正社員なのに手取り13万円、年収200万円では生活は苦しい。早めに転職したほうが絶対良い。

仕事内容、働く会社によって大きく異なる給料。毎月100万円以上、年収では1000万円以上の給料を貰う人がいる一方で、手取りが13万円、年収200万円という人もいます。

難しい仕事、できる人がなかなかいない仕事であれば給料は高くなり、誰にでもできる簡単な仕事であれば給料は低くなるというのが基本的な考え方になるでしょう。

ただ、どんな仕事であっても手取り13万円、年収200万円以下というのはさすがに低すぎます。生活なんてぎりぎりで、相当苦しいのが現状でしょう。

確かに仕事をする上で大切なのは給料だけではありません。ただ、それでも最低限の給料を貰うことは必要。手取り13万円はその最低限を下回っていると考えたほうがいいです。

ですから、できるだけ早く転職することを考えましょう。

関連:給料は上がらないから辞めるのはいい判断かも。年収なんて会社次第だから転職しかない

関連:転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

スポンサーリンク

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

手取り13万円、年収200万円以下の人はどれくらいいるか

手取り13万円だとおよそ額面が15,6万円、年収だと200万円程度になる人が多いかと思います。

国税庁の民間給与実態調査によると、給与所得者の年収分布は以下の通りとなっています。

  • 100万円以下・・・8.1%、401万人
  • 100万円~200万円・・・13.7%、688万人
  • 200万円~300万円・・・15.2%、762万人
  • 300万円~400万円・・・17.2%、867万人
  • 400万円~500万円・・・14.9%、748万人
  • 500万円~600万円・・・10.2%、515万人
  • 600万円~700万円・・・6.5%、329万人
  • 700万円~800万円・・・4.4%、221万人
  • 800万円~900万円・・・2.9%、145万人
  • 900万円~1000万円・・・1.9%、93万人
  • 1000万円以上・・・5.0%、249万人

200万円以下の人も意外に多くて21.8%もいることがわかります。ただ、この中には派遣社員や契約社員、パート、アルバイトといった非正規社員も含まれていて、全員がフルタイムで働いているというわけではありません。

正社員の平均年収が504万円であるのに対し、非正規社員は179万円となっていることから、正社員で年収200万円というのはかなり少数派であることが推測されます。

そもそも手取り13万円、年収200万円ともなると時給に換算した場合には1000円をきります。年間休日数を105日、1日の労働時間を8時間とした場合、時給はたったの961円です。

東京の最低賃金は932円ですから、ほぼ最低賃金で働いているということです。アルバイトだって1000円以上貰えることは多々あります。

スポンサーリンク

さっさと転職したほうがいい

例えば、すぐに昇給することが見込まれているだとか、まだ明るい希望を持てるのであればその仕事を続けるという選択をしてもいいかもしれません。

しかし、そうでないならばとにかく早く転職することをおすすめします。

もしボーナスが多く貰えていて、月々の給料が手取り13万円しかなくても年収で見ると200万円を大きく超えているとしても注意が必要です。

毎月の給料が多少業績で変動があっても変えることはできませんが、ボーナスは簡単に減ります。ですから、何かボーナスがゼロで毎月の給料しか貰うことができないなんてこともあるのです。

手取りが13万円しかないという時点で労働者を守ろう、労働者に還元しようなんて会社は考えていないということを知ってください。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. ハタラクティブ
  3. リクルートエージェント

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

20代にはハタラクティブもおすすめです。

ここは20代が対象で若手向けの転職サービスとしては業界トップクラス。20代後半や第二新卒者はもちろん、既卒者やフリーターなど社会人経験がない人でも利用できる転職サービスです。

特に未経験者の転職に対してかなりの強み、そして実績を持っている為、仕事を変えたい・新たな仕事にチャレンジしたいという人せやはぜひ利用してみて下さい。

人によっては大手転職サービスだと利用を断られてしまうケースもあるので、敷居が低いという点も大きな魅力でしょう。

またカウンセリングや選考対策などにも強く、書類選考通過率の実績91.4%、内定率80.4%という実績があります。

私自身以前こちらに伺わせていただきましたが、かなり転職者に対して真剣に接してくれるという印象でした。実際手厚いサポートに関しての評判も良いです。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェントといったものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:手取り15万円以下の低賃金で働いている正社員はすぐに転職しよう

関連:基本給とは?月給とは?総支給額とは?給料のことしっかり理解しよう。

スポンサーリンク