転職エージェントを利用しても派遣ばかり紹介されてしまう理由や対処法

転職エージェントを利用する多くの人は「正社員」として働ける仕事を探していることでしょう。

しかし、転職エージェントを利用する人によっては一般的な正社員の仕事ではなく、派遣ばかりを紹介されてしまう人もいます。

そこで今回は、なぜ希望の正社員の求人を紹介してもらえないか、どうすれば紹介してもらえるかを解説していきます。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

転職エージェントでも派遣を扱っている

転職エージェントでも派遣を扱っている

転職エージェントを利用した際に紹介してもらえる求人は、正社員の求人ばかりではありません。

派遣社員の求人を紹介されることも珍しいことではないのです。

はじめに、転職エージェントが扱う求人の種類にはどんなものがあるのか確認していきましょう。

転職エージェントが扱っている求人の種類

転職エージェントが扱っている求人の種類には以下のものがあります。

  • 一般的な正社員
  • 契約社員
  • 正社員として派遣会社で働く常用型派遣

最も多いのは一般的な正社員の求人です。

契約社員の求人もありますが、正社員に比べると多くはありません。

そして転職エージェントは「常用型派遣」も扱っています。

この常用型派遣は、派遣会社に正社員として雇用され、さまざまな会社へと派遣されて働くものです。

多くの人がイメージする派遣は契約期間が決まっている有期雇用の登録型派遣ですが、常用型派遣はあくまで正社員であり有期雇用ではなく無期雇用となります。

登録型派遣のように登録した人に仕事を紹介するのではなく、派遣会社の正社員として雇用され派遣先企業で働くことが特徴です。

求人票を見る限り募集の仕方に大きな違いはないので、登録型派遣との違いはパッとみてもわかりませんが、求人内容を良く確認すれば常用型か登録型かを見極められます。

転職エージェントで派遣ばかり紹介される理由

転職エージェントで派遣ばかり紹介される理由

正社員を希望していても、派遣ばかりを紹介されてしまうのはいくつか理由があります。

派遣ばかり紹介されてしまう方は、自分に当てはまるものがないか振り返ってみてください。

希望条件を絞りすぎている

希望条件を絞れば絞るほど、選択肢はどうしても狭くなります。

たとえば、職種に加え、地域や年間休日数といったものまで絞ると、場合によっては条件に合う求人が常用型派遣のものばかりになってしまうこともあります。

特に求人自体が少ない職種や地域だと、常用型派遣に偏るケースも出てくるでしょう。

転職エージェントが保有する求人にも限りはあります。

自分の希望どおりの求人ばかりがあるわけではないことも頭に入れておいてください。

これらのことから、希望条件は絞りすぎないように気をつけて、1番重要な条件を明確にしていきましょう。

職種経験がない

中途採用では職種の経験がかなり重要視されます。

もちろん未経験可の求人もありますが、職種によってはかなり少なくなってしまいます。

ただ常用型派遣であれば未経験でも可能です。

そうなると転職エージェントとしても、希望の職種に合わせて常用型派遣の仕事をメインに紹介するケースも出てきます。

エージェント任せにしすぎている

転職エージェントは、あなたの希望を聞いた上で求人紹介などのサポートをする立場なので、特に企業紹介などはある程度お任せしても問題はありません。

しかし、転職するのはあなたなので主体性を持って自分から行動したり意見を言ったりすることも重要なポイントです。

わかりやすく言えば、あなたの転職成功のためにエージェントと二人三脚で進める必要があるのです。

それを任せっきりにしたのでは、どこかですれ違いが発生してもおかしくないでしょう。

また、常用型派遣でも正社員は正社員です。

あなたは派遣だと思うかもしれませんが、雇用形態は正社員なのです。

もし、あなたが正社員としか希望を伝えていなければ、常用型派遣を紹介されることもあるでしょう。

そのため希望条件などはしっかり伝え、エージェントに協力してもらいながら転職する、このことをしっかり理解しておいてください。

エージェントと強力なタッグを組むことができれば、あなたの希望に合った企業に転職できる可能性は高まるでしょう。

派遣ばかり紹介されてしまった時の対処法

もし派遣ばかり紹介されてしまったら?

ではもし、あなたが転職エージェントを利用した際に派遣ばかり紹介されてしまったら、どういった対応をすれば良いでしょうか。

即決せず、持ち帰って考える

エージェントから求人を紹介されたとき、その場ですぐに決断する必要はありません。

どんなにあなたにおすすめだと言われても、あなたにとっては気になる部分や不安を感じる求人もあるでしょう。

転職は、人生も生活も変わるイベントのため、心身をクールダウンさせる意味も含めて、即決しないで一旦持ち帰りよく考えてみてください。

一晩寝てあらためて考えてみると、昨日とは違った印象に見えたり、意外と自分に合っていると感じたりするものです。

エージェントから応募を急かされることはないと思いますが、迷うときは一旦家に持ち帰りましょう。

エージェントを掛け持ちする

常用型派遣は希望しないと伝えると、希望に合う求人を紹介するのは厳しいと言われてしまう可能性はあります。

そんな時は、違う転職エージェントを利用して掛け持ちしてみて下さい。

ある転職エージェントには紹介することが厳しいと言われても、他の転職エージェントでは正社員の求人を何社か紹介してもらえるのはよくあることです。

掛け持ちする際のポイントとして、あえて掛け持ちしていることを伝えるのも良いでしょう。

エージェント側としても、1人でも多くの求職者を転職させたいので、ライバルに負けないよう尽力してくれる可能性がでてきます。

転職エージェントを正しく利用すれば派遣の求人は避けられる

最後に

転職エージェントは転職活動を行う上で様々なサポートをしてくれる上、転職サイト等には掲載されていない非公開求人を紹介してくれるので非常に有用な存在です。

ただ、中には派遣ばかり紹介してくるところがあるのも事実です。

あなたが希望条件をしっかり伝え、正社員になりたいことを伝えたとしても派遣ばかり紹介してくる場合、エージェントを正しく使えていない可能性があるでしょう。

エージェントに求人紹介を任せっきりにしていないか、自分の希望条件は担当エージェントに伝わっているか、一度振り返ってみてください。

それでもあなたに問題がない場合は、転職エージェントの掛け持ちを実践してみましょう。

転職エージェントのほとんどは、掛け持ち可能です。

どのエージェントも、ライバルに顧客を取られたくないので掛け持ちしていることを伝えれば、これまで以上にあなたに寄り添った求人を紹介してくれる可能性が高まります。

また、履歴書作成の添削や面接練習、各種日程調整などのサポートを行ってくれるほか、使用料は無料なのでいくつ掛け持ちしても問題ありません。

1ヵ所のエージェントで派遣ばかり紹介される方は、複数のエージェントをかけもちして、自分に合う求人を紹介してもらいましょう。