忙しくもない気楽な仕事に優しい上司、良い先輩という恵まれた環境に甘えすぎて後悔することになった話

良い上司に恵まれること、良い先輩に恵まれること、仕事に恵まれることは基本的には喜ばしいことですが、あまりにそこに甘えすぎると、将来的には後悔することになるので注意が必要です。

今回は実際に甘えすぎて後悔したという体験談を一つ紹介していきます。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

新卒で入社してから3年が非常に恵まれすぎていた

同じ会社に入社したとしても、仕事の恵まれ方って人それぞれですよね。

優しい上司もいれば怖い上司もいるし、理不尽な上司だっています。先輩もしかり。

仕事だってどんな仕事を担当するかによってどれだけ大変か、どれだけ苦労するかも同じ部署であっても全然違います。

そして私はどうだったかというと、それはもうかなり恵まれた環境を与えられました。

同期が上司や先輩で苦労している中で、私は新卒入社後から3年間、非常に楽な思いをしてきたのです。

全く怒らず、頼りになる上司

まず上司ですが、とにかく優しいの一言。怒ったことを見たことがありません。大きなミスをした時でさえ、注意こそすれ気遣ってくれながらだったし、理不尽なことも言いませんでした。

またただ怒らないだけではなく仕事でも非常に頼りになる存在。困った時、何かトラブルがあった時に対しても腰が軽く、嫌な顔して出向いてくれたり対応してくれたし、責任も負ってくれて部下をきつく責めるようなこともあった記憶はありません。

本当は忙しいはずなのにそんな素振りを見せることもなく、部下から相談しやすい雰囲気を作ってくれていたので、わからないことで困るようなことも何一つありませんでした。

困った時に手厚くサポートしてくれる先輩

上司のみならず、先輩にも非常によくしてもらいました。

困ったことがあったらすぐサポートしてくれるし、そのサポートも手厚くて単なる助言ではなくたとえば打ち合わせ等があれば直接関係がないのにわざわざ参加してくれたりもしてくれたのです。

仕事のみならず、職場でも最初のまだ馴染めない時に色々と話かけてくれたり、他の先輩にも紹介して輪に入らせて貰えたりと、職場生活という側面でも楽しく過ごせるようにしてくれました。

担当する仕事は忙しくはない気楽なものばかり

仕事の面でも甘やかされていて、担当する仕事は他の人に比べても納期が緩く忙しくはない、一つ一つに余裕を持ってできる気楽な仕事ばかり。

同期が色々と悩みを抱えながら、四苦八苦しながら、残業もかなりしながら、怒られながら仕事をしている中で一人気楽にのんびりと仕事をしていたわけです。

恵まれた環境に身を置きすぎて後悔したこと

これほどまで恵まれた環境で、他の同期からもかなり羨ましがられていました。特に上司について。私自身かなり運が良かったなとも感じていました。

しかし残念ながら私自身がその環境に甘えすぎてしまったのです。

そんな環境がいつまでも続くわけではなく、私自身が違う係へと異動したことによって環境が大きく変化。そしてそれまでの恵まれた環境に甘えすぎていたことに大きく後悔することになったのです。

同期にくらべて明らかに仕事での経験値が少ない

まず同期にくらべて仕事の面での経験値がかなり少ないということに気づかされることになります。

あれもやったことない、これもやったことない。この年次ならできて当然だと思われていることもできない。3年甘えていたせいで、そんな状態になっていたのです。

自分から進言してでもやらせてくださいと言うべきでした。

しかし私は前のところでの仕事に勝手に満足し、そこの仕事で忙しいふりをして(自分ではその頃は忙しいと思っていた)新たな仕事を貰えるような状況すら作っていませんでした。

そして経験値の面、動機に大きな遅れをとることになったのです。

知識自体も少なく、対処法もわからない

知識自体もかなり少なかったです。そして知識がないから対処法もわかりませんでした。

わからないことがあった時、自分で調べるのではなくすぐに聞き教えて貰っていたこともあって、周辺知識等が一切身につかないままだったのです。

それまでわからないことがあってもすぐ教えて貰うことができていて、それでなんとかなっていました。しかし仕事のレベルが上がったと共に、そうは聞けない環境に陥った時、もはや仕事をこなせるレベルではないことに気づかされたのです。

頼ることやサポートしてもらうことに慣れすぎ、自分でなんとかする能力が身についていない

関係会社や関係部署との交渉事やトラブル対処等があった時、それまですぐに上司や先輩を頼って、ほぼやってもらっていたこともあったので、何かあった時に自分でなんとかするという能力が一切身についていませんでした。

仕事がら、難しいながらも絶対に必要な能力。しかし、甘えに甘えていた私はこれまで、その難しいことから逃げてしまっていたのです。

スピードを上げて仕事をこなすことができない

のんびり仕事をすることに慣れすぎていた私は、仕事をこなすスピードの面でも著しく劣っていました。

じっくりと慎重に仕事を行うばかりで、効率良く、優先順位をつけて、やらないことも選びながら仕事をするということが一切できるようになっていなかったのです。

甘えすぎが許される環境には要注意

異動となってからの日々は正直かなり苦労することになりました。

なんとかごまかし、なんとかできるふりをしながらダメな自分を隠し、ぎりぎりの中でなんとか仕事をこなしてきまたしたが、そのストレスは相当なもので何度か潰れそうになったこともあります。

原因はまさに自分が甘えすぎていたこと、ただ一つ。

本来であれば、すぐに人を頼るのではなく自分の頭で考え、自分でやるべきことは責任をもってしっかりやり、できることがあるなら積極的にやり余裕があるならその意思を伝える。それが必要だったと反省です。