合わない仕事を我慢して続けるメリット、デメリット。転職するのだってあり。

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

合わない仕事を我慢して続けるメリット、デメリット。転職するのだってあり。

今の仕事は自分に合わないから転職したいと考えている人は少なくないと思います。

仕事内容が合わない、職場の雰囲気が合わないなど人によって理由は様々ではありますが、合わない仕事を毎日何時間も繰り返すのはかなりのストレスが溜まることであり、辞めたいと思うのは当然のことでしょう。

ただ合わない仕事であってもそんなに簡単に辞めるのは良くないことだという意見もまた少なくありません。

仕事はそんなに甘いものではない、とりあえず頑張ってみるべきだ。そんなことを言う人もたくさんいるでしょう。

合わない仕事でも我慢して続けることが重要である。そんな風潮もあります。

ただはたして本当にそうなのでしょうか。

関連:仕事に向いていないと感じたり、言われた時に考えてみるべきこと

関連:会社の社風が合わない。自分に合う会社を見つけるには?

仕事が合わないと感じる原因

今の仕事が合わないと感じる原因には様々なものがあると思います。

仕事に面白みを感じない、つまらない、やりがいを感じないといった仕事内容に関係する場合。

仕事を覚えられない、仕事についていけない、仕事で成果を上げることができないといった適性に関する場合。

仕事がきつく辛い、人間関係が上手くいかない、労働時間が長かったり深夜勤務がきついなど職場環境や労働条件に関係する場合。

一言で仕事が合わないと言っても色々あります。あなたはどれに該当しますか?

それぞれの原因次第で仕事を我慢してでも続けるメリットは違います。続けることで今の状況が変わる場合もありますが、全く変わらない場合もありますからね。

例えば労働時間が長いという場合、その労働時間の長さに慣れることがもしかしたらあるかもしれませんが、根本的な長さの部分はいつまでたっても解消されない場合がほとんどです。

合わない仕事を続けるメリット

ではここから具体的に合わない仕事を続けるメリットとデメリットを確認していきましょう。

まずはメリットからです。

続けるうちに面白みを感じるようになる

最初は仕事が面白くない、やりがいがないと感じていても、仕事を続けていくうちにやりがいを見出すことができたというのは少ないことではありません。

それ故にどんな仕事でもある程度は続けるべきだと言われていて、その指標としてとりあえず3年が使われる場合が多いです。

仕事は楽しいものではなく、楽しむもの。そして楽しむ為には仕事がある程度できるようになることが必要であり、やっぱりある程度の時間は必要なのです。

それに気づかないうちにこの仕事は合わないから辞めてしまうと辞めたことを後悔することになりかねませんし、辞め癖がつき転職を繰り返し続けることになってしまうこともあり得ます。

続けるうちに仕事に慣れてくる

仕事ができない、成果をあげることができないという人であっても続ければ続けるほどに仕事には慣れてくるもの。

最初は周りに仕事の成果を上げられずに悩んでいる人でも、経験が増えていくことによって徐々に仕事ができるようになり、いつの間にか周りの人よりも全然仕事ができるようになっているという場合だってあります。

性格面、環境等で成長のスピードには違いがあるでしょう。ただ成長が早い人がピーク値が高いというわけではなく、成長が遅くてもピーク値が高いという人だっているのです。

忍耐力がつく

仕事を続けていれば多かれ少なかれ嫌なこと、我慢しなくてはいけないものがありますから、忍耐力は必要です。

多少合わないと思っていても続けることによってこの忍耐力が身につくというのも一つのメリットと言えるでしょう。

忍耐力というのはただ耐えることだけが必要なわけではありません。

上手くストレスを解消する、嫌なことを受け流したり対処する、自分の感情をコントロールするといったことなども必要となります。

これらのことは経験するからこそ身についていくもの。合わないからすぐに辞めてしまうとここを経験することができない為、また嫌なことがあるとすぐに辞めることになりかねません。

異動の可能性がある

合わない仕事から逃れる為の手段は転職だけではなく、異動という可能性もあります。

異動希望を出して自分に合った仕事に異動することができれば転職せずとも面白いと思える仕事に就くことができるかもしれませんし、人間関係等もリセットできます。

大きな企業だと部署によって残業時間が全然違ったり、雰囲気も全然違う場合があるので異動によってそれまでの状況が一変したという人も少なくありません。

合わない仕事を続けるデメリット

では次に会わない仕事を続けるデメリットを見ていきましょう。

ストレスを感じ続けることになる

今の仕事は自分に合わない。そんな思いを抱きながら毎日長時間働き続けることになれば感じるストレスは物凄く大きいものがあります。

そしてそのストレスによって体を壊してしまう人もいます。

まだそのストレスからすぐに開放されるならいいのですが、続けることで仕事に面白みを感じるようになったり、異動することができるのはある程度時間が必要ですし、いくら時間を費やしても不可能である場合もあるのがネック。

その為、下手したらこの先何十年とそのストレスを感じながら仕事を続けていくことになるということも少なくはないのです。

転職タイミングを逃す

何かに期待して仕事を続けたとしてもそれが上手く行かなかった場合、再度転職を考えることになりますが、転職は時間がたつと難易度は増します。

年齢が低い方がやっぱり転職はしやすいですからね。

特に仕事内容を変える場合は特に顕著。

未経験職に転職するのであれば第二新卒として転職しておいた方が良く、20代後半、30代前半と年齢が高くなるにつれて応募できる企業は少なくなり難易度は増し、さらに年収ダウンの幅も大きくなってしまいます。

成長できないまま年をとる

合わない仕事でも我慢して前向きに仕事を続けることができるのであればまだ良いのですが、中には完全にモチベーションが上がらずに仕事に真剣に取り組めない人という人も多いです。

そうなってしまうと仕事での成長速度は確実に遅くなり、年齢相応の能力を身につけることができないまま年をとっていくことになる危険性があります。

好きこそ物の上手なれという言葉があるように、やっぱり仕事は合っているものがベスト。どれだけ興味を持ちどれだけ真剣に取り組むことができるかはとても大切なのです。

合わない仕事を続け無駄な時間を過ごしてしまう。将来を考えた時にそれは大きなリスクとなるでしょう。

転職するかしないか

このように合わない仕事を続けることにはメリット、デメリットがあり、続けるか転職するかどちらが良いかをはっきり言うことはできませんが、続けた先に少しでも明るい未来が期待できるかどうかが一つの判断基準になるでしょう。

ただ転職による失敗はまだ取り返すことができやすいのですが、仕事を続けて時間を費やしてしまうと中々取り返すことができなくなってしまうので、過去の転職経験がないのであれば思い切って転職してみても良いかもしれません。

転職を繰り変えすことは避けなくてはいけませんが、1回目の転職であれば失敗によるリスクはそれほど高くなく、続けることによるリスクの方が圧倒的高いです。

まあ悩んでいるならとにかく転職活動を始めてみることです。良い企業から内定を貰うことができれば転職すべきかどうかという悩みも簡単になくなりますから。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ