年収400万円って平均?少ない?手取りや割合、生活

年収400万円って平均?少ない?手取りや割合、生活

年収400万円と聞いて、どういう考えを持ちますか?

まあ平均くらいだろうと思う人もいますし、いや少ないと思う人もいるでしょう。

今回は年収400万円に焦点を当てて、手取りや割合、生活といったことを紹介していきます。

スポンサーリンク

関連:大手企業の求人は隠れている!転職したい会社がないと思う前に要チェック!

関連:年収300万円、手取り20万円という人は多い。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

年収400万円ってどれくらい?

まずは、年収400万円というのが、一体どれくらいなのかということを紹介していきます。

日本のサラリーマンの平均程度

日本の給与所得者、いわゆるサラリーマンの平均年収は、420万円となっています。

すなわち、年収400万円は平均程度といえるでしょう。

男性に限定すると、平均年収は521万円、女性に限定すると平均年収が276万円となっている為、男性だと平均よりも少ないということになります。

参考:国税庁「民間給与実態調査」

正社員のみだと平均以下

上記で紹介した平均年収は、正社員に限定されるものではなく、派遣社員や契約社員、パートといった非正規社員も含まれたものです。

正社員に限定した場合だと、平均年収は485万円(男性:539万円、女性:367万円)となっている為、年収400万円だと平均以下となります。

稀に、派遣社員や契約社員の人でも年収400万円程度の人もいるでしょう。

非正規雇用者の平均は170万円(男性:226万円、女性:147万円)の為、もし非正規雇用者で年収400万円だとすると、かなり高額であると言えます。

年収400万円代の割合

次に、年収400万円代の人がどの程度いるか、その割合を見ていきましょう。

各年収での割合は以下の通りになっています。

  • 100万円以下・・・8.6%、411万人
  • 100万円~200万円・・・14.8%、719万人
  • 200万円~300万円・・・17.4%、780万人
  • 300万円~400万円・・・18.4%、838万人
  • 400万円~500万円・・・14.0%、678万人
  • 500万円~600万円・・・9.5%、463万人
  • 600万円~700万円・・・5.6%、284万人
  • 700万円~800万円・・・3.9%、195万人
  • 800万円~900万円・・・2.5%、131万人
  • 900万円~1000万円・・・1.6%、85万人
  • 1000万円以上・・・3.9%、209万人

参考:国税庁「民間給与実態調査」

年収400万円代の人の年収は14.0%、年収400万円代を含めたそれ以下の人が73.3%となっています。

平均年収は、年収が高い層によって底上げされますが、中央値は年収300万円代にあり、年収400万円は中央値を超えて、決して低所得者とは言えません。

30代男性の平均年収程度

次に、年齢別の平均年収を見ていきましょう。

年齢別の平均年収は以下の通りになっています。

  • 20代前半・・・男性:271万円、女性:233万円
  • 20代後半・・・男性:383万円、女性:306万円
  • 30代前半・・・男性:451万円、女性:307万円
  • 30代後半・・・男性:510万円、女性:299万円
  • 40代前半・・・男性:567万円、女性:294万円
  • 40代後半・・・男性:626万円、女性:292万円
  • 50代前半・・・男性:670万円、女性:296万円
  • 50代後半・・・男性:652万円、女性:278万円

ちょうど30代男性が年収400万円代となっています。

もし20代で年収400万円程度あるならば、それは人よりも多くもらっているということなのです。

年収400万円の実態

では、次に年収400万円の実態として、手取りがいくらになるか、生活はどうなるかということを紹介していきます。

年収400万円の手取り

給料からは、社会保険料や所得税、住民税といったものが引かれます。

その額は家族構成などによっても変わってきますので、人によって手取り額は多少変わってきますので、およそいくらになるかを紹介します。。

年収400万円の手取りは、およそ300万円程度、年収500万円の手取りはおよそ390万円程度となります。

すなわち、年収400万円代の人は、1年に300万円から390万円程度のお金を手にするということです。

これを12ヶ月で割ってみると、25万円から32.万円程度となります。

これがボーナスがゼロとした場合の月々使えるお金となります。

実際は、ボーナスもある為、もっと少ない額になるでしょう。

年収400万円の生活

年収400万円だと、決して裕福な生活をできないのが現状です。

家賃が6万円から8万円程度と考えると、その他の食費、水道光熱費、通信費といったものを引くと、月に使えるお金はあまり残りません。

独身であれば、まだ生活に余裕はありますが、子供がいる家庭だとやはり厳しいのが現状でしょう。

多くの場合、共働きとしている人が多いです。

ただ、中には年収400万円でも月に10万円程度の貯金をできている人もいます。

全てを満足のいくようにはできませんから、どこにお金をかけ、どこを節約するか、家計管理をしっかり行う必要があります。

年収を増やす為には行動するしかない

年収400万円の人で、もっと給料がほしいと思っている人は少なくないでしょう。

子供の学費、老後といった将来への不安は絶えません。

ただ、同じように働き続けても、なかなか年収はあがりません。

年収は、会社次第である面が多く、いくら努力してもあがらないこともあります。

ですから、もし年収をあげたいならば転職することも考えましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:年収とは?税込年収と手取り年収の違い。年収で単純比較できない理由。

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ