正社員を辞めるのはもったいない?辞めた後で後悔する可能性は高い?

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

正社員を辞めるのはもったいない?辞めた後で後悔する可能性は高い?

正社員を辞めたい。けれど辞めるのはもったいないのではないか。

そんな風に悩んでいる人は少なからずいるのではないのでしょうか。

全ての人にとって正社員という働き方がベストなわけではありません。

時間の都合、仕事内容、勤務地など様々な理由から正社員以外の派遣社員や契約社員、パートといった働き方に変えて幸せになった人もたくさんいます。

ただその一方で正社員を辞めてしまった後で後悔してしまう人がいるのも事実。

だからこそ辞めるか辞めないか、正社員なのかそれとも違う働き方にするのかはよく考えて決めなくてはいけません。

関連記事

 

正社員を辞めるのはもったいないことなのか

正社員を辞めるなんてもったいない。

そう思う人は多いのですが、その大きな理由はなりやすさの差によるものです。

不況時に比べると正社員へのなりやすさはかなり上がってきています。

ただそれでも正社員になりたくてもなれない人というのは決して少なくありません。

特に年齢が高かったり、正社員としてのブランクが長い人などは、なかなか正社員の仕事が見つからずにやむを得ず派遣社員や契約社員、パートやアルバイトと言った形でしか働けない人もたくさんいるのが現実です。

一方、非正規社員として働くことは正社員に比べれば段違いで容易です。

派遣や契約社員の仕事が見つからないからやむを得ず正社員で働いているなんて人はまずいません。

なりたい人が多く、かつなれない人も多いことから正社員の立場を手放すことはやはりもったいないと思うのはごくごく自然のことです。

また正社員には非正規社員にはないメリットが多いことも一つの理由。だからこそなりたいと思う人も多いわけですが。

安定している、更新打ち切りもなく簡単にはクビにならない、ボーナスがある、昇給がある、退職金がある。

もちろん正社員と言ってもピンキリでひどいところはひどいですが、一般的に見ると、特に長期的な目線で見ればやはり色々なメリットがあるのが正社員なのです。

正社員以外の働き方が悪いわけではない

ただ勘違いしてはいけないのが、正社員以外の働き方が悪いわけではないということ。

最初に働きやすいというのがまず一つですし、それ故に仕事を変えやすい。

また時間も自分に合わせて選ぶことができることだってできます。

非正規社員には非正規社員の良さがあり、どちらの働き方が優れているということはありません。

だからこそ一般的に見れば正社員を辞めることはもったいないと思ってしまうかもしれませんが、あなた個人で考えれば正社員ではなく他の働き方を選ぶことが正解だという場合もありえることです。

正社員を辞めて後悔する人は多いのは事実

ただ正直なところ、安易に正社員を辞めて後悔している人が多いのは事実です。

条件が下がってでも結局また正社員の仕事に就く人も多いです。

正社員を辞める時、その事実から目を背けてはいけません。

給料が低い、ボーナスがないといった非正規社員の待遇の悪さ、前と同じレベルでは戻れない現実。

それまでのキャリアを手放してしまったことが悔やんでも悔やみきれずにいる人もいます。

だからこそ、正社員でいることを安易に手放すべきではないし、今だけのことではなく長期的な目線でどうかという点をじっくり考えた上で決断しなくてはいません。

正社員を辞めることによって被る可能性のある問題

ここで、あらためて今正社員を辞めて非正規社員として働くことによって、将来的にどういった問題が起きる可能性があるのかを確認しておきましょう。

正社員への復帰が難しくなる、以前の条件から下がる可能性大

正社員から非正規社員になることは簡単。

正社員から正社員への転職は、簡単ではなくても十分可能です。

ただ非正規社員になってからしばらくしてから正社員に復帰するのはブランク、年齢といった問題から難易度はかなり上がります。

もちろん不可能というわけではありません。

ただもし正社員になれても以前築いてきたキャリアはなくなり、条件もかなり下がってしまう可能性が大。

一度手放してしまうことの影響というのは、思いのほか大きいのです。

給料が低く、ボーナスもなし、退職金もなし

正社員を辞めて後悔する人のうち、その理由が金銭面であるという人は非常に多いです。

最初は収入が下がってもいいと思っていても、いざがくっと給料が下がったり、ボーナスがなくなったり、退職金も出ない中で働いてみると後悔してしまうんですね。

仕事が見つからなくなるリスク

今は好景気で人手不足の企業も多い為、仕事はかなり見つけやすい状況にあります。

ただこの状況がいつまでも続くわけではありません。

リーマンショックの直後、派遣社員や契約社員として働いてたたくさんの人が更新してもらえませんでした。

さらにその後次の仕事を見つけようにも、派遣や契約社員の仕事が見つからないという人もたくさんいました。

私の知り合いに派遣会社で正社員として雇われる常用型派遣で働いていた人もいましたが、あまりの仕事のなさに休業扱いとされ賃金の6割しか貰えていなかった人もいたぐらいです。当然通常の派遣の人たちに仕事は紹介されません。

もちろん正社員であっても倒産やリストラのリスクはあります。

ただ仕事のなくなるリスクは非正規社員の方が圧倒的に多く、今ように働けるとは限らないということは覚えておかなくてはなりません。

正社員を辞めて後悔しない為にチェックすべきこと

正社員に比べて非正規社員にはなりやすく、ブランクが空くほど正社員として働くことが難しくなるという現実があります。

ですから、まずは正社員として働けないかということを第一として考え以下のポイントに当てはまるかどうかをチェックして判断してみましょう。

今正社員以外を選ぶ必要性が本当にあるのか

今の正社員の仕事を辞めたいという理由は人によって色々あることでしょう。

ただその理由は、本当に正社員ではなく非正規社員にならなければならないものでしょうか。

正社員として転職すれば解決できる問題ではないでしょうか。

たとえばどうしても週3日しか働けない、どうしても1日4時間しか働けないといった理由なら仕方がないかもしれません。

ただ仕事が辛くてしんどい、残業が多くて嫌だといった理由なら転職するだけで解決する可能性は大いにありえます。

やれるだけのことをやったのか

もちろん、正社員として転職したくても希望通りの仕事が見つかるとは限りません。

条件をつければつけるほど、当然選択肢は減るし、人気も高くなるので難易度は上がります。

ただ最初から無理と諦めるのではなく、やれるだけのことはやりましょう。

派遣社員や契約社員を選ぶのはそれからでも遅くありません。

今後正社員に戻ることはないと自信を持って言えるか

もう一点重視して貰いたいのが、今後正社員に戻ることがないのかということ。

正社員を辞めて非正規社員になった人のうち、また正社員に戻ることを希望する人は少なくありません。

そしてそういった人達の多くは一度正社員として働くことを辞めてしまったことに後悔しています。

もしまた正社員として働くことになるかもしれないと思うなら、やはり安易に辞めるべきではありません。

働き方は長期的な目線で考えることが重要

今だけのことを考えれば、派遣社員や契約社員として働く方が何かとメリットは大きいかもしれません。

ただ仕事は目先のことだけではなく、長期的な目線で考えるべき。

そうでなければ後悔する可能性は著しく高くなってしまいます。

正社員を辞める選択が決して間違っているわけではありません。

ただその選択をする際にはぜひ慎重さを持って決断してください。

正社員として転職するならこれがおすすめ

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ