基本給18万円は少ない?20代後半や30代は転職を考えるレベル、20代前半でも転職を考えた方が良いかも。

基本給18万円は、世間の平均からみると少ない金額です。

もちろん給料は新卒なのか中途なのか、未経験者なのか経験者なのか、勤続年数は何年かなのかにもよって変わります。

ただ、基本給18万円は大卒の平均初任給に比べて2万円以上少ない金額であり、20代後半や30代はもちろん、20代前半であっても平均を大きく下回っています。

関連記事

 

若さを活かして今動こう!

年内に内定者を出したい企業が多いため、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
【業界最大手で転職成功実績No.1】
・専門コンサルタントによるフルサポート
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビジョブ20's
【転職定着率93.6%】
・20代/第二新卒/既卒の転職を専門サポート
・20代対象求人2,000件以上

公式

JAIC(ジェイック)
【若手の就活支援に特化】
支援実績23,000名以上
・利用者の転職成功率81.1%

公式

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります。
20代は将来性に満ち溢れているため企業からの期待が大きく、転職市場での需要も非常に高いです。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望に沿ったベストな会社に出会えるでしょう。

基本給18万円って少ないの?

基本給18万円って少ないの?

基本給18万円って世間一般から見ると、どの程度なのでしょうか。

まずは平均との比較をしてみましょう。

基本給18万は大卒の初任給以下

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)」によると、学歴別の初任給は以下の通りです。

  • 大学院修士卒:23万8,900円
  • 大学卒:21万200円
  • 高専・短大卒:18万3,900円
  • 高校卒:16万7,400円

これらの数値は、住宅手当などの各種手当が含まれた金額(残業代や通勤手当は含まれていない)なので一概には比較できないものの、手当がなければ基本給18万円は大卒の初任給以下という結果です。

もし、あなたが社会人として何年も働いている20代後半や30代なら、基本給18万円は少ないと言わざるを得ないでしょう。

20代・30代の平均月収と比較してみよう

年齢別の平均月収とも比較してみましょう。

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、正社員として働いている人の残業代を除いた1ヶ月あたりの所定内給与額は年齢別に以下の通りです。

  • 20~24歳:21万6,600円
  • 25~29歳:25万900円
  • 30~34歳:28万3,700円
  • 35~39歳:31万5,900円

正社員の場合、平均月収は年齢が高くなるほどに上がっていきます。

そして基本給18万円で手当もなかった場合、20代後半だとマイナス7万円以上、30代前半だとマイナス10万円以上です。

20代・30代の平均年収と比較してみよう

年齢別の平均年収と比較するとどうでしょうか。

ボーナスを含んだ基本給18万の年収

まずは基本給18万円とした場合の年収を見ていきましょう。

残業が月20時間、年間40時間あったとしておおよそを計算してみると、年間ボーナスごとに以下の通りになります。

  • ボーナスなし:249万円
  • ボーナス1ヶ月:267万円
  • ボーナス2ヶ月:285万円
  • ボーナス3ヶ月:303万円
  • ボーナス4ヶ月:321万円
  • ボーナス5ヶ月:339万円

20代・30代の平均年収との比較

続いて、年齢別の平均年収を見てみましょう。

国税庁の「民間給与実態統計令和2年分調査結果」によると、年齢別の平均年収は以下の通りになっています(正社員だけではなく、派遣社員や契約社員、パートなどの短時間労働者も含んだ値)。

  • 20~24歳:260万円
  • 25~29歳:362万円
  • 30~34歳:400万円
  • 35~39歳:437万円

つまり、基本給18万円は残業代を考慮し、ボーナス5ヶ月分が出たとしても20代後半の平均年収以下というわけです。

しかも、年齢別の平均年収のデータは派遣社員や契約社員、さらにはパートなども含めた金額で正社員に限定するともっと多くなります。

平均と比較するとやはり低いというのが現実です。

おすすめの2サービス 公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

基本給18万円の残業代はいくらになる?

基本給18万円の残業代はいくらになる?

ここで一度基本給18万円の場合の残業代についてみていきましょう。

残業代は以下の計算式で求められます。

残業代=基準内賃金÷(1日あたりの所定労働時間×1ヶ月あたりの稼働日数)×割増率

ここでは、1日あたりの所定労働時間8時間、1ヶ月あたりの稼働日数21日として計算しています。

残業時間 残業代 給料総額
10時間 13,392円 193,392円
20時間 26,785円 206,785円
30時間 40,178円 220,178円
40時間 53,571円 233,571円
50時間 66,964円 246,964円

残業を20時間こなして、ようやく総支給額が20万円を超えます。

ただ、20代後半の平均値である28万円には残業を50時間しても届きません。

ちなみに基本給が多ければ多いほど、時間当たりの残業代は増えます。

もし基本給が30万円の場合に残業代を計算すると以下の通りになります。

残業時間 残業代 給料総額
10時間 22,321円 322,321円
20時間 44,642円 344,642円
30時間 66,964円 366,964円
40時間 89,285円 389,285円
50時間 111,607円 411,607円

同じ時間残業しても、残業代は大きく違うのがわかります。

このように、基本給の差は残業代にも、さらにはボーナスや退職金にも影響がでてくるのです。

基本給18万円の手取り、残業代がないとかなり苦しいかも

基本給18万円の手取り、残業代がないとかなり苦しいかも

基本給が18万円の場合、おおよその手取りは平均残業時間別に以下の通りになります(扶養等によって手取りは異なるのであくまで参考値です)。

残業時間 給料総額 手取り
0時間 180,000円 151,000円
10時間 193,392円 162,000円
20時間 206,785円 174,000円
30時間 220,178円 184,000円
40時間 233,571円 194,000円
50時間 246,964円 207,000円

※住民税は考慮していませんので、前年に収入があった場合はさらに住民税が控除され手取りが減ります。

基本給が18万円の人が手取りで20万円貰う為には、残業を50時間しなければいけません。

もし残業を一切しない場合だと手取りは15万円ほどです。

それぞれの生活形態にもよるものの、今後も給料が上がっていかないとなると、かなり苦しいというのが実情ではないでしょうか。

基本給18万から年収アップを目指すためには

基本給18万から年収アップを目指すためには

続いては、基本給18万円から年収アップを目指す方法について解説します。

空いている時間に副業を始めてみる

副業は年収を増やせる手段として有効です。

データ入力やWEBライター、デリバリーの配達員など多くの選択肢があるので、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。

ただし、時間を削って稼ぐ仕事だと体力的な負担が増えるうえに、時給換算すると今までと変わらないといった状態に陥ります。

自身の価値を上げて本質的な収入アップを目指したいなら、現在の仕事につながる仕事やフリーランス、起業・転職につながる副業を選んで真面目に取り組みましょう。

また、会社が副業をOKにしていない場合、トラブルになるリスクがあるので注意してください。

どうしても副業を始めたいなら、副業OKの会社はたくさんあるので、無理やり始めてトラブルを招くより許可してくれる会社に転職した方が良いでしょう。

今よりも基本給の高い企業に転職する

昇給がない会社ではいつまで働いても給料は低いままです。

いくらあなたが仕事を頑張ろうとも関係ありません。

だからこそ、給料を上げたい・増やしたいと考えるなら転職するべきなのです。

年収は、業界全体の平均年収やその会社自体の平均年収に大きく左右されるので、もし今の会社に残る明確な理由がないならば年収アップを目指して転職を検討してみましょう。

年収が全てではないとしても、手元に残るお金に余裕があるだけで精神的にも余裕が出くるのは事実です。

近年は、転職を全面的にサポートしてくれる転職エージェントや、未経験・第二新卒の方向けに特化したサービスもあるので気になる方はチェックしてみましょう。

基本給18万円は20代後半・30代なら転職を考えるべきレベル、20代前半でも転職していいかも

基本給18万円は20代後半・30代なら転職を考えるべきレベル、20代前半でも転職していいかも

今回見てきたように、基本給18万円は平均と比べて少ないです。

新卒で入社したばかり、未経験の職種に転職したばかりというのであればまだしも、同じ会社で数年働いてきた20代後半や30代の人ならば転職を考えた方が良いでしょう。

これまであまり昇給していないなら、今後も昇給が難しいですから。

また、20代前半であっても転職を考えてみて良いでしょう。

紹介したように初任給は大卒なら20万円超え。

現在、入社1年目から3年目の第二新卒転職が活況で若手層が非常に転職しやすい状況となっているので、将来を考えると早めに転職した方が良い結果となるはずです。

年収アップを確実に実現するには、転職エージェントの利用がおすすめ

自分一人で転職活動を進める自信がない、もしくは年収アップできるか不安を抱えているなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、転職エージェントは転職検討先の条件を詳しく把握しているからです。

あなたが年収アップを希望するなら、それが実現可能な企業を紹介してくれます。

また、転職エージェントを利用すれば面倒な年収交渉も代わりに行ってくれるので、年収アップのハードルも一人で転職活動をするより下がります。

加えて、20代前半なら第二新卒の枠も利用できるので、現在の給与面で不満を抱いているなら早めに行動することでさらに良い条件で働ける企業に出会えるでしょう。

転職エージェントは利用料が完全無料なので、年収アップを目指している方は利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

20代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイックは、20代の方の転職支援に特化したサービスです。

20代の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

 

【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに20代の方の転職サポートに特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、より自身に向いている転職先を見つける事ができます

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)