年収250万の月の手取りは16万程度。転職して年収アップを目指そう。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

年収250万の月の手取りは16万程度。転職して年収アップを目指そう。

毎月20万円ちょっとの給料でボーナスは全くなしだと年収は250万円程度しかありません。

これくらいの収入だと正直言って生活は厳しく、贅沢はほぼできない、貯金もなかなか貯めることができていないという人が多いのではないでしょうか。

今回は年収250万円の実態を詳しく紹介していきます。あらためて自分がどういった状況にあるかを確認する為にも読んでみてください。

関連記事

 

年収250万円の実態

年収250万円というのは、世間一般的に見るとどういった位置にいるのでしょうか。

手取りや平均年収との差を見て行きましょう。

手取りはボーナス無し時で16万円程度

年収250万円ならボーナス無しだと月給20万から21万円。

そこから健康保険料や厚生年金といった社会保険料、所得税や住民税などの税金が引かれる為、手取りとしては16万円程度になってしまいます。

家賃5万円、光熱費1万円、食費3万円、携帯などで1万円で合計10万円。残り6万円。

他に娯楽費もあれば、結婚式など突発的にかかるお金もあるでしょう。

人によっては奨学金の返済であったり、自動車関係の支払いがある人もいるでしょうから、金銭面での余裕はないのが現実。なかなか厳しいですよね。

なおもしボーナスが夏と冬1ヶ月分ずつある人は月給17万~18万円程度。社会保険料や税金を引かれて手取りは14万円程度になるでしょう。

平均年収をかなり下回る

国税庁の「民間給与実態統計調査」の調査によると、日本の労働者の平均年収は422万円。

年収250万円というのは平均から大きくした回る値です。

ちなみにこれは正社員だけではなく派遣社員や契約社員、さらにはフルタイムではないパートタイマーやアルバイトといった人達も含まれています。

正社員に限って言えば、平均年収は487万円。年収250万円というのは平均のおよそ半分程度ということです。

ちなみに年収300万円以下の人の割合は39.6%。ただこの中にはパート等で扶養内(103万円以下)で働いている人なども含まれていて、フルタイムの人に限定すればたくさんいるわけではありません。

20代前半の平均年収程度だけど・・・

平均年収は年齢が上がるにつれて高くなります。

国税庁の「民間給与実態統計調査」の調査によると、50代前半は500万円をこえますが、20代前半だと258万円です。

すなわち年収250万円は20代前半なら平均程度ということになりますね。

ただこの平均年収の中にはアルバイトの人も含まれている為、低くでています。

正社員のみで考えるなら、大卒の初任給は20万円程度、ボーナスが夏と冬で2ヶ月分しかなかったとしても280万。残業なども考えれば年収300万円程度が一般的といったところでしょう。

20代後半以降の人は積極的に年収アップを目指すべき

このように、年収250万円というのは一般的に見てもかなり低い年収。

ちなみに「低所得者層」と言われる基準は年収300万円以下となっており、年収250万円の人も当然含まれます。

派遣社員でも時給1500円の仕事で1年間フルで働けば300万円程度。年収250万円というのはやっぱり低すぎます。

まだ社会人なりたてで収入もあまりアップしていない20代前半ならまだしも、20代後半以降で年収250万円の人は今の状況を良しとはせず、年収アップを目指すべきだと思います。

もうこのレベルでは昇給などを会社に期待していてはいけません。

もちろん将来的に上がる場合もあるでしょうが、現時点でこの年収しか与えていない会社は将来的にもたかが知れてる場合がほとんどです。

最低でも300万円、できれば350万円、400万円を目指して転職することをぜひ本格的に考えてください。

年収アップの為には転職しよう

転職すると年収が下がるなんて不安を持つ人がいるかもしれませんが、現在の年収が250万円しかないならそんな心配をする必要はありません。

年収250万円というのはかなり低い金額なので、それ以上下がるなんてことはめったにありません。

そもそも時給で考えれば1,200円から1,300円程度。東京の最低時給985円からそうたいした差はなく、アルバイトだってこのくらいの時給はあります。

それに今は多くの企業が人手不足に悩んでいます。ということは転職がしやすい状況であるということ。年収アップだってそう難しいことではないのす。

少なくともせめて求人サイトのチェック、そして何社かはとりあえずでもいいから受けてみるくらいのことをして、今の低年収の状況から抜け出す努力を始めてください。

おすすめは転職エージェント

転職活動を始めるにあたりおすすめなのが転職エージェントです。

何かと楽になるし、メリットも大きいです。

その中でもおすすめなのが以下の3つ。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントと dodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連記事

 



このページの先頭へ