土日休みの仕事に転職したい!土日出勤から脱出する為にすべきことは??

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

土日休みの仕事に転職したい!土日出勤から脱出する為にすべきことは??

接客業など土日は出勤、平日は休みという仕事をしている人の中で、土日休みの仕事に転職したいと考えている人は多いと思います。

出かけても空いている、市役所や銀行などにも行きやすいなど、平日休みには平日休みのメリットもあるにはありますが、世間一般と休みが違うというのはやっぱりデメリットも多いですからね。

そこで今回は土日休みの仕事に転職したいという人の為に、仕事探しの際の注意点を紹介していきます。

関連:土日休みと平日休みのメリット、デメリット。あなたはどっちがいい?

関連:週一休み、年間休日100日未満はかなりきつい。疲れがとれないと感じたら転職も考えよう。

土日出勤、平日休みは何かと大変

土日出勤の仕事はもう嫌だ、土日休みの仕事に転職したい。結婚して家族を持たれている方は特にそういう気持ちが強くなるかもしれません。

幼稚園や小学校の休みは当然土日。土日出勤のせいで子供と過ごす時間が少なくなってしまうことに不満を感じている人は多いでしょう。

また子供がいない人であっても、平日休みのせいで友達と休みが合わずになかなか遊べない、土日に行われるイベントに行けないといった不満を感じている人が多いと思います。

また平日休みの場合はシフト勤務となることから、先の予定が立てにくいなんていうことがありますよね。

ちなみに転職理由ランキングではなんと10位にランクインするほどのメジャーな理由。

平日休みにもメリットはあるとは言え、やはりデメリットの部分は多く、土日休みを望んで転職を希望している人は非常にたくさんいるんですね。

参考:転職サイトDODA転職理由ランキング

土日休みの仕事に転職したい時の仕事選びの注意点

土日休みに転職したいと思っているなら決して我慢することはありません。

自分にとって一番大切なプライベートの時間を犠牲にしていては、いつか後悔することになりますから。

プライベートが充実するからこそ仕事も充実するというもの。決してこんな理由でなんて思う必要はありません。

ただ転職する場合はいくつか注意しておかなくてはなりません。ただやみくもに転職先を決めてしまうと、実は希望を叶えることができないかもしれませんから注意が必要です。

年間休日が110日未満だと土曜日出勤があるかも

土日休みと書かれていても、実は土曜日が隔週で出勤だという場合もあります。

そこで注目したいのが年間休日。

1年間のうち土日の日数は105日。ただ年末年始など土日以外の固まった休みがある場合が少なくないので、少なくとも110日以上なければ土曜日出勤がある可能性があると考えたほうがいいです。

理想は年間休日120日以上。土日に加えて祝日も休みだとすると合わせて117日。120日あれば土日祝はほぼ休みだと考えられます。

ただ年間休日に関して求人票で嘘を書いているようなブラック企業もあるので、会社についてよく調べることも大切です。

また入社前には労働条件通知書などで自身の労働条件をしっかり確認するようにして下さい。

参考:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

参考:年間休日数120日以上と書いてあったのに嘘だった!こんな嘘に要注意!

週休二日制ではなく完全週休二日制

求人票では、年間休日数ではなくて週休二日制、完全週休二日制と書かれている場合があります。

ここで注意しなくてはならないのが、週休二日制の場合は土日どちらも休みとはならないという点。

1ヶ月のうち、1週でも2日休みの週があると週休二日制となるので、毎週土日休みとはなりません。

多いのは日曜日は毎週休みだけど土曜日は隔週で休みというパターンですね。

一方で完全週休二日制であれば、毎週二日休みということなので加えて土日休みと書かれていれば確実でしょう。

ただ祝日が全て休みとなる場合、祝日の一部が休みとなる場合、祝日は一切休みにならない場合、全てが完全週休二日制となるので入社前には年間休日数を確認するようにしなくてはなりません。

休日出勤、振替出勤、接待に要注意

会社休日としてして土日が完全に休みとなる場合でも安心はできません。

土日が休みでも部署によっては休日出勤や振替出勤が多くて土日は結局休みではなくなってしまうパターンがあります。

実際、休日のうち半分以上が振替出勤となっている人もいますし、休日出勤が多すぎて休み自体がかなり少なくなってしまっている人もいます。

また営業の場合は接待で土日も休みなしになってしまうなんて場合もあるので注意が必要。行きたくもないゴルフに行かなくてはならなかったり、泊りで接待旅行に行かなくてはならないという場合もあるみたいです。

土日休みの転職を実現する為に

現在土日休みの仕事をしている人はおよそ8割、逆に平日休みの仕事をしている人はおよそ2割となっていて、土日休みの仕事のほうが圧倒的に多いわけですから正しい転職活動をすればきっと実現できるはずです。

ただ本当に希望通りの会社かどうかというのは中々見極めにくい部分もあります。そこをより正確に、そして容易にする為に転職エージェントは活用しておいた方がいいですね。

完全に土日休みであることを条件にすれば、その条件にあった仕事を紹介してくれますし、転職エージェント自体が事前に調査した上で求人を扱っているので休日数が信頼できますから。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ