20代女性が転職した時にありがちな失敗事例。勢い任せの転職は失敗の可能性大。

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

20代女性が転職した時にありがちな失敗事例。勢い任せの転職は失敗の可能性大。

現実から逃げたくて、夢を実現したくて、もっとまともな生活を送りたくて。色々な希望を持って転職を希望する女性は多いと思います。

ただ実際にしてみると現実は厳しく、希望が叶わなかったどころかむしろ悪化したなんて人は少なからずいます。

これから転職を考えている人はそうなるのを絶対に避けたいですよね。

そこで今回は実際に20代女性の身に降りかかった転職失敗事例を紹介していきます。これまでの人がどういったことで失敗したかを事前に知っておくことでそのリスクを下げるようにしていきましょう。

関連:20代前半の仕事事情。転職するならすぐにやるべき?しばらく辛抱するべき?

関連:20代後半の人が派遣社員から正社員に早めに転職しておくべき理由

実はかなり多い、20代女性の転職者

1年間のうちで転職する人の割合は男性3.8%に対して女性は5.6%と大幅に上回っています。

特に多いのが20代の女性。転職しやすい20代はかなり高い確率で転職することになっているのです。

女性は男性に比べて出世等へのこだわりが少なかったり、ずっと働くわけではないと考えている人が男性に比べて多く、将来的なことよりも現在の充実度を重視して転職を選択するハードルが低くなっている為だと考えられます。

実際私の周囲でも男性に比べると女性のほうが転職を経験している人は多く、中には20代のうちに5社を転々としたという人もいます。

ちなみに女性が転職を決める理由としては以下のものが多いようです。

  • 労働条件(休日や残業時間)に対する不満があった
  • 人間関係が好ましくなかった
  • 給料に不満があった
  • 結婚に伴い勤務地や労働時間を変えたかった

転職する際はよく考え、よく調べながら行わなければ失敗してしまう確率は当然増えてしまいますが、転職に対するハードルが低くつい勢いで転職を決めてしまって失敗したという事例がたくさんありますから女性は特に注意が必要です。

参考;転職率ってどれくらい?転職者の割合。

20代女性の転職失敗事例

ではここから実際に転職を経験した20代女性の転職失敗事例を紹介していきましょう。

仕事が全然つまらなかった!

休みが多くて残業がない会社が良いと思って転職したものの、仕事がつまらなすぎてたとにかく会社に行くのが苦痛になってしまいました。

やる仕事と言ったらコピーなどの雑務のみ。仕事が全然ない日もあって上司に聞いても今はないと言われる始末でとにかく時間が経つのが遅いんです。

ほどほどに忙しいほうが仕事は楽だなと思いますね。

残業が多い、休みが少ない、給料が少ないといった理由で転職する人は多数いると思いますが、それでもやっぱりどんな仕事をするのかというのは大事です。

残業なし、完全週休二日制だとしても1日8時間を週5日となりかなり長い時間を費やすことになるわけです。耐え続けるにはちょっと長すぎる時間ですから、仕事内容もしっかり考えて転職を決めましょう。

転職直後に妊娠してしまった!

私が悪かったんですが、当時転職直後だったのに妊娠してしまったという失敗経験があります。

面接では結婚、出産の予定はありますか?との質問にないと回答していたにも関わらず、入社後4ヶ月の時に彼氏との間で子供ができていることが発覚しそのままできちゃった結婚。

本当は子供ができても働き続けたかったんですが、転職したばかりで産休・育休をとるのも気まずく、結局辞めざるを得なくなりました。

本来は祝福されるはずに妊娠。ただ転職直後だとあまり好ましくは思われないことも多いようです。

まあ人が足りないから採用したのに、すぐに1年以上働けなくなるとなればそう思ってしまう人がいるのも仕方ないかもしれません。

ちなみに気にせず取ろうと思っても入社1年未満の社員だと育休取得を認めれない場合もあるので注意しましょう。

育児との両立が無理だった

私の場合は転職後はこの転職が失敗だとは思っていませんでしたが、出産した後に前の会社の方が良かったなと思うようになってしまいました。

元々残業の多かった会社。育休から復帰した後、上司には残業を少なくして欲しいとお願いしたものの正社員として働くなら週に2日は20時まで働いてほしいと言われ、週二日は保育園に20時過ぎまで預かってもらう状態。

ただそんな時間まで預けている人はいなく、一人残っているわが子がかわいそうで結局1ヶ月程度で正社員を辞め、給料は大幅に下がるものの定時で帰れる準社員に変えてもらいました。

現在は短時間勤務制度が法律で定められており、給料は下がってしまうものの1日6時間勤務をすることができるようになりました。

しかしそれは3歳になるまで。それ以降は通常通り働かなくてはならなくなります。

仕事を選ぶ際は、その場のことだけではなく将来的にどういう働き方をしたいかということまで考えるようにしなくてはなりません。

やりがいを重視してしまったばかりに

とにかくやりがい重視。やりたいことができるなら多少給料が下がったり残業が多くても構わない。そんな風に考えて安易に転職したことを今は後悔してしまいます。

最初はずっとやりたかった仕事ができる喜びが大きかったんですが数か月たつとその思いはなくなり、あまりの給料の低さとサービス残業の多さにうんざりするようになってしまいました。

やりたいことができれば仕事は楽しくなるなんて思っていましたが、決してそんなことはありませんでした。

どんなに楽しい仕事でも適切な報酬を得られること、適切な労働時間内で働くことができることというのはとても重要なことであり、おろそかにしてはいけません。

プライベートが充実するからこそ仕事も充実するというものです。

あまり高い条件を求めてしまうと転職先は見つかりませんが、自分にとってどこまで大丈夫かを見極めしっかりバランスをとるようにしてください。

ちやほやされすぎて逆に大変

女性が少ない会社に事務として転職したところ、周りはとてもちやほやしてくれました。セクハラをしてくる人もいなかったです。

ただあまりにちやほやされて逆に大変でした。自分の所属しているグループだけではなく他のグループ、時には他の部署の人にまで親睦会に誘われる始末。少なくとも2週間に1回は飲み会があるような状態でした。

断れば良かったんですが、入社したてということもあって断ることができず正直辛かったです。

この話は実際に私の友人の話。こういったことでも女性は悩んでいるんですよね。男性の方々は注意したほうがよさそうです。

気が合う人がいなくて辛い

転職したものの職場に同年代の女性がいなく、男性もしくは10歳以上離れた女性の方々のみ。

前職は同年代の同期がいて仲良い人もいたので、今のこの状態は正直言って辛く、前職に比べて全然楽しくなくなってしまいました。

会社は仕事をする場だから仲の良い人なんてつくる必要がないなんて考える人もいるかもしれませんが、やっぱり仲の良い人がいたほうが仕事は楽しくなるもの。

困った時には助けてもらったり、愚痴を言いあってストレスを解消したりもできますよね。

転職すると人間関係はまた一からスタート。前の職場のようにはいかない可能性があることは理解して。

とんでもない会社に入社してしまった

転職前にろくに会社について調べなかった私が悪いんですが、ハローワーク経由で見つけた会社がとんでもないブラック企業でした。

毎日3、4時間のサービス残業は当たり前、給料は聞いていた話と違って低い、上司も平然とパワハラしてくる、部下の話は全く聞かないワンマン社長にワンマン上司。

結局耐え切れずに2ヶ月で退職しました。

残念なことに中小企業を中心にブラック企業は多数あります。そういった会社に転職しても何も良いことはありません。

転職活動には絶対に避けるよう、しっかりその会社について調べるようにしましょう。

最後に

今回色々な転職失敗談を紹介してきました。ただ実際は転職で失敗する人よりも転職して良かったと思える人のほうが多くなっています。

ですから必要以上に不安になる必要なく、転職に向けてしっかり準備していけばきっと希望の仕事に就くことができるはずです。

ぜひ転職活動を頑張っていきましょう。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:就活失敗は第二新卒の転職で取り返せる。大手企業での求人も激増中。

関連:27歳女性の仕事事情、転職事情。将来に向けて今やるべきことは?



このページの先頭へ