私の転職体験談。私は24歳と31歳に成功と言える転職ができた。

私の転職体験談。私は24歳と31歳に成功と言える転職ができた。

これまで私は過去に2回転職活動を行い、転職しました。

一つ目は24歳の社会人3年目で新卒から入社した会社からの転職。

もう一つは31歳の社会人10年目、その会社では7年目の時でした。

転職の成功の定義は人それぞれですが、私は転職してよかったなと思えることが転職の成功だと考えています。

そして私自身が2回の転職のどちらもよかったと思うことができてるので、私の中では成功でした。

今回は、私のその転職体験談を紹介します。

スポンサーリンク

関連:転職にまつわる失敗談。これから転職しようと思っている人は要チェック!

24歳、社会人3年目で1回目の転職

私の最初の転職は新卒入社後3年目、24歳の時でした。

転職した理由

私が転職した理由は、新卒で入社した会社がいわゆるブラックであった為です。

本当に絵に描いたようなブラック企業でした。

サービス残業なんて当然で、給料は低い。パワハラに近いものもありました。

休みなんてほとんどないし、会社で寝ることもよくありました。

退職金も無く将来が不安でしょうがなかったです。

転職した理由はこのブラック企業からの脱出の為でした。

転職を決めたきっかけ

私は、どんなに辛くても3年間は働かないといけないという固定概念をもっていました。

3年働かないと転職はできない、どこも採ってくれないと聞いたことがあった為です。

本当にただそれだけで3年を目指して働き続けていました。

そんな中、ふとしたタイミングでリクナビNEXTの求人情報を見ました。

すると、意外にも3年以上働かなくても、募集している会社、むしろ社会人3年目以内の第二新卒を積極採用している会社はたくさんあったのです。

ふとしたタイミングで求人情報を見たことがたまたま見たことがきっかけと言えます。

転職活動中

転職活動が大変か大変じゃなかったというと、やはり大変でした。

元々長時間労働で時間がない中で、企業選び、履歴書、職歴書の作成をしなくてはいけませんでした。

それでも今の状況から抜け出すことができると思っていたので頑張っていました。

面接時は平日だったので、上司にかなり嫌味を言われましたが無理やり休んででも面接に行ったのを覚えています。

企業は、非公開求人の紹介もあった為、思っていた以上に選択肢はありました。

最終的には8社受けて1社受かりました。転職活動を始めてからの期間は2ヶ月でした。

転職の結果

上司に退職を伝える時は正直気持ちよかったです。

逃げるだのなんだの、かなり嫌味を言われましたが、全くなんとも思いませんでした。

転職先は、大手企業のグループ子会社でした。

サービス残業はなくはないですが、全然許せる範囲であり、土日はしっかり休むことができるし、有給もそれなりに使うことができる。

入社後の教育制度もしっかりしていて、未経験の職種だったものの、そこまでとまどうこともありませんでした。

正直、天と地の差でした。

スポンサーリンク

31歳、社会人10年目で2回目の転職

1回目の転職で良い会社に巡り合えたものの、31歳の時に2回目の転職をしました。

転職した理由、きっかけ

働いていた会社はブラック企業でもなんでもなく、しっかりとした企業でした。

最初の会社があまりにひどかった為、たいしたことで不満には思わなかったんだと思います。

しかし、周囲で正直優秀とは言えない人が転職によってさらに良い条件の会社に移っていきました。

転職のきっかけはこのことです。

これまで、ただ働き続けていたけれど、改めて会社生活について考えだしました。

年収や労働条件、仕事内容は将来像。

様々なことを考えたました。しかし考えただけでは、答えはあまりでませんでした。

そこで、転職するか決めていないものの転職活動をしてみることにしました。

転職活動中

1回目の転職に比べると、正直かなり楽でした。

転職に対して時間をとることもできたし、それなりの経験年数があった為、スキルとして認められる点も大きかったです。

リクルートエージェント という転職エージェントを使ったのも大きなメリットでした。転職に関する様々なサポートを受けることができていたので手間もかなり少なかったです。

普通の会社に勤めていれば、転職活動はそんなに大変なことではないと思います。

会社を辞めていなければリスクもほぼ皆無です。

結局は18社受けて1社受かりました。

かなり落ちたように思われますが、条件アップを目指していた為、倍率の高い企業ばかりを選んで受けていた為です。

期間としては3ヶ月でした。

転職の結果

転職するかどうか決めていなかったものの、労働条件や仕事内容を比べた結果、転職することを決めました。

転職は最初はどうしても大変です。

前の会社の経験が長ければ長いほど、前の会社が居心地がよければいいほど、より大変だと感じるでしょう。

新しい会社に移り、覚えることが大変でした。

1回目の転職は第二新卒として、未経験の職種に転職した為、周囲からもそういった目で見られていましたが、今回はキャリア採用であった為、入社後は甘えが許されない状況であった為大変でした。

しかし、やりがい、年収は良くなり、転職してよかったと思っています。

スポンサーリンク

2回目の転職を経験して感じること

2回の転職を経験して思うことは、結局動かなきゃなにも変わらないということです。

きっかけは何であれ動いてみた結果が今に繋がりました。

転職することは怖いですし、失敗したくないとも思います。転職活動自体も面倒だし、時間がない中で行うのは大変です。

それでも5年後、10年後を想像して動くしか変える方法はありません。

会社を辞めずに転職を行うことは、リスクが伴うことではありません。

あるとしたら自分の時間くらいです。

その代わりによりよい環境を手に入れることができるのであれば、やってみることを全力でおすすめします。

 

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ