転職し中途入社した会社を半年で退職することの是非と退職前に必ずすべきこと

転職し中途入社した会社を半年で退職することの是非と退職前に必ずすべきこと

転職活動を頑張ってせっかく転職した会社も、いざ入社してみると思っていたものとあまりに違いすぎていたり、仕事のやり方や人間関係が合わないということは少なくありません。

ただ転職してまだ間もない頃は最初が大変なのは仕方がないことだからとなんとか踏ん張り続ける人が多く、そのおかげで数か月経つと最初には思ってもいなかったくらい馴染むことができる人もいます。

しかしそんな人ばかりではありませんよね。

中には時間がたっても全く変わらず、それどころかさらに悪化してしまい、半年くらいたつと仕事を辞めたいという気持ちが強くなってきてしまう人も少なくないはずです。

関連:転職に失敗したが出戻りを成功させた人はどんな人?無理なら潔く諦めることも大切

関連:転職後1年たったタイミングで再転職する場合の心構え

中途入社した会社を半年で退職はありかなしか

半年頑張ってみたけれどこれ以上は頑張れないから仕事を辞めたい。ただ中途入社した会社をたった半年で退職してしまうこと躊躇してしまう人もいるでしょう。

たった半年での退職はありかなしか。実際半年未満で退職、次の会社に転職して上手くいった人というのもたくさんいますからなしではありません。

ただ積極的に勧めることができるものでもありません。できることなら避けるべきことです。

なぜならたったの半年で退職することに不都合なことが多いからです。

転職活動では前職を半年間しか勤務していないというのは大きなマイナスポイントとなり、不利になります。

履歴書の職歴を見ただけで他の内容には目もくれず不合格とされてしまうことが多くなりますし、面接に進めたとしても退職理由は絶対に聞かれ、面接官に納得してもらわなければ内定には辿りつくことはできません。

またせっかく採用してくれた会社にも多大な迷惑をかけることになることを忘れてはいけません。

労働基準法も守らず社員を使い捨てにするようなブラック企業であるならば気にする必要なんてありませんが、そうでないなら反省が必要。

社員1人を採用するのはとても大変なことなのです。1人採用するだけでも100万、200万円かかるのは当たり前。時間もかなりかけます。

そして最初の半年間はいくら経験者でも仕事に慣れる期間でたいした成果を挙げられませんが、給料は当然払います。

ですからたった半年で辞められてしまうとその損害はとても大きいのです。

その為、退職しようというタイミングであれこれトラブルになってしまう場合も少なくありません。

半年で退職するというのはこういった大変さを抱えての退職になってしまうのです。

ただわかってても無理なことがあるのは事実

できるだけ避けたいたった半年での退職。

でも色々と不都合なことが多いというのは、これから退職しようと思っている人のほとんどはわかっていますよね。

できれば数年は頑張った方が良い、そんなこと言われなくたって重々承知だと思います。

ただわかっていてもどうしても続けることができないから退職を考えているわけです。どうしても無理だっていうことは誰にだってありますよね。

ブラック企業に転職してしまった場合はもちろん、そうではなくても人間関係や仕事内容などの不一致が耐えることができないほど辛いと感じてしまっているなら、あと何年も続けることなんてできません。

そうなるとたとえ半年しかたっていないと言えども選択肢は結局退職のみしか実はないんですよね。

中途入社した会社を半年で退職する前に必ず行ってほしいこと

ただ退職する前には必ず行ってほしいことがあります。

転職活動を始める

まず必ず転職活動は初めておきましょう。

基本的には転職先が決まってから退職、それができない状況にあっても多少の手ごたえを感じてからではないと、退職してから仕事が中々見つからずにもっと自分にとって良くない会社に転職せざるを得なくなってしまいます。

また転職活動を行うことによって、今の仕事との向き合い方が変わるきっかけにもなります。

転職活動を始めてみると今の仕事がそんなに嫌ではなくなった、前向きに取り組めるようになったなんて場合もあるのです。

一つで良いから何かを学ぶ

せっかく入社した会社。何か一つで良いからその会社で何かを学んで半年をただ無駄に過ごしてしまったなんてことにはならないようにしましょう。

退職を決めていて期間が少ししかなくても、意識するだけで何かしら学ぶことができ、それが転職活動での武器にもなります。

退職してからあれを学んでおけば良かったと思っても、その環境には戻れないので学ぶことができなくなってしまいます。

転職がどうしようもないことであることを確認する

改めて転職する選択がどうしようもないことであることも確認していきましょう。

理由は何でも構いません。周りから甘えていると言われそうなことであっても、自分でどうしようもないと思えるならOK。

たった半年での転職を無理に正当化せず、避けるべきことではあるという認識を持った上でそれでもせざるを得ない理由があるとわかってから転職に踏み切りましょう。

同じことにはならない理由を挙げる

半年で転職したとしても、転職しても同じことになるのであれば意味はありませんよね。無駄な行為です。

ですから転職後に同じようなことにならないという理由をしっかり考えてください。

転職することで解消することができる、その為に何をすればいいのかがわかっている。転職するのはそれからです。

転職活動の進め方

最後にたった半年で転職に踏み切る場合の転職活動の進め方について紹介していきます。

転職活動ではかなり不利になるのは仕方ありません。むやみやたらに応募しても、中々受からないでしょう。

成功させるには自分の希望に合った会社の中から自分の職歴でも採用される会社を選んで応募し、履歴書や面接での対策をしっかり行うことが必要です。

ただそれは自分ひとりで行うのは難しいもの。だからこそ転職エージェントを利用するようにしてください。

プロのコンサルタントが職歴を見た上での求人紹介等を行ってくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ