大企業から大企業に転職する場合に注意しておくべきポイント。大企業出身者なら楽に転職できる?

就職市場において学生から非常に人気がある大企業ですが、当然辞める人もいます。

そのうち何割かはベンチャー企業や中小企業へ転職していしますが、やはり転職先として多いのは大企業。

大企業から大企業へ転職する人が非常に多くなっています。

そこで今回は大企業から大企業への転職にスポットをあてて、その実情や注意すべき点、転職活動のやり方について紹介していきます。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

大企業から大企業への転職の実情

まずは大企業から大企業への転職の実情から紹介して行きましょう。

大企業に勤めていたことは有利になる?

大企業へ転職する際、前職が大企業であることが有利になるかということは気になる点ですよね。

これに関しては基本的に有利に働くと考えて良いです。

転職エージェントを利用した際に紹介される求人もあえて希望しなければ大企業中心になるし、書類選考で通過する確率も高くなります。

一方で中小企業出身だとそもそも大企業の求人を紹介して貰えない場合もあります。

中小企業から大企業への転職が不可能というわけではありませんが、難易度は全然違うでしょう。

大企業出身であることは有利に働く理由としては、以下の点が挙げられます。

  • 大企業での働き方ができる
  • 基礎能力が高い
  • しっかり教育されている

大企業で働く場合と中小企業やベンチャー企業では働く場合は働き方に大きく違いがあります。

大企業出身であれば、入社後に働き方に馴染めないという可能性が低くなり、会社側が望んでいる通りの能力を発揮してくれる可能性が高くなります。

そして何より大きいのが基礎能力が高いという点。

それなりの学歴があり、就職試験をクリアしたという点でそれなりに高い基礎能力を持っている場合が多いので、入社させたけど全く使えないということが少ないのです。

もちろん中小企業やベンチャー企業出身でも高い能力を持っている人はいるし、逆に大企業出身でも能力が低い人もいます。

ただそれを履歴書の時点で見極めるのは困難。だからこそとりあえず能力がある確率の高い大企業出身者を優先して通過させることになります。

面接も同様。2回か3回の面接でその本人の本当の資質、能力なんてある程度までしかわかりません。みんな色々と準備、対策をしてきているわけですしね。

そうなると結局大企業出身者を採用することになるのも当然のこと。

転職市場では前職のネームバリューがそのまま個人の信用度になり、転職活動に影響を与えることになるのです。

マッチングが合否を左右

では大企業出身であれば大企業に転職することが容易かと言うと決してそんなことはありません。

確かに有利にはなりますが、人気があり倍率も高いわけですからそんなに甘いわけではありません。

履歴書や面接に対してしっかり準備、対策を行いしっかりアピールしなければまず受からないでしょう。

いくら能力が高くても熱意がない人間をとることはありませんからね。

そして大企業での転職でかなり重要視されるのがマッチング。

かなり人気のある企業だと、かなりピンポイントで経験があるか、スキルがあるかということを見られます。

中途採用者に対する扱いは会社によって大きく異なる

転職後のことになりますが、中途採用者に対する扱いについても知っておきましょう。

転職すると出世できなくなるなんて話もありますからね。

これに関しては確かに大企業の中には新卒から入社した生え抜き社員が優遇され、中途採用者は優秀であってもある一定までしか出世することができないという会社があるのも事実です。

ただそういった会社は実は少数派。

昔はその傾向が強かったかもしれませんが、最近は終身雇用制度が崩れ、成果を重視されるようになった為か、ほとんどの会社で中途採用組でも出世しています。

少なくとも私が知っている会社では、中途採用でも最短で出世している人がいたり、部長に抜擢されたりしています。

ですから基本的にはその人次第です。

大企業から大企業への転職で注意しておくべきこと

では続いて大企業から大企業への転職で注意しておくべきことを紹介して行きます。

仕事内容が同じでも仕事のやり方は全然違う

同じような希望の会社で同じような仕事内容ができる会社に転職したとしても、これまで通り仕事をすればいいとは思わないでください。

仕事内容が同じだとしても、仕事のやり方は全く違います。たとえ同業他社に同職種に転職する場合でも全く違うと考えて下さい。

使うシステムも違えばスケジュール感も違う、手順も違うしこれまではやっていなかった仕事をすることになるだって多いでしょう。

ですから入社後は慣れるまで相当苦労するでしょう。

下手に意固地になって前の会社のやり方にこだわってしまうと周りから嫌われる原因になるので注意してください。

会社が違えば常識も違う

違うのは仕事のやり方だけではありません。

普段の生活においても、会社のルールが違えば、常識も違います。

あなたが以前の会社で当たり前だと思っていたことが全く行われていなかったり、逆に前の会社では全くなかったことが当たり前となっていることもあります。

転職後はとにかく柔軟さが必要。

郷に入っては郷に従えの精神を持つように心がけなければなりません。

中途採用者にも異動は訪れる可能性はある

大企業である以上、中途採用者にだっていずれは異動することになるかもしれないということは頭に入れておきましょう。

特定の職種で採用試験が行われ、特定のスキルを望まれて転職したとしても、総合職なら採用時の契約は職種制限なし。

会社から指示されればそれに従わなくてはなりません。

これがしたい!と思って転職したのに2、3年後にすぐ全く違う仕事に異動することになる可能性もあれば、海外転勤を命じられる可能性があります。

現在大企業にいる時点で異動、転勤に対する耐性はついているかもしれませんが、また大企業に転職する以上はありうることだということは受け入れておきましょう。

最初のボーナスは満額貰えない

大企業だとボーナスはそれなりに大きな金額となりますよね。

一部上場企業に限定すると平均でも70万円以上、上位なら100万円を超える企業だって少なくありません。

ただ転職すると最初のボーナスは満額貰えない場合がほとんど。

ボーナスを満額貰う為には査定期間の間全て勤めていることが条件。

例えば6~7月の夏ボーナスだと昨年度の10月から3月が査定期間となっている場合が多く、転職した場合だとこの査定期間全てに勤めていることはできません。

1月入社なら査定期間の半分、4月入社なら査定期間の在籍期間はゼロです。

その為、最初のボーナスは大幅に減額されるか、気持ち程度の寸志しか貰えない場合がほとんど。

満額貰えるのは2回目以降となることを覚えておいてください。

大企業への転職を成功させる為のポイント

では最後に大企業への転職を成功させる為のポイントを紹介していきます。

非公開求人に応募する

大企業の求人はほとんど非公開求人となっている為、ハローワークはもちろん転職サイトで検索してもでてきません。

転職サイトを見てみてもあまり良い求人が見つからず転職を諦めてしまう人もいるんですが、それは大きな間違い。良い求人ほど公開される可能性が低くなる為、それだけで判断は絶対にしてはいけないのです。

ではどうすれば非公開求人に応募することができるのでしょうか。その方法は以下の2点。

  • 転職エージェントから求人を紹介して貰う
  • 転職サイトのスカウト機能でオファーを受ける

転職エージェントを利用すると、その会社が抱えている求人の非公開求人のうち、その人に希望にあった求人を、企業が望んでいる人材にあっていることを条件に紹介して貰えます。

転職サイトではスカウト機能を使うことで、企業からオファーを貰うことができます。そのオファーを貰ってようやく応募の権利が生まれるのです。

オファーを貰う為にはしっかりレジュメを書いておかなくてはなりません。

転職エージェントからのサポートはマスト

大企業出身だとしても大企業への転職は決して簡単なものではありません。

しっかりアピールしなくてはならないし、マッチングしているかも見極めなくてはいけません。

だからこそ転職エージェントからのサポートはマスト。

面接等の対策を行ってもらえるし、転職エージェントは企業側からの情報を貰っているのでマッチングの観点でも有利になります。

まあ何より先ほど述べたように非公開求人に応募する為には利用が必要なので、転職を考えているならまずは登録しましょう。

情報収集は怠らずに行う

知名度の高い大企業に関する情報はかなり情報収集がしやすいです。

四季報、口コミサイト、SNSなどを使ってできる限りの情報収集を行うようにしましょう。

わからないことがあればあるほど、転職後に後悔することになります。

情報が多ければ多いほど、転職するかどうかの判断基準になります。

まさに成功か失敗かのカギを握っているので、絶対に手を抜かないようにしてください。

おすすめ転職支援サービス

最後におすすめの転職支援サービスを紹介します。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

関連記事