基本給18万円は少ない?20代後半や30代は転職を考えるレベル、20代前半でも転職を考えた方が良いかも。

基本給18万円というのは、世間の平均からみるとやはり少ない金額です。

もちろん給料は新卒なのか中途なのか、未経験者なのか経験者なのか、勤続年数は何年かなのかにもよって変わります。

ただ基本給18万円というのは大卒の平均初任給に比べても2万円以上少ない金額であり、20代後半や30代はもちろん、20代前半であっても平均を大きく下回っています。

関連記事
まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

基本給18万円って少ないの?

基本給18万円って世間一般から見ると、どの程度なのでしょうか。

まずは平均との比較をしてみましょう。

大卒の初任給以下

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査結果(初任給)」によると、学歴別の初任給は以下の通りになっています。

  • 大学院修士卒・・・23万8,700円
  • 大学卒・・・20万6,700円
  • 高専・短大卒・・・18万1,400円
  • 高校卒・・・16万5,100円

これらの数値は住宅手当などの各種手当が含まれた金額(残業代や通勤手当は含まれていない)なので一概には比較できないものの、手当がなければ基本給18万円というのは大卒の初任給以下という結果になります。

もしあなたが社会人として何年も働いている20代後半や30代であるならば、基本給18万円というのは少ないと言わざるを得ないでしょう。

年齢別の平均月収と比較してみると

年齢別の平均月収とも比較してみましょう。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、正社員として働いている人の残業代を除いた1ヶ月あたりの所定内給与額は年齢別に以下の通りになっています。

  • 20~24歳・・・21万3,200円
  • 25~29歳・・・24万5,700円
  • 30~34歳・・・28万2,400円
  • 35~39歳・・・31万3,300円
  • 40~44歳・・・34万2,100円
  • 45~49歳・・・37万2,800円
  • 50~54歳・・・40万円
  • 55~59歳・・・40万200円

正社員の場合、平均月収は年齢が高くなるほどに上がっていきます。

そして基本給18万円でもし手当もなかった場合、20代後半だとマイナス6万円以上、30代前半だとマイナス10万円以上ということです。

年齢別の平均年収と比較してみると

年齢別の平均年収と比較するとどうでしょうか。

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、年齢別の平均年収は以下の通りになっています(正社員だけではなく、派遣社員や契約社員、パートなどの短時間労働者も含んだ値)。

  • 20~24歳・・・267万円
  • 25~29歳・・・370万円
  • 30~34歳・・・410万円
  • 35~39歳・・・448万円
  • 40~44歳・・・476万円
  • 45~49歳・・・502万円
  • 50~54歳・・・529万円
  • 55~59歳・・・520万円

基本給18万円とした場合、年収はどの程度になるでしょうか。

残業が月20時間、年間40時間あったとしておおよそを計算してみると、年間ボーナスごとに以下の通りになります。

  • ボーナスなし・・・249万円
  • ボーナス1ヶ月・・・267万円
  • ボーナス2ヶ月・・・285万円
  • ボーナス3ヶ月・・・303万円
  • ボーナス4ヶ月・・・321万円
  • ボーナス5ヶ月・・・339万円

残業代を考慮し、ボーナス5ヶ月分がでたとしても20代後半の平均年収以下。しかも上記のデータは派遣社員や契約社員、さらにはパートなども含めた金額で正社員に限定するともっと多くなります。

平均と比較するとやはり低いというのが現実です。

基本給18万円の残業代はどれくらいになる?

ここで一度基本給18万円の場合の残業代についてみていきましょう。

残業代は以下の計算式で求めることが可能です。

残業代=基準内賃金÷(1日あたりの所定労働時間×1ヶ月あたりの稼働日数)×割増率

ここでは、1日あたりの所定労働時間8時間、1ヶ月あたりの稼働日数21日として計算しています。

残業時間残業代給料総額
10時間13,392円193,392円
20時間26,785円206,785円
30時間40,178円220,178円
40時間53,571円233,571円
50時間66,964円246,964円

残業を20時間おこなえばようやく総支給額が20万円を超えます。

ただ20代後半の平均値である28万円には残業を50時間しても届きません。

ちなみに基本給が多ければ多いほど、時間当たりの残業代は増えます。もし基本給が30万円の場合に残業代を計算すると以下の通りになります。

残業時間残業代給料総額
10時間22,321円322,321円
20時間44,642円344,642円
30時間66,964円366,964円
40時間89,285円389,285円
50時間111,607円411,607円

同じ時間残業しても、残業代は大きく違うのがわかります。

基本給の差は、このように残業代にも、さらにはボーナスや退職金にも影響がでてくるのです。

基本給18万円の手取り、残業代がないとかなり苦しいかも

基本給が18万円の場合、おおよその手取りは平均残業時間別に以下の通りになります(扶養等によって手取りは異なるのであくまで参考値です)。

残業時間給料総額手取り
0時間180,000円151,000円
10時間193,392円162,000円
20時間206,785円174,000円
30時間220,178円184,000円
40時間233,571円194,000円
50時間246,964円207,000円

※住民税は考慮していませんので、前年に収入があった場合はさらに住民税が控除され手取りが減ります。

基本給が18万円の人が手取りで20万円貰う為には、残業を50時間しなければいけません。

もし残業を一切しない場合だと手取りは15万円ほど。それぞれの生活形態にもよりますが、今後も給料が上がっていかないとなるとかなり苦しいというのが実情ではないでしょうか。

20代後半、30代なら転職を考えるべきレベル、20代前半でも転職していいかも

今回見てきたように、基本給18万円というのは平均からみてもかなり少ないという結果です。

新卒で入社したばかり、未経験の職種に転職したばかりというのであればまだしも、同じ会社で数年働いてきた20代後半や30代の人ならば転職を考えた方が良いでしょう。

これまであまり昇給していないということは、今後も昇給が難しいということですから。

また20代前半であっても転職を考えてみて良いでしょう。紹介したように初任給は大卒なら20万円超え。

現在入社1年目から3年目の第二新卒転職が活況で若手層が非常に転職しやすい状況となっていますから、今後のことを考えると早めに転職した方が長い目で見ても良い結果となるはずです。

給料アップの為には転職を

昇給がない会社ではいつまで働いても給料は低いままです。いくらあなたが仕事を頑張ろうとも関係ありません。

だからこそ、給料を上げたい・増やしたいと考えるなら転職するべき。

今の転職市場はかなりの売り手市場となっていて、給料アップのチャンスはたくさんあります。ぜひ前向きに転職を考えてみてください。

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。ぜひ活用してみてください。

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。