希望しても異動できない理由とは?実は異動できる人なんてごくわずかで相当難しいのが現実

新卒入社後の配属先が希望と異なるものだったり、仕事をしていく中で違う作業をしてみたいと感じるようになったり、異動して違う部署で働きたいと思ったことのある人は少なくないはずです。

そして、そんな希望を叶える為に、ほとんどの会社で「異動希望」を出せます。

しかし、この「異動希望」は残念ながら中々通らないもので、いくら希望しても異動できずに同じ仕事を続ける人も多いのが現実です。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

希望通りに異動できない人がほとんど

希望通りに異動できない人がほとんど

異動の希望を出す場合、上司との面談時に申しでたり、書面として提出したりする方法で可能となっています。

希望を出すことは誰でもできるものですが、希望を出してもそれが通るとは限りません。

残念ながら異動希望を出したとしても、それが通って異動できる人はごく僅かです。

ほとんどの人は異動できないまま同じ仕事を続けています。

中には、希望と全く関係ない部署へと異動させられてしまう人もいます。

実際、希望通りの異動にならなかった人は3割を超えています。

画像:HRテクノロジー総研「納得感のある人事異動を実現する3つのポイント~人事異動サーベイより~」

希望通りの異動ができた人は、経ったの22.6%しかいません。

移動できない人もいると考えると、希望通りの異動ができる人はほとんどいないというわけです。

異動したいのにできない理由

異動したいのにできない理由

では異動を願い出る制度があるのに、通らないケースがほどんどなのはなぜでしょうか。

会社において希望しても異動できないのには、こんな理由があるのです。

優秀で将来性も高く、部署として手放したくない存在であるから

部署の中で優秀で将来的にも出世候補となる人材は、部署として手放したくはありません。

そんな人が異動の希望を出したとしても直属の上司がストップするか、直属の上司は熱意をわかってくれても部長や支店長などがストップをかけてしまう場合が大半です。

優秀な人材の代わりに優秀な人材が入ってくれば良いのですが、そんな保証はありませんので、優秀であればあるほど評価が高ければ高いほど、他部署への異動を認めてもらえません。

人材育成という目的での異動しか行われていないから

「うちの部署では優秀な人でもばんばん異動している」と思う人もいるかもしれません。

しかし、その異動はおそらく本人の希望ではなく会社都合によるものです。

会社が異動を行う大きな目的に、人材育成というものがあります。

様々な経験を通じて仕事の幅を広げたり、より深く物事を知るという目的の元で行われるのです。

この場合、どういった部署に異動するかは会社の裁量になるため、希望している所に行けるわけではありません。

そして、この異動は優秀で出世候補になっている人ほど頻繁に行われる傾向があります。

仕事ができず、異動先の部署に迷惑をかける可能性を危惧されているから

優秀な人ほど希望通りの異動はできない一方、仕事ができない人もまた異動させてもらえない傾向が強くあります。

なぜなら、もし他部署へ異動させてしまうと異動先の部署で迷惑をかけてしまうからです。

また、評価が悪いと他部署はなかなか受け入れてくれません。

受け入れてくれるとしたら、よっぽど人手が足りなく誰でもいいから欲しいという状態の時です。

いくら上司が異動を認めてくれたとしても、引き取る部署がなければ異動はできないのです。

希望部署が現在の部署とかけ離れているから

会社としては、せっかく育てた人をこれまで経験し身につけたスキルが無駄になるような仕事へと変える異動は良しとしません。

異動できる部署はあらかじめ決まっているのです。

そのため、全く関係のない部署への異動を希望しても通らないのは当たり前ですし、今いる部署も認めず異動先の部署も受け入れてはくれません。

ですから、新入社員の時の配属というのは実は非常に大切です。

もし希望と全く違う部署に配属されてしまうと、希望していた仕事ができる可能性はほとんどゼロになってしまうこともありうるのです。

異動させることにメリットがないから

本人が希望しているというのは、異動させるかどうかの優先順位としてはかなり低いのです。

たとえば、異動先の人員が十分であればそれだけで異動ができない原因になります。

異動は、今いる部署が認めるだけでなく異動先の部署も受け入れてくれて初めて成立します。

それなりの理由とメリットがないと、たとえ本人が希望したとしても異動できないのです。

そもそも会社側に社員の希望を叶えようという気がないから

本人の希望をどこまで重視するのかは、会社によってかなり変わってきます。

できるだけ希望を叶えてあげようと動いてくれるような会社がある一方で、そうではない会社もあります。

そして後者の場合、異動希望は単なる形式的なものになっている場合があるのです。

どれだけあなたが異動したいと願っても、会社は全く気にしていないかもしれません。

希望部署に異動するために大切なこと

希望部署に異動するために大切なこと

ここでは、あなたが希望した部署に異動するために大切なことについて解説します。

現在の業務に意欲的に取り組み、評価や実績をあげる

異動希望が通るには、希望部署で活躍できる人材であると評価されなければなりません。

そのため、まずは今の仕事で評価や実績を上げる努力をしてください。

仕事ができるようになれば、あなたを欲しがる部署は増えますし、職場での発言力も強くなります。

希望する部署への異動も確実に通りやすくなるでしょう。

社内公募制度を積極的に活用する

社内公募制度なら、自ら希望を出した部署に必ず配属されます。

もちろん、希望すれば必ず移動できるとあって条件は厳しくなっています。

就職活動と同様に、書類選考や面接を実施して対象者を決定するのです。

そのため、仕事ができない人は難しいでしょう。

まずは1つ目の対策を講じてから、社内公募制度があるなら活用してみてください。

希望する部署で必要なスキルや経験を身につける

希望する部署で必要とされるスキルや経験を身につければ、即戦力となる人材と評価され異動できる可能性が高まります。

反対に、どんなに仕事の能力が高くてもスキルを活かせない部署に異動するのは困難です。

異動を希望する際は、自身の能力が活かせる部署を選ぶか、希望する部署で活かせるスキルを身に付けるようにしてください。

「異動できないなら転職する」という選択肢もアリ

「異動できないなら転職する」という選択肢もアリ

もし、あなたが異動を試みても実現しなかったのなら、転職するのもアリです。

ここでは、転職した方がよい理由をご紹介します。

そもそも異動のチャンスは年に数回しかないから

会社では、常に異動のチャンスがあるわけではなく年に数回しかありません。

そして、少ないチャンスの中で希望通りの異動が叶うかどうかは運の要素が強いのです。

もし、あなたがどうしてもやりたい仕事があるなら、少ないチャンスにかけて異動を試みるより転職した方が早いでしょう。

会社の都合で異動が決まるケースがほとんどだから

人員の配置は、会社が利益を出すため決められるのが基本です。

そのため、希望通りに異動させてもらえるとは限りません。

むしろ、異動できなかったり希望とは違う部署に異動させられるケースの方が多いのです。

あなたがやりたい仕事に取り組める可能性は低いため、それなら転職した方が希望は叶えやすいでしょう。

実現したい夢があるなら早いうちに転職した方が良い

ずっと異動できずに5年・10年と時間が経つのはもったいないものです。

それに対して、転職活動は長くても半年や1年程度でしょう。

転職すれば、今の会社で異動希望を出し続けるより格段に早く希望する仕事に就けます。

異動できないと悩むなら転職を検討しよう

異動できないことに悩むなら、転職も検討しよう

結局のところ、希望通りの異動をするというのは正直かなり厳しいというのが現実です。

異動できないと悩んでいる人がいてもそれは当たり前で、希望通りの異動ができる人の方がわずかでしょう。

ですから、もしどうしてもやりたい仕事があるなら、期待の低い異動を試みるのではなく転職をおすすめします。

自分の希望に合った会社への転職には転職エージェントの利用がおすすめ

もし、あなたが転職してでもやりたい仕事があるなら、転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントとは、求人紹介はもちろん履歴書の添削や面接対策など、転職活動に関わるあらゆる面からサポートしてくれるサービスです。

あなたが明確にやりたい仕事があるなら、それを伝えるだけでピッタリの求人を紹介してくれます。

もちろん、ただ求人を紹介するだけでなく、その会社の特徴や内部情報などを共有してくれて、内定をもらえるようにアドバイスしてくれるのです。

利用料金は完全無料なので、気軽に登録して転職活動を始めてみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)