有給消化中の転職。入社してしまってもいい?ばれずに行うことは可能?社会保険や雇用保険は?

有給が余っている場合、長い人だと退職前に2ヶ月程度有給消化で過ごせる人もいます。

ただ、次の転職先が決まっている状態だと、有給を全部使った時、入社日に間に合わなくなることもあります。

また、有給消化中に、転職先の会社から入社日を早めてほしいと言われる可能性もあるかもしれません。

そんな時に気になるのが有給消化中に転職をしても良いのかということです。

今回は有給消化中の転職について、問題ないのかどうか、ばれずに転職活動できるのか、社会保険や雇用保険はどうなるのか紹介していきます。

関連記事

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

有給消化中、転職先に入社しても大丈夫?

退職前の有給消化中、転職先が決まり入社日を早めてほしいと言われた場合、今の会社の有給を消化したまま転職先に入社しても良いのでしょうか。

数日程度の短期間なら今の会社にバレることなくやり過ごせる気もしますが、実際のところはどうなのか確認していきましょう。

法律的には問題ないが、、

法律という観点で見れば、有給消化中に転職して二重在籍することに違法性はありません。

ただ、多くの会社では就業規則によって二重在籍することを禁止しています。

すなわち、有給消化中に転職先に入社するということは、転職前の会社でも、転職後の会社でもNGである可能性が大きいのです。

二重在籍を禁止するのは本来の業務に専念させるためです。

一方で、在職企業と転職先の了解があれば、二重就労の禁止規定に抵触することにはならないかもしれませんが、トラブルが起きないとは言い切れないでしょう。

両社の就業規則は事前に確認しておき、トラブルに発展することがないよう気を付けることが重要です。

社会保険や雇用保険で簡単にバレる

二重在籍は、上手くやればばれないのでは? と思う人もいると思いますが、残念ながら二重在籍は簡単にばれてしまいます。

まず、転職先にばれる理由ですが、1つは源泉徴収票が挙げられます。

源泉徴収票は、年末調整を行うためにも転職先で提出が求められるものだからです。

発行してもらえるのは退職後でも、源泉徴収票には退職日が書かれているのでばれてしまいます。

他には、社会保険や雇用保険でもばれるので注意が必要です。

社会保険は在職中の会社に対し、有給消化中に転職先に入社することを申し出る必要があります。

雇用保険は二重加入が認められていないので、転職先で加入手続きをする際、そこでばれることになります。

退職前に雇用保険の資格喪失手続きが必要など、法定福利厚生の手続きの関係で簡単にばれてしまうことは覚えておきましょう。

次は、有給休暇中に転職先に入社したことがばれたとき、どのようなリスクがあるのか解説していきます。

有給消化中に入社して、ばれてしまった時のリスクは大きい

では、もし有給消化中に入社してばれてしまった場合、どういったリスクがあるのか見ていきましょう。

懲戒処分となり退職金がでない、減額される

転職前の会社では、就業規則に違反したとして懲戒処分となる可能性があります。

そして、退職金が減らされたり、下手したらもらえないこともあるでしょう。

法的な観点から見れば理不尽ですが、そういったことをする会社もあるのです。

もう会社に行くことはないので、気まずいとか居心地が悪くなるといった心配はありませんが、金銭面で損をしたり、精神的なストレスになってしまう可能性はゼロではありません。

入社の取り消し、試用期間での解雇

転職先の会社では、入社直前に退職していないことが発覚して入社の取り消しや、試用期間中に解雇されるリスクが考えられます。

たとえ入社できても、嘘をついていたことで最初から気まずい思いをしたり、居心地が悪くなってしまうこともあります。

また、その後の評価にも影響するかもしれません。

有給消化中に転職活動を行うことは全く問題ない

有給消化中に転職先の企業に入社して働くことはリスクが大きいですが、有給消化中の転職活動については全く問題ありません。

むしろ、次の転職先が決まっていないなら、有給消化中に積極的に転職活動をするほうが良いです。

転職活動には一定の時間がかかることや、退職後にすぐ転職先が決まるとは限らないことも含めると、有給消化中に転職活動を進めることで無職になるリスクを回避できます。

もしも、退職してから転職活動をする場合、転職先がなかなか決まらなかったときは貯金を切り崩しながら生活しなければなりません。

貯金が十分あれば良いですが、そうでない場合は生活にも困るでしょう。

お金に余裕がないと早く転職しようと焦りが生じて、企業とのミスマッチにも繋がりかねません。

こうした状況を回避するためにも、有給消化中の時間を有効活用して転職活動をするほうが良いのです。

有給消化中の転職活動をより効率的に進めたいなら、転職支援のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントを活用すればあらゆるリスクを回避し、効率よく転職活動を行える

退職前の有給を有効的に使いたいなら、転職のプロと一緒に転職活動をすすめましょう。

転職エージェントは、転職に関することなら何でも相談できるほか、個人では滞りそうな入社日・退社日の交渉事をしてくれるので、二重で在籍するなどのトラブルを防ぐことができます。

また、履歴書作成のサポートや面接練習などもしてくれるので、転職に向けた準備をしっかりできることが特徴です。

あなたのスキルや経験からあなたに合う企業を紹介してくれるので、1人で転職活動を進めるよりも転職の成功率をアップさせることにもつながるでしょう。

加えて、スケジュール調整も代行してくれるため、忙しい中でも転職活動にしっかり向き合うことができます。

そして、登録料・使用料は一切かからないので、転職を検討している方はぜひ一度相談だけでもしてみることをおすすめします。