休みなしの会社はすぐに辞めるべき理由。きつい仕事を続けていれば後悔する。

普通の会社なら1週間に1日から2日の休みがあるのが当たり前です。

ただ中にはその当たり前が通用せず、ひどい場合だと1ヶ月以上休みなしなんていう働き方を社員に強いている会社もあるのが現実です。

もしあなたがそういった会社で現在働いているなら、ぜひ一刻も早く違う会社に転職することを考えて下さい。

あなたが置かれている状況ははっきり言って普通の状況ではないのです。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

休みなしは異常!まともに休みがとれない会社はおかしい

繁忙期、人手不足などの理由で休みなしで働くことを当たり前のようにしている会社もあります。

ただそれは異常です。どんな理由であれ、社員に対して2週間以上、ましてや1ヶ月以上も休みなしで働かせるなんてことは本来あってはいけないこと。

仕事をする上で、定期的に休みを取ることは健康やモチベーション上でも重要です。

忙しい、仕事が回らないという理由で犠牲にして良いものではありません。

休みなしで働くことのリスクは大きい

休みなしで働くことに対するリスクをあなたは正しく認識できていますか?

会社にとってみれば、身をこにして一人分以上の仕事をしてくれ、新たに人を雇う必要もなくなるというメリットがあります。

しかし働く人の立場で考えた場合、休みなしで働くことにはデメリットしかありません。

まず健康面を考えた場合、休みなしで仕事を続けるというのは非常に危険なことです。

ストレスや疲労は蓄積し続け、心にも体にも悪影響を及ぼします。

急性心不全や脳卒中などにもなりかねず、最悪の場合は過労死してしまうことだってありうることです。

自分は大丈夫、周りもやっているから仕方がないと思ってはいけません。

ストレスは確実にあなたを蝕んでいっているのです。

また休みなしで働いていれば、プライベートの時間なんてろくにとれません。

家族や友人と過ごす時間もなくなり、休みの日にどこか行こうなんてこともできません。

毎日仕事から帰ってきて、疲れ切って何もできずにその日が終わる。そんな毎日を過ごすだけになってしまうのです。

仕事で休みなしは法律違反ではないのか

そもそも、仕事で休みがないというのは法律的には問題ないのでしょうか。

法律上は1週間に1日もしくは4週間に4日の休日が義務

労働基準法第35条では、休日に関して1週間に1日もしくは4週間に4日を与えることが義務付けられています。

  1. 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
  2. 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

4週間に4日を採用し、たとえば休日は4日まとめて取得するといったことをすれば、24連勤することも可能です。

休日出勤で勤務することは可能

もし1週間に1日の休日を与えるとしても、その休日を休日出勤扱いにすることで勤務は可能となります。

休日出勤の場合は3割5分の割増賃金が必要となってはきますが、その手当を支給していれば法律上は問題なし。

すなわち、たとえば1ヶ月でも休日は休日出勤という形で手当の支給さえあれば休みなしで働くことも実は合法的に可能なのです。

ただこのように法律上は休みなしで働くことも可能なのが現実ですが、たとえ合法だとしてもまともな会社であればそんなことはさせません。

なぜなら、まとまな会社はそんな社員の健康をまったく考えない無茶苦茶な働き方を良しとはしないからです。

もしかしたら数年に一回くらい、会社としてどうしてもやむを得ないことがあってそうせざるを得ないこともあるかもしれませんが、たとえば毎年あるだとか、年に何回もあるとなっていたら間違いなくおかしいといって良いでしょう。

たいていは法律を違反しているのが現実

まあ実際のところ、休みなしで当たり前のように社員を働かせる会社は何らかの形で法律を違反している場合が多いのが現実です。

たとえば日々の残業がサービス残業となっていたり、休日出勤でも手当が支払われていなかったりなど。

私の知人で数週間以上休みなしで働かせられている人のうち、ほとんどはまともに残業手当や休日出勤手当は支払われていませんでした。

はたしてそんな会社でこの先も働き続ける意味はあるのでしょうか。

休みなしで働かせる会社はすぐに辞めて転職しよう

色々なことを犠牲にしながらも、20代であればまだなんとか我慢できるという人もいるかもしれません。

しかしはたしていつまでもそんな働き方ができるでしょうか。

ほとんどの人はそんな働き方ができなくなり転職を余儀なくされますし、そんな仕事だけの人生を送ってきてしまったことに後悔することになります。

だからこそ、そんな異常な会社は今すぐにでも辞めて違う会社へと転職してください。

今は転職市場が超売り手市場となっていますから、もっとまともで休みがとれる会社に転職することは難しいことではありません。

いくつかおすすめの転職サービスを紹介します。ぜひ活用してください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

失業保険はすぐに貰えるから心配しなくて良い

休みなしで働いている人にとって、在職中に転職活動するというのはかなり難しいことでしょう。

履歴書はなんとかなっても、面接に行くのができません。

その為、もし転職するとしたら先に今の会社を退職する必要がでてきます。

そこで問題なのがお金。今の仕事を辞め、次の仕事が見つかるか失業保険の受給開始までの生活費をどうするかということが、貯金が無い人にとって転職の高いハードルとなってしまいます。

しかし、実は休みなしなんて言う無茶苦茶な働き方をしている人の場合、おそらく時間外労働は45時間を超えているはずでしょうから、失業保険に3ヶ月の待期期間はなくなり、すぐに受給して貰うことが可能です。

離職直前の 6 か月間(賃金締切日を起算日とする各月)の間に 45 時間を超える時間外労働が 3 月連続してあったため離 職した場合、100 時間を超える時間外労働が1月あったため離職した場合、又は 2~6 月平均で月 80 時間を超える時間外労 働があったため離職した場合等

参考:厚生労働省「特定受給資格及び特定理由離職者の範囲と判断基準

転職に向けての第一歩

あなたがまずやるべきことは転職に向けて第一歩を踏み出すことで。

転職サイトへの登録、転職エージェントへの登録、転職に対する情報収集といったことは今すぐにでも始められること。

今のまま体を壊すのを待つのではなく、ぜひ行動を起こしてください。

関連記事