじめ予想しますがその予想から大きく外れることも多々あります。予想よりも伸びないこともあれば、予想をはるかに超えて急激に伸びることもあるわけです。

そんな時、せっかくのチャンス、せっかくの利益を逃さない為、とにかく早く人員を増やすことを望むことになります。

内定者が辞退した為、入社予定人数が少なくなってしまった

最初は急募とはせずに予定を組んで行っていた採用活動でも、内定者が直前に辞退したことによって入社予定人数が少なくなってしまったという場合もあります。

ひどい場合だと、1日前に辞退をされたり、当日になってこなかったりなんてケースも少なからずあるのです。

大企業で大量の人数を採用するケースであれば多少内定辞退がでてもそれほど影響はでないし、それも見込んで少し多めに内定を出すこともできます。

しかし規模がそこまで大きくない会社だと、1人の辞退の影響も大きくなってしまいますし、予定人数よりも上回って内定を出すことはできません(万が一内定辞退がでなかった時のリスクが大きすぎる)。

その為、内定辞退が発覚した直後に急いで募集をかけることになることも珍しくはありません。

大量に人が辞める為、常に人手不足

ブラック企業であるが故に、大量に採用してもすぐに大量に人が辞める為、常に人手不足というケースももちろんゼロではありません。

企業によっては、これが理由で常に急募の求人を出している企業もありますね。

こういった企業もある為、「急募」の求人は注意が必要です。

採用活動を短期間で終わらせる為

採用活動というのは企業にとってかなりの負担。お金もかかるし、かなりの手間と時間がかかります。

大企業のように資金が潤沢で、採用専任の部署・担当者がいる場合はいいのですが、中小企業だと他の人が兼任したり、経営者が行う場合もありますから、中々大変です。

その為、採用活動はできるだけ短期間に、できるだけ簡潔に終わらせたいと考えます。

そこで用いられるのは「急募求人」。

急募と書くことで、応募者は他と悩んでから応募するのではなく、とりあえず応募しておこうとなり、選考ステップを早く進めることが可能となります。

急募求人の会社に入社するリスクとは

急募求人には実はこういった背景があるのです。

ではこういった理由から考えられる急募求人の会社に入社するリスクにはどういったものがあるでしょうか。

仕事がかなり忙しい恐れがある

急募で求人をかけている企業のほとんどは人手不足です。仕事に対して人が足りていません。

ということは、もし入社すると仕事はかなり忙しい可能性があります。

その結果、仕事量が多いことが大きなプレッシャーとなったり、残業がかなり多くなるということも考えられるでしょう。

研修・教育期間が少なくすぐに高いレベルを求められる可能性がある

現時点で人が足りないということは、入社後すぐに仕事をこなしてほしいと考えています。

その為、研修や教育をじっくり行ってはくれずにすぐに仕事を任せられる可能性があります。

たとえば未経験で営業の仕事に転職したものの、初日だけ先輩社員と一緒に回ったくらいで、次の日からは知識もないのに一人で営業しなければならなかったなんて人もいるのです。

人が次から次へと、しかも急に退職するブラック企業である恐れがある

一番のリスクは、人が次から次へと辞めるようなブラック企業である恐れがあるという点です。

急募で求人を出す全ての会社がブラック企業というわけではありませんが、そういった場合もあるということは忘れてはいけません。

人が次から次へと辞めていく、離職率が高いというのには理由があります。

たとえばサービス残業が多い、パワハラが当たり前のように行われている、給料が少なすぎるといったことです。

そういった企業に転職することは、なんとしてでも避けなければいけません。

一方で急募求人のメリットは?

ただ急募の求人にもメリットはあります。

他の求人に比べ、採用ハードルが低く受かりやすい

急募の求人というのは、他の求人に比べると採用ハードルが低くて受かりやすい傾向にあります。

他の求人はそれなりの募集期間を設け、多くの応募者を見て、じっくり内定者を決めます。またもし希望に見合う人材がいなければ、採用予定人数よりも少ない人数しかとらなかったり、下手したら採用なしとするケースもあります。

一方で急募の求人はとにかく人を採用するというのが一番の目的。募集期間も短く早いもの勝ちである傾向があり、求められるレベルも低くなりがちです。

もちろん受ければ受かるというわけではありませんが、倍率・採用率で言えば「急募」の求人は高くなるでしょう。

応募から内定までの期間が短い

応募から内定までの期間が短いというのも大きなメリット。

通常の求人であれば、何回か面接があったり、一つ一つの結果がでるまでの期間が長くなる為、応募から内定まで1ヶ月も2か月もかかるということが珍しいことではありません。

一方で急募の求人というのは、企業側もできるだけ早く採用したいと考えている為、面接回数が少なかったり、結果がでるまでの期間も短いです。

会社によっては応募から1週間で内定がでるなんてこともあります。

事業拡大が理由ならば、会社として好調である可能性が高い

急募で求人を出している理由が退職者の補填等でなく事業拡大による人員増が理由であるならば、その会社が好調であることが伺いしれます。

事業が好調でないのにわざわざ急いで採用するなんてことはしませんからね。

大企業でない限り、転職時には会社の経営状況や将来性も気にしなければなりません。転職してもすぐに倒産や縮小によるリストラをされたらたまったものではありませんからね。

だからこそ、会社が好調であるということは転職する上で大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

結論として、急募の求人というのは他の求人に比べて確かに危険である一面はあるものの、必ずしもやばいとは限らないということです。

普通にホワイト企業であってもその形で応募しているケースは多々ありますから。

ただブラック企業もまぎれているということも忘れず、しっかり企業研究をした上で検討するように心がけましょう。

おすすめ転職サービス

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT