契約社員として働く不安と旦那や彼氏が契約社員で不安だと感じたときにすべきこと

契約社員は正社員に比べると、時間の融通がききやすい、残業が少なく家事や育児などと両立がしやすい、仕事を見つけやすいというメリットがあります。

人によってはその働き方に満足している人も多いと思いますが、中には本当は正社員として働きたいのに働くことができず、仕方なく契約社員として働いていて、その働き方に不安を感じてしまっている人も少なくありません。

契約社員として働くことに、もしくはパートナーが契約社員として働いていることに漠然と不安を感じている方へ、不安の理由や解決策をご紹介します。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

契約社員として働くことに不安を感じる理由

契約社員として働くことに不安を感じる理由

有期雇用である契約社員と、無期雇用である正社員とでは、仕事内容や待遇など様々な部分が異なります。

その違いによって、契約社員として働くことに不安を感じる人は多いでしょう。

いつ契約更新してもらえなくなるかわからない

まずひとつ目の不安が、いつ契約更新してもらえなくなるかわからず、仕事がなくなってしまう可能性です。

正社員のように無期雇用であればそう簡単に解雇はされないものの、契約社員の場合だと、解雇ではなく契約更新しないだけなので「何かあったら、簡単に切られてしまう」なんて言われがち。

かつ労働契約法の改正によって、契約社員は5年以上働くと労働者側の希望があった場合に無期雇用の変更が義務付けられるようになりましたので、ほとんどの企業は5年以内で契約を終了することになるでしょう。

有期雇用である契約社員は常に仕事を失うリスクを抱えており、不安を感じるのは致し方ありません。

キャリアアップできない

正社員であれば、入社してから色々と経験を積み、業務に深みを持たせたり、幅を持たせるもの。年齢が高くなるにつれて徐々にキャリアアップしていきます。

その一方で契約社員はどれだけ働こうともいつまでも簡単な仕事しか任されないことが多く。何年働こうとも新たなスキルが身につきません。

転職市場では年齢相応のスキルが求められます。もし簡単な仕事しか経験せずに年齢だけ重ねてしまうことを考えると、不安に感じるのも仕方ありませんよね。

正社員になれるかわからない

正社員になりたいと考えている人にとって、正社員登用制度のある会社は魅力的に感じてしまうでしょう。

しかし、正社員登用制度があるからと言って正社員になれるとは限りません

実際に正社員になれるのはほんの一握りの人間。

もし正社員登用制度のある会社で働いていたとしても、「本当に正社員になれるのだろうか」という不安は実際に正社員になれるまで続きます。

待遇があまりよくない

契約社員でも有給休暇はもらえますが、退職金の支給はありません

福利厚生やボーナスの支給も契約内容次第なので、場所によってはある例もありますが、あまり期待しない方が賢明です。

世間体が悪い

契約社員は非正規労働者に分類されるので、世間体が悪いと感じるかもしれません。

実際のところ、正社員に比べて年収が低い傾向がありますし、同じところに長く働き続けられないため、社会的な信用情報にも影響します。

信用情報に影響すると、ローンの借入額が低くなったり、クレジットカードもハイランクのカードが作れません。

もし今後、住宅ローンや車のローンを考えている方は正社員を目指すのがおすすめです。

結婚がしにくい

男性に限った話ですが、結婚に関してシビアな状況に置かれます。

理由は、とりわけ女性が男性に求める結婚の条件のひとつに「経済力」があるためです。

Web検索でも「旦那 契約社員 不安」「彼氏 契約社員 不安」などが人気キーワードとして上がるほど。

経済力の不安から、契約社員というだけで避けられてしまうかもしれません。

結婚を近くに予定している男性は、可能な限りがんばって転職してみましょう。

契約社員になるメリット

契約社員になるメリット

契約社員として働くことに不安も多いかもしれませんが、契約社員ならではのメリットがあります。

責任の範囲が狭い

契約社員は短期間の契約が大前提にありますので、責任の範囲が正社員に比べて限定されている傾向があります。

力量に合った仕事を振ってもらえることも多く、仕事内容に関してストレスが比較的少ない点は契約社員のメリットです。

採用されやすい

契約社員は以下のような理由から、正社員に比べて採用されやすいというメリットもあります。

  • 企業側は正社員を雇うよりコストが少なく済む
  • 契約期間が決められているため定期的に席が空く

また、正社員に比べて契約社員の方がやや気軽に辞めやすいという見方もできます。

普段あまり物事が長続きする性格でない人なら、環境が変えやすい契約社員の方が向いているかもしれません。

プライベートを充実させられる

契約社員は契約範囲内で仕事をしますので、残業が少なく定時で帰りやすいというメリットがあります。

昇進や賞与はありませんが、プライベートな時間は自分でしか与えられません。

例え大企業に正社員として努めても「お金があるのに使う時間がない」なんてよくある話です。

必要な生活費だけ手に入れ、自由な時間を作るのも人生の選択肢のひとつではないでしょうか。

年齢が高くなるほどに大きくなってくる不安

年齢が高くなるほどに大きくなってくる不安

契約社員として働くことにメリットもありますが、今は小さい不安も年齢が高くなればなるほどに大きくなってしまう点には注意しましょう。

仕事が見つけにくくなってくる

年齢が高くなってくると、20代の頃と比較して、簡単に見つかっていた契約社員の仕事も見つけにくくなるのも事実です。

ひとつの会社での仕事が終了するたびに、また次の契約社員の仕事を探すということを繰り返していると、徐々にその仕事の見つけにくさを実感するようになってきてます。

また「この仕事が終わった時、次の仕事は本当に見つかるのだろうか」と不安な気持ちは徐々に大きくなっていくのではないでしょうか。

同世代とのキャリアの差が明白になってくる

同世代とのキャリアの差も年齢を重ねるごとに明白になってきます。

20代ならまだそれほどではなくても、30代後半にもなるとかたや管理職として人の上にたち、かたや契約社員として簡単な仕事しかしていない、それを目の当たりにすると後悔の念とともにその先に不安を感じます。

給料の面でも差は歴然。20代ではたいして変わらなかった給料も40代になれば倍以上の差がつきますからね。

正社員登用制度があってもされないまま

正社員登用制度がある会社で「契約社員として働いていれば、いつか正社員になれるかもしれない」と期待を持っている人は多いと思います。

しかし何社も会社を経験していると、かなり難しいという現実を目の当たりにし、もしかしたらこのまま正社員になるのは無理なのではないかと、期待することすらできなくなるかもしれません。

旦那や彼氏が契約社員で不安な方がすべきこと

旦那や彼氏が契約社員で不安な方がすべきこと

旦那や彼氏など、パートナーが契約社員で不安という場合には、ふたつの解決手段があります。

  • 共働きする
  • パートナーの転職活動をサポートして正社員になってもらう

どういう意味か、上記に関して詳しく解説します。

給与が不安なら共働きという選択肢

給与面で不安な方は、共働きをすると不安が緩和されるかもしれません。

共働きの世帯は年々増加傾向にあり、平成9(1997)年以降は男性雇用者と無業の妻から成る世帯を上回っています。

令和3(2021)年になると、専業主婦の割合は23.1%しかありません。

共働き世帯数と専業主婦世帯数の推移

画像引用:内閣府『男女共同参画白書 令和4年版』特-7図 共働き世帯数と専業主婦世帯数の推移(妻が64歳以下の世帯)

契約社員で年収400万円だとしても、共働きで妻が200万円でも稼げれば、合計600万円の年収が手に入ります。

契約社員に限らず正社員でも共働きをする世帯は多いので、「給与は私もサポートしよう」という心持ちで最初からいるとラクかもしれません。

正社員になって欲しいなら徹底的なサポートをしよう

給与に限らず、信用性や長期雇用の安心感から旦那や彼氏が正社員になって欲しい場合は、パートナーに「サポートをするから転職活動をしよう」と頼みましょう。

パートナーが転職活動を継続しやすいよう、徹底的にサポートして転職活動の負担を減らすことが大切です。

履歴書や職務経歴書の代行入力

転職活動で一番最初に手間のかかる履歴書や職務経歴書の作成。

パソコンで打ち込むなら代行入力ができますし、手書きの履歴書は下書きだけでも作成すれば、パートナーへの負担が大幅に減ります。

求人のピックアップ

転職サイトに並ぶ企業や紹介される企業に対し、全て目を通すのは時間がかかるものです。

求人をある程度絞って提示することで、パートナーにかかる時間を減らすことができます。

スケジュールや進行状況の管理

スケジュール管理や進行状況の可視化をし、ペース配分をするのもサポートできる内容のひとつです。

面接のダブルブッキングを防いだり、企業ごとの状況がどこまで進んでいるのか目に見えるようにしてあげると、パートナーも転職活動が非常にしやすくなるでしょう。

不安をなくす為には結局正社員になるしかない

不安をなくす為には結局正社員になるしかない

契約社員として働いていれば不安を感じるのは仕方がないことです。

そして、もしこの不安を完全に無くそうと思ったら、結局できるだけ早く正社員になるしかありません

もし現時点でそこまで大きな不安を感じていない人も注意してください。不安な気持ちはこの先どんどん大きくなっていく可能性があります。

そうならない為にも今のうちに動かなくてはなりません。

現在の会社での正社員登用に期待してはいけない

現在の会社に3年以上勤めていて、正社員の話を一度も話し合えていない場合は、正社員登用への期待をもう辞めてください。

よほど今までの勤務で自身の有用性をアピールできていなければ可能性は低く、これ以上時間をかけるのはリスクが高すぎますし、年齢を重ねるほどに正社員登用の可能性は低くなっていきます。

5年ルールで契約を打ち切られるのを待つより、一番若い今、転職活動で正社員になることに切り替えてください。

転職活動しても正社員になれるのか

正社員になりたくても契約社員として働いている人の中には、「一度は就職活動をしたけど上手くいかなかった」「正社員の仕事が見つからなかった」という人も多いと思います。

確かに契約社員に比べれば難しいのは事実です。

ただ、契約社員から正社員を目指すより、転職活動で正社員を目指す方が明らかに早いです。

「こんな自分でも大丈夫なのか」と不安であれば、まずは転職エージェントに登録をして、専門家に相談に乗ってもらうのがおすすめです。

転職エージェントは契約先の企業から成功報酬を取っており、転職者は無料で利用できるようになっていますので、安心して気軽に利用できます。

粘り強く転職活動をするだけ

とにかく粘り強く転職活動をして、絶対に諦めないでください。

10社受けてだめなら20社、20社受けてだめなら50社、50社受けてだめなら100社。

もし今は無理だと諦めてしまったら、数年後に再度なろうとしても難易度はさらに上がっています

年齢が高くなるのもそうだし、景気という面でも今のような人手不足で売り手市場の状態がいつまでも続くとは思えません。

転職しやすいのはまさに今。それを逃しては絶対に後悔することになるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)