基本給18万円は少ない?20代後半や30代は転職を考えるレベル、20代前半でも転職を考えた方が良いかも。

基本給18万円というのは、世間の平均からみるとやはり少ない金額です。

もちろん給料は新卒なのか中途なのか、未経験者なのか経験者なのか、勤続年数は何年かなのかにもよって変わります。

ただ基本給18万円というのは大卒の平均初任給に比べても2万円以上少ない金額であり、20代後半や30代はもちろん、20代前半であっても平均を大きく下回っています。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

12月以降から転職を始めるとボーナスをもらってから退職をする経験者が転職市場に増えてきます。
年内に採用を完了させたい企業も多くいるため、
10月~11月から転職活動を始めることで優良企業に出会える確率が上がります。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け
第二新卒の方におすすめ
・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

基本給18万円って少ないの?

基本給18万円って世間一般から見ると、どの程度なのでしょうか。

まずは平均との比較をしてみましょう。

大卒の初任給以下

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査結果(初任給)」によると、学歴別の初任給は以下の通りになっています。

  • 大学院修士卒・・・23万8,700円
  • 大学卒・・・20万6,700円
  • 高専・短大卒・・・18万1,400円
  • 高校卒・・・16万5,100円

これらの数値は住宅手当などの各種手当が含まれた金額(残業代や通勤手当は含まれていない)なので一概には比較できないものの、手当がなければ基本給18万円というのは大卒の初任給以下という結果になります。

もしあなたが社会人として何年も働いている20代後半や30代であるならば、基本給18万円というのは少ないと言わざるを得ないでしょう。

年齢別の平均月収と比較してみると

年齢別の平均月収とも比較してみましょう。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、正社員として働いている人の残業代を除いた1ヶ月あたりの所定内給与額は年齢別に以下の通りになっています。

  • 20~24歳・・・21万3,200円
  • 25~29歳・・・24万5,700円
  • 30~34歳・・・28万2,400円
  • 35~39歳・・・31万3,300円
  • 40~44歳・・・34万2,100円
  • 45~49歳・・・37万2,800円
  • 50~54歳・・・40万円
  • 55~59歳・・・40万200円

正社員の場合、平均月収は年齢が高くなるほどに上がっていきます。

そして基本給18万円でもし手当もなかった場合、20代後半だとマイナス6万円以上、30代前半だとマイナス10万円以上ということです。

年齢別の平均年収と比較してみると

年齢別の平均年収と比較するとどうでしょうか。

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、年齢別の平均年収は以下の通りになっています(正社員だけではなく、派遣社員や契約社員、パートなどの短時間労働者も含んだ値)。

  • 20~24歳・・・267万円
  • 25~29歳・・・370万円
  • 30~34歳・・・410万円
  • 35~39歳・・・448万円
  • 40~44歳・・・476万円
  • 45~49歳・・・502万円
  • 50~54歳・・・529万円
  • 55~59歳・・・520万円

基本給18万円とした場合、年収はどの程度になるでしょうか。

残業が月20時間、年間40時間あったとしておおよそを計算してみると、年間ボーナスごとに以下の通りになります。

  • ボーナスなし・・・249万円
  • ボーナス1ヶ月・・・267万円
  • ボーナス2ヶ月・・・285万円
  • ボーナス3ヶ月・・・303万円
  • ボーナス4ヶ月・・・321万円
  • ボーナス5ヶ月・・・339万円

残業代を考慮し、ボーナス5ヶ月分がでたとしても20代後半の平均年収以下。しかも上記のデータは派遣社員や契約社員、さらにはパートなども含めた金額で正社員に限定するともっと多くなります。

平均と比較するとやはり低いというのが現実です。

基本給18万円の残業代はどれくらいになる?

ここで一度基本給18万円の場合の残業代についてみていきましょう。

残業代は以下の計算式で求めることが可能です。

残業代=基準内賃金÷(1日あたりの所定労働時間×1ヶ月あたりの稼働日数)×割増率

ここでは、1日あたりの所定労働時間8時間、1ヶ月あたりの稼働日数21日として計算しています。

残業時間残業代給料総額
10時間13,392円193,392円
20時間26,785円206,785円
30時間40,178円220,178円
40時間53,571円233,571円
50時間66,964円246,964円

残業を20時間おこなえばようやく総支給額が20万円を超えます。

ただ20代後半の平均値である28万円には残業を50時間しても届きません。

ちなみに基本給が多ければ多いほど、時間当たりの残業代は増えます。もし基本給が30万円の場合に残業代を計算すると以下の通りになります。

残業時間残業代給料総額
10時間22,321円322,321円
20時間44,642円344,642円
30時間66,964円366,964円
40時間89,285円389,285円
50時間111,607円411,607円

同じ時間残業しても、残業代は大きく違うのがわかります。

基本給の差は、このように残業代にも、さらにはボーナスや退職金にも影響がでてくるのです。

基本給18万円の手取り、残業代がないとかなり苦しいかも

基本給が18万円の場合、おおよその手取りは平均残業時間別に以下の通りになります(扶養等によって手取りは異なるのであくまで参考値です)。

残業時間給料総額手取り
0時間180,000円151,000円
10時間193,392円162,000円
20時間206,785円174,000円
30時間220,178円184,000円
40時間233,571円194,000円
50時間246,964円207,000円

※住民税は考慮していませんので、前年に収入があった場合はさらに住民税が控除され手取りが減ります。

基本給が18万円の人が手取りで20万円貰う為には、残業を50時間しなければいけません。

もし残業を一切しない場合だと手取りは15万円ほど。それぞれの生活形態にもよりますが、今後も給料が上がっていかないとなるとかなり苦しいというのが実情ではないでしょうか。

20代後半、30代なら転職を考えるべきレベル、20代前半でも転職していいかも

今回見てきたように、基本給18万円というのは平均からみてもかなり少ないという結果です。

新卒で入社したばかり、未経験の職種に転職したばかりというのであればまだしも、同じ会社で数年働いてきた20代後半や30代の人ならば転職を考えた方が良いでしょう。

これまであまり昇給していないということは、今後も昇給が難しいということですから。

また20代前半であっても転職を考えてみて良いでしょう。紹介したように初任給は大卒なら20万円超え。

現在入社1年目から3年目の第二新卒転職が活況で若手層が非常に転職しやすい状況となっていますから、今後のことを考えると早めに転職した方が長い目で見ても良い結果となるはずです。

給料アップの為には転職を

昇給がない会社ではいつまで働いても給料は低いままです。いくらあなたが仕事を頑張ろうとも関係ありません。

だからこそ、給料を上げたい・増やしたいと考えるなら転職するべき。

年収は業界全体の平均年収やその会社自体の平均年収に大きく左右されるので、もし今の会社に残る明確な理由がないならば年収アップを目指して転職をするのは検討してみましょう。

年収が全てというわけではありませんが、手元に残るお金に余裕があるだけで精神的にも余裕が出くるのは事実です。

転職エージェントなどのサービスを利用すれば面倒な年収交渉も変わりに行ってくれるので、年収アップのハードルも一人で転職活動をするよりハードルが下がります。

未経験・第二新卒の方向けに特化したサービスもあるので気になる方はチェックしてみましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

※12月以降だと経験者と勝負する事になるので、彼らが動き出す前の今がチャンスです。年内目標採用人数を達成できてない企業は今採用に関する熱量が高いため、未経験の転職は10~11月が狙い目!

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)