20代、30代で手取り14万円は少ない。仕事にやりがいがあっても転職を考えてみるべき。

正社員としてフルタイムで働いているにも関わらず、手取りが14万円しかないという人のほとんどは、給料の低さに対して不満を感じているのではないでしょうか。

仕事で大切なのはお金だけではないとは言え、余裕を持った生活をし将来への蓄えもするにはある程度のお金は必要。

もし少ないと感じているならば、仕方がないと諦めてしまったりいつか給料を上げてくれると淡い期待を持つのではなく、自ら転職して給料をアップさせるということも考えてください。

関連記事
まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

手取り14万円は正直少ない

大卒新入社員の平均初任給は約20万円。社会保険料や源泉徴収税を引くと手取りは16万円から17万円程度。

高卒新入社員の平均初任給は約16万円。手取りは13万円から14万円程度。

手取り14万円というのは大卒の新入社員よりも低い金額です。

ただ上記は残業代が含まれてない為、もし残業が多少なりともあると仮定すると、高卒の新入社員よりも給料が低くなることが想定されます。

それだけでも手取り14万円というのが少ないというのがわかりますよね。

実際、20代、30代の平均から見るとかなり少ない金額であることがわかります。

平均から見ると20代でも少ない

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、20代、30代の正社員平均月収は以下の通り。

  • 20代前半・・・21万1千円
  • 20代後半・・・24万8千円
  • 30代前半・・・28万9千円
  • 30代後半・・・32万4千円

手取り14万円というと額面は17万円程度ですから、30代はもちろん20代前半から比べても低い金額。

高卒新入社員並みであることを考えるとまあ当たり前の結果ですね。

給料はもちろん業種や地域によって変わりますが、それでも相当少ない水準であることを自覚しなくてはなりません。

ただし引かれているもの次第

ただ給料のうち、社会保険料や税金以外に引かれているものが多い場合は必ずしも少ないと言えない場合があります。

手取りとは一般的に税金と社会保険料が引かれた額のことを言いますが、会社によってはさらに色々なものが引かれ、それ故にに口座に振り込まれる金額が少なくなることもあります。

例えば以下のようなもの。

  • 団体保険費(医療保険や自動車保険)
  • 財形貯蓄
  • 社宅・寮費
  • 親睦会費・旅行積立費
  • 労働組合費

これらのものだけで5万円以上引かれてしまう場合もありますが、それは悪いことだとは言えません。

財形貯蓄は単に貯蓄で結局は自分のお金だし、団体保険費や社宅・寮費などは手取りとしては減るもののその分出費も抑えられるもの。

ですから結局大切なのは手取りよりも、総支給額。

上記のもので5万円引かれていたとしたら額面としては22万円程度。20代前半なら平均よりは決して少ないわけではありません。

ボーナスがあれば大丈夫?

給料の話をする時、当然ながらボーナスのことも考えなくてはなりません。

毎月の給料が低くてもボーナスが大きければ平均年収より増えるなんてこともありますからね。

ただ月収17万円、手取り14万円の場合だとボーナスが5ヶ月分あったとしても289万円。300万円には届きません。

もし月収の中に残業代が含まれているならボーナスはさらに少なくなりますし、そこまでは貰えないという人も多いと思います。

またたとえボーナスが高くても安心してはいけません。

毎月の給料と違ってボーナスはカットされる可能性が大。

今貰えているものが将来、それどころか来年も同じように貰えるなんて保証は全くないのです。

大手ですら大幅赤字を理由にボーナスゼロとすることもありますからね。

昇給の可能性

今はたとえ給料が低いとしても、将来的にしっかり昇給してくれるのであればすぐに転職すべきだとは言い切れません。

ただ手取り14万円というのは平均から見てかなり低い給料。

そうなると考えられるのは会社に経営的な余力があまりないか、会社が社員のことを大事にしてくれないかです。

そんな会社では昇給が期待できない場合がほとんど。

大半はこの先10年働き続けたところで手取り20万円くらいになれば良いところでしょう。

手取り14万円で働くことのデメリット

生活できるかできないかという面で考えれば、なんとか生活することはできるでしょう。

贅沢せずかなり節約することが必要になりますが。

ただ、なんとか生活できるからということに安心してはいけません。

手取り14万円でこのまま働くことには以下のようなデメリットがあります。

年齢が高くなるほど格差が広がる

この先働き続ければ、幾分かは昇給するかもしれません。

手取り14万円が手取り16万円になれば、かなりありがたいですよね。

ただ周りの人はもっと昇給していて、同年代の格差は実はどんどん開いていきます。

一般的に給料が少ない人は昇給額も少ない、給料が高い人は昇給額も大きいのです。

老後の不安

年齢が高くなるにつれて不安になるのが老後のこと。

60歳で定年を迎えたとすると、年金が支給される5年間は収入ゼロ。

65歳になると年金が支給されるようになりますが、十分と言えるような金額ではありません。

当然ながら相当な額の貯金をしておかなくてはならないのですが、手取り14万円であれば日々の生活で手一杯でほとんど貯金できていない人がほとんどではないでしょうか。

ボーナスカット、残業代カットの可能性

前述したようにボーナスカットされる可能性は低くはありません。

また残業がある人は、その残業がいつまでもできると思っていてはダメ。

残業を規制され手取りがさらに減ることだって考えなくてはいけません。

ボーナスや残業代を頼ってなんとか生活している人は、突然給料が減ってお金が足りなくなるリスクを常に背負っていることになります。

とりあえず転職活動を始めよう

転職すると給料が下がるというイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、手取りが14万円しかない状況ならその心配はあまりありません。

現状の給料はかなり低い水準。転職できれば基本的には給料が上がります。

もちろん給料以外でも休日数や残業有無など重視したい部分はあると思いますが、それらを重視したとしても今より給料が上がる会社なんて山ほどあると思います。

特に今の転職市場は売り手市場ですしね。

ですからぜひすぐにでも転職活動を始めて、給料アップを実現させましょう。

まずは転職サイト、転職エージェントに登録を

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。