職場によくいる偉そうな人や態度がでかい人の特徴や付き合い方

あなたの職場にも偉そうな人、態度がでかい人っていませんか?

大体どの職場にも、否定しかしない人や上から目線の人っていますよね。

明らかに相手に問題があるのに、こちらが気を遣って精神をすり減らすなんて我慢できないと考える方は多いでしょう。

では、こういった人はなぜそういう態度をとるのでしょうか。

今回は職場の偉そうな人、態度がでかい人の特徴や付き合い方を紹介します。

関連記事

 

求人が増加する今動こう!

新年度を控え人材を補強したい企業が増えるため、転職活動を進めるなら求人が増加する今がチャンスです。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

公式

doda
【転職者満足度No,1】
・IT・営業・企画系求人に強い

公式

 

職場の偉そうな人、態度がでかい人の心理とは?

職場の偉そうな人、態度がでかい人の心理とは? 

実は偉そうな人や態度がでかい人というのは、心の中で正反対のことを考えている場合も少なくありません。

例えば、一見すると自信過剰のように思えて、心の中は劣等感の塊というケースがあります。

他にも、他人をコントロールするすべを知らず、感情任せに人を支配しようとする人もいます。

全て勝ち負けでしか考えられない人も、周りからすると「偉そう」「態度がでかい」と見えます。

本項目では、職場で偉そうな人や態度がでかい人の心理について詳しく解説します。

自分に自信がないゆえの防御反応的なもの

自分に自信がなさすぎる人も、偉そうな態度をとったり態度がでかくなったりします。

自信がないからこそ、「弱みを見せたくない」「馬鹿にされたくない」「自分を少しでもすごいと思いたい」といった心理が生まれて相手を威嚇します。

また、他人を見下せば誰でも簡単に相手より上だと認識できるので、そのような自己肯定感を高めるために偉そうな態度を取るのです。

しかし、実際は「相手を見下す=自分の方が上」ではないので、周囲は違和感を感じてしまいます。

ちなみに、このタイプは自分で自身のなさを認識しているケースは少なく、大抵の人は潜在意識の部分で劣等感や自身のなさを感じているだけです。

だからといって相手の弱さや欠点を指摘しても、的を射ているがゆえに強い怒りを買うので、下手に触れない方が良いでしょう。

怒りでコントロールしようとしている

自分が思い描く環境づくりや未来のために、偉そうな態度を取ったり嘘をついたりして相手をコントロールしようとする人がいます。

そのような人をアメリカの心理学者ジョージ・サイモン氏が「マニピュレーター(他者を操作するもの)」と定義しました。

このタイプは、何気ない会話や当たり障りのない出来事では優しく接してきます。

しかし、自分の思い描く理想などに関わってくる状況になると、急に辛辣な言葉を浴びせかけて来たり怒りをあらわにしたりするのです。

また、マニピュレーターではなく単純に人を管理する能力が足りておらず、気持ちに余裕がなくなって怒り任せになる人もいます。

このタイプの場合は「相手をコントロールしよう」といった考えはなく、思い通りにならない状況にイライラして立場の弱い人間に当たっているだけです。

コミュニケーションの基本が勝つか負けるかでしか考えられない

全ての物事を勝ち負けや損得だけで考えると、時に相手の気持ちを考えない行動に出てしまいます。

思い通りにならない相手に対して、強く叱責したり失敗を責めたりするので、その態度が偉そうに見えてしまうのです。

そして、このタイプが厄介なのは正論を言っているところです。

論理的に考えて最善の手段を選択しているので、その結果として相手を傷つけても仕方ないと考えています。

相手への思いやりなど感情論で反論しても、「こっちの方が合理的だろ」と言われてしまえば言い返すのは難しいでしょう。

自分の考えに絶対の自信を持っているタイプなので、言い争いになると非常に疲れることになります。

偉そうな人、態度がでかい人との付き合い方

偉そうな人、態度がでかい人との付き合い方

偉そうな人や態度がでかい人と付き合う際、闇雲に接するとこちらがダメージを負う羽目になります。

できるなら距離を置いて、一切の接触を避けた方が良いでしょう。

しかし、職場にそのような人がいる場合、なかなか距離をとることは難しいのが実情です。

そこでこの項目では、偉そうな人や態度がでかい人と上手に付き合っていく方法について解説します。

話し半分で聞き、あまり感情を入れないようにする

1つ目の対処法は話し半分で聞き、あまり感情を入れないようにすることです。

相手の話を真剣に聞いてしまうと、こちらが相手のペースに飲み込まれてしまいます。

あまり深入りすると、四六時中その人を思い浮かべてイライラする恐れもあります。

偉そうな人や態度がでかい人と接する際は、仕事で大切な要点だけ聞き、その他の話は聞き流すようにしてください。

間違っても、「あの人の考え方は間違っている」「こんなところがおかしい」といった考えを巡らせないようにしましょう。

あなたがイライラしてストレスが溜まるだけです。

相手を理解しようとしない

2つ目の対処法は相手を理解しようとしないことです。

偉そうな人や態度がでかい人はプライドが高く、基本的には自分が一番正しいと思っています。

そのような凝り固まった考えを持つ相手に対して、考え方を変えよう頑張っても無理な話です。

先にこちらが精神的に疲弊してしまい、最悪の場合ストレスが溜まりすぎて心身を害す恐れがあります。

無理して関わってもあなたが成長するわけではないので、相手の考えを深く理解しようとは考えないでください。

一定の距離感を取り線引きをする

3つ目の対策は一定の距離感を取り線引きをすることです。

前の項目で述べた通り感情で他者をコントロールしようとする人は、ある意味ではあなたを洗脳しようとしています。

まずは、絶対にその人の支配下に置かれないことです。

そして、自分の人生を相手のペースに合わせる必要ありませんので、一定の距離をとって線引きしてください。

仕事でどうしてもかかわる必要がある場合は、必要最低限のコミュニケーションだけにすると良いでしょう。

ポイントを押さえて自分を成長させよう

ポイントを押さえて自分を成長させよう

相手を不快にさせないコミュニケーションを取ることは社会人として基本です。

なので、偉そうな人や態度がでかい人はある意味で社会人として失格。

しかし、それをただ「あの人はダメな人」と考えてしまうのはもったいないでしょう。

その人を反面教師とすれば、あなた自身が成長できる絶好の機会です。

この項目では、偉そうな人や態度がでかい人を反面教師にして、コミュニケーションの重要性を再確認していきましょう。

コミュニケーション能力とは、相手の気持ちを考えること

そもそもコミュニケーション能力とは、「相手の気持ちを考えること」です。

実際、エン・ジャパン株式会社が実施した「コミュニケーション能力は現在の仕事に影響する」というアンケートで次のような結果が出ています。

エンジャパンが実施したコミュニケーション能力の重要性に関するアンケート
画像:エン・ジャパン9割が「コミュニケーション能力は現在の仕事に影響する」と回答。ー『エンバイト』ユーザーアンケートー」

このように、相手のコミュニケーション能力の高さを感じる瞬間の第1位に「話が分かりやすいとき」がランクインしています。

また、第4位には「気持ちを察してくれるとき」が入っており、いかに相手がどう感じるか考えて接するか重要視されているか分かります。

いまや「コミュニケーション能力=相手の気持ちを考えること」が社会人の常識となっているので、人と接する際は相手の言葉の真意を読み取ったり表情から心理を感じ取ったりするよう心掛けてください。

アンガーマネジメントは職場で役立つ

上に述べたように社会人にとってコミュニケーションは重要です。

主題のような感情的になる人を反面教師にしたいなら、あなたは「怒りで相手をコントロールする」のではなく「自分の怒りをコントロールして」人間関係を円滑にしてみてください。

その際役立つのがアンガーマネジメントというトレーニングです。

アンガーマネジメントとは、アメリカで開発された「生まれた怒りの感情と付き合うための心理トレーニング」

「人間は脳の機能により怒りを感じてから6秒我慢すれば感情が落ち着く」として、怒りを感じたら心の中で6秒間数えて怒りをしずめるといった訓練を行います。

元プロサッカー選手の前園真聖氏などが取り入れていると発言し注目が集まり、近年では新入社員や管理職の研修で実施する企業が増えています。

アンガーマネジメントに関する書籍やWeb情報も豊富に出回っているので、それを使ってぜひ怒りをコントロールする訓練を実施してみてください。

職場の偉そうな人、態度がでかい人から離れることは「逃げ」ではない

職場の偉そうな人、態度がでかい人から離れることは「逃げ」ではない

ここまで、職場の偉そうな人や態度がでかい人と上手に付き合う方法や反面教師にして自分自身の成長機会に変える方法について解説しました。

しかし、あまりに相手の態度が酷い場合は無理してはいけません。

なぜなら、あなたの心身が壊れてしまい取り返しのつかない事態に発展する恐れがあるからです。

また、意味もなく攻撃的な人を理解したり変えたりすることは基本的に不可能なので、一定の距離を置くのではなく転職活動を通して新しい環境を見つけることをおすすめします。

とはいっても、現時点でストレスフルなあなたは「転職活動なんかでストレスを感じたくない」と思っているでしょう。

そんなあなたにおすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職活動に関するあらゆる面からサポートしてくれる転職サービスです。

転職活動における負担軽減はもちろん、プロ目線によるアドバイスによって内定を貰える確率がグッとアップします。

では、転職エージェントを利用すればどのようなメリットが得られるのか、この項目で詳しく解説します。

時期に関係なく希望求人を紹介してくれる

転職エージェントには、時期に関係なく豊富な求人が揃っていて、中には普通の転職サイトには掲載していない非公開の求人も含まれています。

求人が豊富な理由は、転職エージェントが様々な企業と太いパイプを持っているからです。

色々な企業を信頼関係を築いているからこそ、他では出回らない優良な求人が揃っています。

もし、あなたが人間関係の良い企業を希望するなら、その条件に合った求人を紹介してくれるでしょう。

また、あなたが偉そうな人や態度がでかい人との付き合いに疲れて、今は人との付き合いを休憩したいなら、リモートワークができる企業を紹介してくれます。

書類準備・面接練習など対策

履歴書の作成や面接対策なども一人で行うと大変な作業の一つです。

しかし、転職エージェントなら応募する企業に合わせた履歴書の書き方や面接での質問内容、受け答えなどを教えてくれます。

また、書き上げた履歴書を添削してブラッシュアップしてくれたり、模擬面接を実施してくれたりもするので、内定をもらえる確率が格段にアップします。

エージェント利用は無料

これだけのサポートが受けられるのに、転職エージェントの利用料金は完全無料です。

転職活動における不安や悩みにも親身になって相談に乗ってくれるので、孤独な戦いにならずに済みます。

登録はWebから簡単に進められるので、職場に偉そうな人や態度がでかい人いて悩んでいる方は、気軽に転職エージェントに登録してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)