残業40時間がきつい、辛いと感じたら?転職すれば少なくすることはできる?

残業40時間がきつい、辛いと感じたら?転職すれば少なくすることはできる?

毎月残業が40時間以上ある人のほとんどは、残業が多い、きついと感じているのではないでしょうか。

100時間越えのように問題になるような残業時間ではないとは言え、実際に働いていると割りときついもの。

事実それくらいの残業であっても、それが慢性化していると座ny豪の多さから転職を決断する人は少なくありません。

いくら残業代によって給料が増えると言っても、その分プライベートの時間は削られることになり、精神的・肉体的ストレスがどんどん高くなってしまいますからね。

関連記事

 

割ときつい月40時間の残業

残業40時間の場合、1ヶ月の勤務日数が20日間とすると1日あたりの残業時間は2時間程度。

週に1回は定時で帰る日があるとすると、1日3時間残業する日もでてきます。

実際社会人になる前だとそれくらいなら大丈夫だと思うかもしれませんが、実際に経験してみると割ときついですよね。

定時が18時までだとすると20時から21時まで仕事。そこから家に帰ると21時から22時。

家に帰ってから夜ごはんを食べたり、風呂を入ったら寝るべき時間までほとんど残されていません。

趣味にあてる時間なんてないし、家族と過ごす時間もなし。

平日は仕事しかしていないと感じている人も多いのではないでしょうか。

仕事が楽しくて楽しくて仕方がない、家にいるよりは仕事をしている方が楽しいといった人にとってはそれでもいいかもしれません。

しかし普通の人ならプライベートを充実させたいと思うことが当然で、そういった人達にとってみればかなりストレスが溜まり続けてしまっていると思います。

ですから残業40時間というのは辛いと感じるのが普通ではないでしょうか。

正社員なら残業40時間は当たり前?

ただ正社員として働く場合、ある程度残業をするのは仕方がない、残業40時間なんてまだ少ない方がという意見を持っている人も少なくはないと思います。

残業時間の平均時間はどれくらい?

厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると一般社員の所定外労働時間、すなわち残業時間の平均は14.6時間となっています。

これに比べると残業40時間はおよそ3倍というかなり高い残業時間であるということになります。

しかし一方でVorkersという企業情報を掲載しているサイトが実施したアンケート結果によると平均残業時間は47時間。

先ほどの厚生労働省が実施している結果とは大きくかけ離れています。

この原因は厚生労働省が雇用主を対象に、Vorkersが労働者を対象に調査していることによるものであると考えられます。

雇用主側が答える場合、サービス残業等は当然含まれないし、あえて低い数値を回答している場合が多く、実態より少なくなる傾向にあります。

一方労働者を対象にした場合、そもそも転職情報をチェックしている人自体は今の仕事に不満を感じている人が多く、回答する人も平均ではなくこれまでのMAX値を答える人がいるので実態より多くなる傾向にあります。

残業時間に関するルール

ではここで一度残業時間に関するルールを確認してみましょう。

実は残業時間は無制限にいくらでもできるというわけではないのです。

まず1日8時間の労働時間を超えて残業を実施する為には。労働基準法36条に基づき労使間で36協定を結ばなくてはなりません。

そして36協定を結んだ場合の残業の上限時間は以下の通り。

  • 1週間:15時間
  • 1ヶ月:45時間
  • 3ヶ月:120時間
  • 1年間;360時間

残業40時間が慢性的に行われているとすると、3ヶ月まではこの上限時間が守られることになりますが、1年間繰り返し行われた場合だと残業は480時間となる為、この上限を超えてしまっていることになるわけです。

ただ36協定に「特別条項」を付けることにより、この上限を上回ることも可能である為、上回っているからといって即座に違法となるわけではありません。

「特別条項」を付ける為には、上限を超える特別の事情をできるだけ具体的に明記しなくてはならず、さらにその事情は「臨時的なもの」でなくてはならないとされています。

ただ臨時的なものというのは、月の限度時間超えが1年の半分を超えないことだとされている為、今回のように残業40時間行い毎年360時超えすることは特別禁止とされているわけではありません。

参考:厚生労働省「時間外労働限度に関する基準

20時間から30時間が現実的

このようにルール上は毎月40時間超えの残業を行っていたとしても、特別条項付きの36協定を結び、45時間超えが1年のうち6ヶ月以内であれば法律上問題とはなりません。

ただ毎年360時間を超える残業を当たり前のように許している会社というのも多くはありません。

私の周りでも年間360時間は超えてはいけないと厳しく言われていたり、毎月の残業時間は30時間以内に定められている人が多いです。

確かに毎月60時間残業をしていたり、毎年5、600時間以上の残業を行っている人もいますが、それは少数派。

色々な人に話を聞く限りだと月20時間から30時間というのが割と現実的な残業時間のように感じます。

確かに毎月60時間、80時間もの残業をしている人にとってみれば残業40時間は少ないと感じるかもしれませんが、それが慢性的になっているなら辛い、きついと感じるのは甘えでもないし、他の会社に行けばもっと減らすことは十分可能な時間です。

残業を少なくすることはできる?

では残業が多すぎる現状に対し、少なくなる為にはどういったことができるかということを考えてみましょう。

残業を少なくすることは可能なのでしょうか。

個人の力でなんとかできるかは会社次第

自分の力で残業を減らすことができるかは、かなり会社による部分が大きいです。

例えば周りに比べて自分だけ残業が多かったり、仕事が終わったらすぐ帰る人もいるような職場であれば残業を減らすことは十分可能。

残業ありきで仕事の計画を立てるのを辞め、仕事の効率化をできないか工夫し、無駄な時間の把握・削減につとめるようにすれば、現在40時間行っている残業を20時間にすることも十分できます。

例えば1日8時間、月22日勤務だとした場合の労働時間は月176時間。

残業を40時間すると216時間です。

これを残業20時間、労働時間196時間にする為には約10%の効率化で可。

現在60分で終わらせている仕事を54分で終わらせるだけで良いので、決して無茶なことではありません。

残業体質の会社からは抜け出すしかないのが現実

ただ会社自体に残業体質がある場合だと、個人の力で残業を減らすことはほとんどできないでしょう。

いくら自分が与えられている仕事を効率化して残業を減らしたとしても、残業が余っている、仕事に余裕があると思われ仕事が追加。

評価は上がるかもしれませんが、残業が減ることはありません。

また与えられないとしても、周りが残業している中で一人で残業を余らせていたり、早く帰っているとやる気がないとみなされてしまう可能性もあります。

働いている会社がそんな会社であるともう個人の力でどうこうするのは不可能なんですよね。

結局残業を減らそうと思ったら、そんな残業体質の会社から抜け出し、残業の少ない会社へと転職することを考えなくてはいけません。

先ほども述べているように36協定に順じ年間の残業時間は360時間を厳守、毎月の残業時間も20時間から30時間としている会社は少なくないので、転職によって残業を減らすことを考えなくてはなりません。

残業代がでていないならすぐに転職することを考える

残業が多かったとしても、残業代がしっかりでるならまだまし。

中には残業代が全然貰えない、一部しか貰えないなんて会社もありますよね。

何時間残業しても残業代は10時間までしか支払われないなんて話もよく聞きます。

ただもしそんな会社は働く会社として問題外。すぐに転職に踏み切りましょう。

貴重な時間を削って働いているのに給料がでないなんてただの損でしかないし、ろくな会社でもないので働き続けてもデメリットしかありません。

転職活動を始めてみよう

残業が多くきついと感じていたり、サービス残業でうんざりしてしまっている人はぜひ転職活動を始めてみましょう。

しっかり残業代がだしてくれる会社はもちろん、残業時間が少ない会社も決して少なくありません。

好条件の会社の場合だと確かにある程度の残業があることを受け入れなくてはなりませんが、それでも30時間未満の会社はたくさんあるし、職種によっては20時間以内を目指すことも可能。

正社員だからと言って残業40時間以上は当たり前だと思ってしまい何もしないよりは、少しでも現状より良い会社に入社することを目指して行動を起こしてみてください。

そして転職活動では転職サイト、転職エージェントを利用しましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ