正社員にしがみつく必要性。給料で派遣を選ぶと後悔するかもしれない。

正社員として働くのはしんどいし、給料だって別に良いわけではないから派遣社員や契約社員でもいいのではないか、わざわざ正社員にしがみつく必要なんてないのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、安易に正社員でいることをやめてしまうのは、それ相応のデメリットもあります。

もちろん派遣社員や契約社員としての働き方がダメというわけではありませんが、安易にその働き方を選ぶのではなく、しがみつくことによるメリットもしっかり理解しておかなくてはなりません。

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

正社員より派遣社員や契約社員の方が良い場合は多々ある

正社員よりも派遣社員や契約社員として働くことの方が良い面は確かにたくさんあります。

給料は正社員の方が良いとは限らない

平均年収だけを見れば、派遣社員や契約社員といった非正規社員よりも正社員の方が高いのは事実です。

国税庁の「民間給与実態統計調査結果」によれば、正社員の平均年収は493万7千円であるのに対し、非正規社員の平均年収は175万1千円となっています。

もし派遣社員で時給1,500円で働くことができたとしても、1日8時間、年間250日稼働で年収は300万円。

ボーナスもある正社員であれば年収500万円以上を得る人も少なくはありませんが、非正規社員で年収500万円以上を得ることができるのは相当なスキルを持ったほんの一握りだけです。

ですから、一般的に見れば派遣社員や契約社員よりも正社員の方が年収は高いというのは紛れもない事実となっています。

しかし、これはあくまで平均として見た場合です。

正社員であっても年収300万円以下、下手したら200万円ほどしかないという人も決して少なくないというのもまた事実としてあります。

月収は20万円以下、下手したら16万円程度でボーナスもないという人だっているでしょう。

もし月収16万円でボーナスなしとすると、時給は1,000円程度しかありません。月収20万円だとしても時給は1,200円程度です。

これだと一般的な派遣社員以下。

実際、正社員から派遣社員になったことで毎月の給料が大幅に上がったという人は少なくありません。

時給1,500円あれば1日8時間、月20日稼働で24万円にもなりますからね。

ようするに、給料面で見ると派遣社員や契約社員として働いた方が良い場合というのは多々あるのです。

正社員だからと言って昇給があるとも限らない

正社員のメリットとしてよく挙げられるのが昇給があるという点です。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によれば、年齢別の1ヶ月あたりの賃金は以下の通りになっています。

非正規で働く人は年齢が上がってもそれほど収入に代わりがない一方、正社員は50代前半まで順調に賃金が増えていっていることがわかります。

しかし、これもあくまで平均的であることを忘れてはいけません。

正社員であっても、このように順調に給料が増えて行ってくれるとは限りません。

ろくに昇給がなく、役職についても数千円しかあがらない、10年働いても新卒の時から給料は1万円しか上がっていないなんて人もいます。

ただでさえ給料が安いのに昇給もないとなれば、派遣社員や契約社員の方がまだましなんて思うのもいたって普通のことではないでしょうか。

残業が少ない

正社員でも残業が全くない仕事もありますが、多くの人は月10時間~30時間程度の残業をしているし、40時間、50時間以上の残業をしている人も少なくありません。

一方で派遣社員や契約社員だと残業は少なめ。仕事によっては非常に多くの残業をする人もいますが、それでも正社員に比べれば少なく、仕事を変えて残業のない仕事につくことも容易です。

精神的なプレッシャーが少ない

仕事面でも、任せられる仕事の内容は簡単なものが多く、責任も少ない為、仕事に直接的な精神的プレッシャーは少なくなる傾向にあります。

正社員で給料が高く、残業も少なく、休みが少ない仕事についていても、こういった仕事でのプレッシャーが要因で体を壊してしまう人は実は少なくありませんから、これも派遣社員や契約社員のメリットと言えるでしょう。

正社員だからと言って安定は保証されていない

雇用期間が定められていない正社員に対し、派遣社員や契約社員といった有期雇用者は、常に働ける期間が定められています。

そして次回も更新してくれるとは限りませんし、最大で契約可能な年収が決まっている(派遣なら3年)為、いずれはまた違う仕事を探さなくてはいけません。

ただ正社員だからと言って雇用の安定性が保証されているかと言うと、決してそんなことはありません。

いくら正社員でも経営悪化でリストラされる可能性はたとえ大企業であってもあるし、倒産してしまえばそれまでです。

中小企業なんて普通にばたばた倒産しますから。

それでも正社員にしがみつくメリットは?

こういった点を考えると、わざわざ正社員にしがみつく必要なんてなく、派遣社員や契約社員で働く方が幸せになれるのではないかと思ってしまうのも仕方ないことかもしれまん。

もう正社員を辞めようと思う人もいるでしょう。

しかし、正社員にしがみつくべき必要性というのはこういった目先のことだけにあるわけではないということを知っておかなくてはいけません。

正社員として働いてきたという職歴の強さ

将来的に転職する際、これまで正社員として働いてきたという実績は武器になります。

たとえば正社員として10年働いてきた人と、派遣社員で10年働いてきた人がいたら、たとえ派遣社員で働いてきた人のスキルが上回っていたとしても正社員として働いてきた人の方が信用度が高く、良い評価を得られる可能性は高いです。

派遣社員よりも安い給料で働き続けても、正社員にしがみついていれば転職によって派遣社員での待遇を上回ることはいくらでもできます。

しかし、目先の待遇だけで派遣社員を選んでしまうと、それが中々できにくくなってしまいます。

スキル、経験面での成長

正社員に比べると仕事が楽、仕事が簡単という派遣社員や契約社員のメリットは、スキルや経験面での成長という観点でデメリットになることを忘れてはいけません。

楽で簡単な仕事をしている人に比べ、より難しく、ハードで責任の重い仕事をしている人の方が当然仕事での成長は大きいです。

そもそも経験できないことも多いですから。

非正規で働き続けていると、いずれ苦しくなる

20代であれば、派遣社員や契約社員として働いていてもそれほど気にはならないかもしれません。

仕事だって簡単に見つかるし、給料だって周りで正社員として働いている人よりも多いことはよくあります。

残業も少なく自分の時間も確保できるでしょう。

しかし、年齢が増えるに連れてそのメリットはどんどん薄れていきます。

高かったはずの給料はいつのまにか周りに抜かされ、仕事も年齢を理由に中々選べなくなり、仕事面での成長もなくいつまでも同じような仕事をすることになる。そして転職しようにも良い条件で正社員で採用してくれることは見つからない。

そんな人が少なくないのです。

上手くいった人の意見だけを見ていてはだめ

中には正社員を辞めてよかった、派遣社員になってよかったという人ももちろんいるでしょう。

常に正社員にしがみつくことが、確実に正解だなんて思いません。

しかし、上手くいった人だけの意見を鵜呑みにして、それ以上にいる後悔している人の存在から目を背けるようなことはしないでください。

現在、派遣社員や契約社員として働きながらも正社員として働きたいと考えている人は大勢いるのです。若いうちに正社員にならず、ずるずると年を重ねてしまったことに後悔している人は山ほどいるのです。

ブラック企業で正社員にしがみつく必要はない

ただ勘違いしてほしくないのが、ブラック企業にしがみつく必要はないということです。

著しく安い給料、当たり前のように行われるサービス残業、あまりにひどい労働環境。そういったブラック企業で働いているならば、すぐに転職することをおすすめします。

今の転職市場はかつてないほどの売り手市場となっており、まっとうな会社への転職が十分にできる状況です。

もちろん正社員として働く以上、ある程度我慢しなくてはいけないこともあるでしょう。目先だけ見たら派遣で働いた方がましだと感じることだってあるかもしれません。

しかし目先ではなく、今後の長い仕事生活を考えた上であなたにとってベストだと思えることを選ぶようにしてください。

おすすめの転職サービス

最後に、これから転職活動を始めようと思う人向けにおすすめの転職サービスを紹介します。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT