転職エージェントを利用しても派遣ばかり紹介されてしまう理由や対処法

転職エージェントを利用する多くの人は「正社員」として働くことができる仕事を探していることでしょう。

しかし、転職エージェントの会社、そしてそれを利用する人によっては一般的な正社員の仕事ではなく、派遣ばかりを紹介されてしまうこともあるようです。

そこで今回は、なぜ希望の正社員の求人を紹介して貰えないか、どうすれば紹介して貰えるかについて解説します。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

転職エージェントでも派遣を扱っている

転職エージェントを利用した場合に紹介して貰える求人は、あなたが考えている正社員の求人ばかりではありません。

派遣野一つである常用型派遣は転職エージェントでも扱われており、人によってはそういった求人を紹介されることは珍しいことではないのです。

転職エージェントが扱っている求人の種類

転職エージェントが扱っている求人の種類には以下のものがあります。

  • 一般的な正社員
  • 契約社員
  • 正社員として派遣会社で働く常用型派遣

最も多いのは一般的な正社員の仕事です。契約社員の案件もありますが、正社員に比べると多くはありません。

そして転職エージェントは派遣のある一部の形態である「常用型派遣」についても扱っています。

この常用型派遣というのは、派遣会社に正社員として雇用され、様々な会社へと派遣されて働くというものです。

多くの人がイメージする派遣は契約期間が決まっている有期雇用の登録型派遣と言われているものですが、常用型派遣はあくまで正社員であり有期雇用ではなく無期雇用です。

常用型派遣の求人も数多く扱っている

登録型派遣のように登録した人に仕事を紹介するのではなく、自社で正社員として雇用することになる常用型派遣は他の一般的な会社と求人募集の行い方に違いがありません。

転職サイトを使って募集をかけたり、転職エージェントを使って募集することだって当然行います。

実際、転職サイトで公開されている求人を見ると職種によっては常用型派遣のものも多く見かけます。

はっきり派遣とは書いていませんしパッと見でもよくわからないのですが、よくよく見ると実は派遣で自社で働くのではなく違う会社に派遣されて行く仕事だということがわかります。

そして転職エージェントでも同様に求人を出し、転職エージェント経由で利用者に応募を促しているのです。

エージェント側は企業側にも目を向けなくてはいけない

転職エージェントの立場として、依頼をもらった求人を何もせずに放っておくなんてできません。

もちろん転職希望者の立場になってその人の希望等にも合わせていかなくてはいけませんが、企業側の要望も聞かなくてはいけないし、求人を紹介して行かなくてはなりません。

その為、中には希望していなくても派遣の求人を紹介される人はいるのです。

転職エージェントで派遣ばかり紹介しまう理由

派遣ではない正社員を希望しているにも関わらず、派遣ばかりを紹介されてしまうというのは一般的に以下のような理由があります。

条件として合っているものが少ない

希望条件を絞れば絞るほど、選択肢はどうしても狭くなります。

たとえば職種に加え、地域や年間休日数といったものまで絞ると、条件に合う求人が常用型派遣のものばかりになってしまうこともあります。

特に求人自体が少ない職種や地域だとそうなってしまうことが多いです。

転職エージェントが抱えている求人にも限界があります。なんでもあるわけではありません。

職種経験がない

中途採用では職種の経験がかなり重要視されます。もちろん未経験可の求人もありますが、職種によってはかなり少なくなってしまいます。

ただ常用型派遣であれば未経験でも可能です。他の派遣ではない企業で正社員になる為には経験がなくてはだめでも、常用型派遣では未経験であってもチャレンジできるのです。

そうなると転職エージェントとしても、希望の職種に合わせて常用型派遣の仕事をメインに紹介することになるのは当然です。

希望を正しく伝えることができていない

常用型派遣であっても正社員は正社員です。あなたは派遣だと思うかもしれませんが、雇用形態を見れば正社員なのです。

もしあなたが正社員としか希望を伝えていなければ、常用型派遣を紹介されることだって当然あります。

希望はしっかりと、正しく伝わるようにしなくてはいけません。あなたが思い込んでいるものが正しいとは限らないし、言わずにわかってくれることもないのですから。

もし派遣ばかり紹介されてしまったら?

ではもしあなたが転職エージェントを利用した際に派遣ばかり紹介されてしまったら、どういった対応をとれば良いでしょうか。

担当者に希望を正確に伝える

まずははっきり転職エージェントの担当者に対して常用型派遣は希望しないということを伝えましょう。

それが伝わらなければ、いつまでたってもそういった求人ばかりを紹介されてしまうことになります。

先ほども述べていますが常用型派遣も正社員であることに違いはありません。転職エージェント側も派遣としてではなく正社員という形で紹介をしています。

単に正社員という希望を言うだけでは、あなたの真意が伝わるとは限らないのです。

違う転職エージェントを利用する

常用型派遣は希望しないと伝えると、希望に合う求人を紹介するのは厳しいと言われてしまうことも正直あります。

そんな時は、違う転職エージェントを利用してみて下さい。

ある転職エージェントは紹介することが厳しいと言われても、他の転職エージェントでは何社か紹介してもらうことができるというのはよくあることだし、そうすることで転職が上手くいったという人も何人もいます。

転職エージェントごとで扱っている求人は異なります。また担当者の質も異なります。

だめならだめと割り切って、違うところに変えてみてください。

転職サイトを使って自分で求人を探して見る

転職サイトを使い自分で求人を探してみるというのも一つの手段です。

もし目ぼしい求人があれば、ここを受けたいと言うことができます。また見つからなければ、今の自分が設定している条件では本当に厳しくて転職エージェントが言っていることもあながち間違いではないということにも気づけます。

転職エージェントのせいにするばかりではなく、自主的に調べて確認するということも行うことが大切です。

最後に

転職エージェントは転職活動を行う上で様々なサポートをしてくれる上、転職サイト等には掲載されていない非公開求人を紹介してくれるので非常に有用です。

ただ中にはあまり使えないと感じてしまう転職エージェントがあるのも事実。

そういった場合は違うところを使うなりして、自分に合ったところを探すようにしてみて下さい。