土日に休めないホテル業界はもう辞めたい!どうすれば転職できる?

土日に休めないホテル業界はもう辞めたい!どうすれば転職できる?

一流ホテルのホテルマンと聞くと、一見華やかそうに見えますが、実際は割と大変で離職率はかなり高い業界になっています。

実際新卒でホテル業界い就職しても、1年も満たずに辞めたいと思っている人は決して少なくないでしょう。

ただ、ホテル業界で接客として働いていた経験しかないと、どういった職種に転職することができるのだろうかと悩んでしまって、結局業界内で転職するしかないなんて言う風に思っている人も多かったりします。

そこで今回はホテル業界から転職事情について紹介しています。

関連:接客業を辞めたい人は早めに転職を。事務職に転職して念願の土日休みをゲットしよう。

関連:不動産業界に転職。未経験の営業職に就いてみた32歳、36歳男性の感想

ホテル業界の実情、辞めたいと考えている人はかなり多い

まずはホテル業界の実情から紹介していくことにします。

ホテル業界の離職率

厚労省;新規学卒者の離職状況に関する資料一覧によると、新卒社員の3年以内離職率は、高卒で66.1%、大卒で50.5%と、全業界でトップクラス。約半数以上の人はすぐに会社を辞めてしまうんですね。

ホテル業界自体が、業界内でも転職してステップアップしていくというのが一般的ではあるんですが、3年以内だとキャリアアップの為の転職ではなく大半が不満によって転職する人がほとんどdす。

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

低い給料、少ない休日。もちろん土日も祝日も仕事。

これだけ高い離職率、もちろんそれ相応の理由があります。

まずは年収面。サラリーマンの平均年収が420万円であるのに対し、宿泊業の平均年収は236万円と平均から大きく下回っています。実際手取り15万円以下という人も多いのではないでしょうか。

それでいて休日の数は際立って少ないです。

年間休日数の平均は、全業界合わせると113.2日であるのに対し、宿泊業の休日数は100.4日。月1回以上休みが少ないのです。

当然土日や祝日は仕事ですし、正月だって休むことはできません。むしろ繁忙期ですからね。

給料は低いけど休日が少ない。それでは仕事を辞めたいと思う人が多いのも仕方ないように思います。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

ホテル業界から転職するには?

これだけきついホテル業界ですから、転職したいと思ったなら早めに行動することが重要です。

理由なんて何でもいいです。土日休みがいい、もっと給料を貰いたい、人間関係が上手くいっていないなど、不満を抱えての転職でもいいんです。

良く転職には前向きな理由がないとだめなんて言う人もいますが、それはそれなりの条件で働いている人に言えること。世間から見て低い給料、少ない休日で働いている人がそれを理由に転職して何が悪いことがあるのでしょうか。

給料を増やす、休日を増やすという場合には業界としての傾向がありますから、やっぱり他業界への転職が必要になります。

とは言え、ホテルマンとして接客業をしてきた人が全く違う業界の違う職種に転職するというのは、通常の転職に比べれば難易度が高くなるのは仕方のないことです。

しかし、ホテルマンとしての培ってきた経験は、たとえ未経験の職種であってもいかすことができる能力です。厳しい接客が求められる業界であるが故に、基本的なマナーやお客さんの対応スキルはほかの人よりも優れているものを持っています。

これはどんな仕事であっても役にたつものですから、十分アピールポイントになるものです。後は、自分が就きたいという職種とそのスキル経験を上手く結び付けましょう。

ただやはり年齢は重要。未経験の仕事に転職する場合はこれからの成長を重視されますから、企業にとっても若いほうが良いというのは仕方のないことです。だからこそ転職したいなら早く転職することが重要になってきます。さすがに40代になってから未経験業界の未経験職種への転職は相当難しくなってしまいます。

現在の好景気の影響から、転職が非常にしやすい状況になっています。それこそ30代であっても未経験の仕事に正社員として就くことができる人もたくさんいます。

これが不景気になってくるとそうもいきません。経験者であっても全然転職できないという状態になってしまいますから注意が必要です。

どうやって転職していけばいいかわからない時には

未経験業界への転職となると、やはりどうやって仕事を選べばいいかわからないだとか、どうやって自分をアピールすればいいかわからないだとか、色々と悩んでしまうことが多いです。

ただ、そんな時には転職エージェントを活用していきましょう。

もちろん転職サイトを利用して自発的に仕事探しをしてみるというのは転職のステップとして必ず必要にはなりますが、同時にプロの力を頼るというのも必要です。

転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ