上手い上司への退職の伝え方、どうせなら円満退職しよう

退職する場合、どうせなら円満退職がいいですよね。

結局は退職して赤の他人になるのだから、気にしないと考えられるのであれば、それはそれでいいですが、

意外にもその会社で築いた人間関係は、思わぬところで役に立つこともあるので、できるのであれば円満退職したほうがいです。

円満退職に向けて大切なことの一つが、上司に退職を上手く伝えることです。

今回は、上司への退職の伝え方を紹介します。

関連:転職活動を会社を辞めてから行う時に注意しなくてはいけないこと

関連:退職挨拶で気を付けたいマナー。スピーチ・メール・挨拶回り

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

上司への退職の伝え方とは

退職の伝え方によって、スムーズに退職できるか、反感を買いながら退職することになるか変わっていきます。

退職の伝え方で大切なこと

退職の伝え方として大切なこと紹介します。

早めに退職の意思を伝える

法的には、退職する日の2週間前に伝えれば、退職することが可能です。

しかし、2週間だけでは引き継ぎなどを実施する上で不十分であることが多いです。

繁忙期を超えるタイミング、引き継ぎがしっかりやれるまでの期間、今の仕事が片付く期間を考慮した上で、余裕をもって退職を伝えることが大事です。

次の転職先が決まっている場合、入社日を指定される場合もありますが、延ばしてもらうことも必要になります。相談してみるといいです。

まずは直属の上司に告げる

退職の伝え方として、伝える際の順番は必ず守るようにしましょう。

必ず直属の上司に最初に言うようにしましょう。

同僚に告げたことから、ことづてで上司の耳に入ってしまうなんてことや、上司をとばして、さらに上の上司に行ったり、人事に直接言ってはいけません。

退職理由では会社の悪口を避ける

退職の伝え方として気をつけたいのが、なぜ辞めたいのかという退職理由。

年収が低い、仕事のやりがいがないといった会社への不満や、人間関係が上手くいかないなどといったことで退職することも多いです。

しかし、こういった不満を、退職理由として会社に伝えるのは辞めておきましょう。

退職を伝えられる側の上司は、今後もその会社で働いていく人ですから、会社に対する悪口にいい思いはしません。

退職理由は前向きなものにするか、もしくは一身上の都合として濁す方がいいです。

退職を伝える際の注意点

退職の伝え方として、いざ直接伝える際の注意点を紹介します。

まず、直属の上司を会議室など、周囲に話を聞かれない場所に呼ぶ必要があります。

その際、時間帯には注意しましょう。忙しい時間帯には避けたほうがいいでしょう。

時間帯は上司がどんな人かにもよります。

残業時間の方が、人も少なくいいという人もいますが、残業時間に余計な仕事を増やされたくないという人もいます。

そこは、自分自身で上司がどんな人かを見極めた上で判断しましょう。

会議室等に来てもらった後は、退職の意思を伝えます。その際に気をつけるのは、退職の意志の強さを示すことです。

下手すると引き止められてしまうこともありますで、一番最初の時点で意思は固いということを示すことが必要です。

感謝の意を示す

退職の伝え方として、一番重要なのは、感謝の意を示すことです。

もし、会社や上司に大きな不満があったとしても、ここまで成長することができたこと等に対して、感謝しているということを伝えましょう。

感謝されることに対して、嫌な思いをする人はいません。

退職日まではしっかり働く

退職の伝え方ではありませんが、円満退職をする上で必要なことです。

退職が決まってしまうと、退職の日までだらだら過ごしてしまうなんてこともあるかもしれませんが、それは他の人にとっては迷惑です。

退職の日までは給料をもらっているわけですからしっかり働くようにしましょう。

特に、退職することで会社に対して不利益が生じないように引き継ぎや取引先に対するフォローなどを行うといいです。

スポンサーリンク

円満退職が絶対ではない

もし、円満退職を望んでいないのであれば、上記で紹介したような退職の伝え方を実践する必要はありません。

例えば、あまりにひどいパワハラをうけているだとか、職場でいじめにあっているだとか、

そういった場合には円満退職するよりもすぐ辞めることのほうが大事です。

そんな場合は退職の伝え方をどうしようかなんてことを悩む必要はありません。

円満退職することが絶対はありません。勢いで退職してしまうことも時には必要なことです。

ただ、退職前には先を見据えて転職活動は始めておきましょう。

できれば、退職を伝える前に転職先が決まっていたほうがいいですし、円満退職なんて気にせずに辞める場合も、次のことを見据えておくことは最低限必要です。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

最後に

退職の伝え方について、今回紹介したのは一般的な話であり、会社の風土や上司の性格に応じて、臨機応変に変えていく必要があるでしょう。

ただ、あまり円満退職に固執しすぎて、退職の伝え方に悩み、なかなか辞めることができないなんてことはないようにしましょう。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク