転職サイトでの掲載が終了した求人への応募方法や、採用される可能性

転職サイトの求人情報欄に掲載されている掲載期間はあくまで目安であり、十分な応募人数が得られた場合はそれよりも早く、しかも突然掲載が終了してしまう場合も実は少なくありません。

その為、目ぼしい求人を見つけたものの、いざ応募しようと思ったら掲載が終了してしまっていたなんて経験がある人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、掲載が終了してしまった求人への応募方法や、採用の可能性はあるのかという点を紹介していきます。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

転職サイトでの掲載が終了していても採用される可能性はゼロではない

転職サイトの掲載が終了したからと言って、必ずしもその企業での採用活動が終了してしまったわけではありません。

もちろん、掲載されている時に比べると既に終わってしまっていて応募のチャンスすら与えられないという可能性も大いにあり、諦めなければいけないこともでてくるでしょう。

しかし、以下のような理由で実はまだチャンスがある場合も実は少なくはないのです。

掲載期間が終了しただけで人員確保はできていない場合がある

転職サイトの掲載期間は2週間、4週間などあらかじめ決まっています。

その掲載期限が過ぎてしまうと、たとえ思ったように人が集まらず採用できていなかったとしても当然掲載は終了。

企業によっては掲載を延長する場合もありますが、転職サイトへの掲載は決して安いものではない為、費用対効果を考えて延長はせず、他サイトに掲載するなど違う手段を使う場合も多いです。

ですから、もし最大限の掲載期限を過ぎての掲載終了ならば、採用活動が終わっていない可能性は十分にあると言って良いでしょう。

内定後に辞退者が出て枠が余っている可能性もある

十分に応募が集まり、掲載期限前に終了した場合でも可能性はゼロではありません。

その大きな理由が内定を出した後、しばらく経ってから辞退者がでたことによって採用枠が余るという可能性があるからです。

私自身、採用担当をしていた際に予定採用人数に内定を出し、入社直前まで行ったところで辞退。すでに転職サイトでの掲載も終了していたという経験がありました。

中小企業の場合、辞退者がでると見込んで採用予定人数を超えて内定を出すことはできません。全員が入社する可能性も大いにあり、そうなると人が余ってしまうリスクがある為です。

再掲載にはお金がかかるから、企業にとっても実はありがたい

内定辞退、応募者不足等により採用予定人数に達しなかった場合、それでも採用が必須の企業は再掲載して再度採用活動を行う必要がでてきます。

しかし、転職サイトへの掲載はそれなりに高い為、できればしたくはないことです。

そんな時、問い合わせから「応募できませんか」と来るのは非常にありがたいことだったりします。

もちろん既に採用を終了している会社にとっては、問い合わせへの対応という手間があるので迷惑がられてしまう場合はありますが、すぐに諦めずにやってみる価値は十分にあると言えるでしょう。

掲載が終了した求人への応募方法、まずはすぐ問い合わせ

ここからは、実際に掲載が終了してしまった求人への応募方法を紹介していきます。

最初はメールにて応募できないかを連絡

いきなり電話から問い合わせるのは基本的にNG。

電話は相手の時間を取ることにもなるし、担当者が不在で何度か電話をかける必要がでてくる可能性があるので、まずはメールで連絡するようにしましょう。

応募したい会社のホームページにはたいてい問い合わせ欄があるか、メールアドレスが記載されています。

タイトルに「応募について」と明記し、今からでも応募できないかを問い合わせてみて下さい。

問い合わせ欄がない、返信がない場合は電話で確認

ホームページに問い合わせ欄やメールアドレスの記載がなかったり、メールで送ってみたものの1週間たっても返信がない場合は電話で確認してみましょう。

採用担当者につないでもらい、これからの応募ができないかを問い合わせてみて下さい。

電話での話し方には要注意

電話で問い合わせする際は、話す内容や話し方に十分注意してください。

電話で悪い印象を与えると、実はまだ採用活動を行っていても応募を拒否られる可能性があります。

私自身、以前採用担当をしていた際に以下のような人も多かったです。

  • 自分の名前を名乗らない
  • だらだら話し、こちらから聞かないと何がしたいかわからない
  • もごもご話し、何を言っているか聞き取れない
  • なぜ応募したいのかを聞いても答えられない

これでは、ただ悪印象を与えるだけでたとえ可能性があっても良い結果には繋がりません。

基本的には早め、早めの応募が大切。掲載期間はあくまで目安。

今回紹介したように、たとえ転職サイトでの掲載が終了した求人でも、応募できる可能性はゼロではありません。

しかし、あくまでそれは最終手段だと言うことに注意してください。

基本的には早め早めに応募するように心がけてください。

載っている掲載期間はあくまで目安。好条件の求人や未経験可の求人は人気があり、その期間よりも早く掲載を取りやめてしまう場合も多々あります。

仕事をしながらの転職活動は時間がなくて大変ですが、ここは将来のために頑張ってみて下さい。

また、一人で進めていくのが不安だという方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

利用料は一切かかりませんので、ぜひ一度登録してみてはいかがでしょうか。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)