契約社員でも社会保険なし、雇用保険なしの会社で働いてはいけない

契約社員でも社会保険なし、雇用保険なしの会社で働いてはいけない

契約社員として働く場合に、社会保険や雇用保険に加入することができないということがあるようです。

ただ契約社員であっても社会保険、雇用保険への加入が義務となっている場合がほとんど。

契約社員だからという理由は全く通じないのです。

関連:契約社員の仕事の探し方。優良企業を見つけるコツとは?

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

契約社員であることは社会保険、雇用保険の加入と関係ない

正社員なら社会保険や雇用保険に加入できるけれど、契約社員は社会保険に加入できない。そんな会社が稀にあります。

正社員登用前提で正社員になったら入れるから、試用期間が終わったら加入できるからなど色々と理由をつけて加入させて貰えません。

ただ社会保険や雇用保険への加入に関して、正社員なのか契約社員なのかなどの雇用形態は全く関係がないことです。

契約社員であっても、基本的には社会保険や雇用保険に加入する義務があるのです。

契約社員で社会保険、雇用保険の加入が免除される場合

社会保険や雇用保険の加入が免除となる場合は以下の場合だけ。

もしこれに当てはまらない場合だと、会社が義務を怠っていることになります。

個人事業所で従業員が5人以下の場合(社会保険)

働いているところが株式会社、有限会社などの法人事業所の場合ではなく、個人事業所でかつ常時使用される従業員が5人以下の場合は加入が免除となります。

例えば個人経営の美容室や飲食店なんかだと法人化せずに個人事業として事業を行っている場合があります。

なお農林水産業、サービス業、士業等は従業員数5人以下という縛りがなく、従業員数が何人でも加入は任意となります。

労働時間、労働日数が一般社員の4分の3以下の場合(社会保険)

正社員に対して1週間の所定労働時間が4分の3以下、1ヶ月の所定労働日数が4分の3以下である場合は社会保険に加入する必要がなくなります。

例えば週の所定労働時間が40時間であれば30時間以下の場合、1ヶ月の所定労働日数が21日の場合は15日以下であれば社会保険に加入しなくても良いということです。

パートとしてはまだしも、契約社員として働く人の大半は正社員と同様の働き方をしていると思いますから、基本的には加入することが義務となるはずです。

雇用契約が2ヶ月以内(社会保険)

最初から2ヶ月以内しか雇用がされないと決められている場合は加入保険への加入が必要なくなります。

試用期間が1ヶ月あったとしても、2ヶ月以上の雇用を前提とされている場合には加入しなくてはいけません。

週の所定労働時間が20時間以下(雇用保険)

1週間の所定労働時間が20時間以内であれば社会保険だけではなく雇用保険への加入も必要がありません。

ただパートではなく契約社員として働く場合にこれに該当する人はわずかでしょう。

雇用契約が31日未満(雇用保険)

雇用契約をした時点でその契約期間が31日未満であると決まっている場合には加入することができません。

会社が義務を守らない理由

このように一部例外はあるものの、基本的には契約社員であっても社会保険や雇用保険への加入は義務となります。

もし例外事由にあてはまらない場合は社会保険、雇用保険への加入しなければならないのです。

にも関わらず会社がその義務を怠るのは、保険料の負担をなくす為です。

社会保険の場合、社会保険料は会社が半分、労働者が半分となり、給料が20万円であれば、28000円程度を会社と社員がそれぞれが負担することになります。

従業員の場合だと社会保険に加入していなくても国民健康保険料や年金を払わなくてはいけないのですが、会社にとってみれば単なる負担増。

この負担を嫌って社会保険への加入を避ける場合が多いのです。

最近は厚生労働省、日本年金機構が社会保険加入義務を怠っている会社に対して厳しく取り締まり加入させるようになっていますが、まだ全ての会社に対してできていないのが現状です。

義務を守らない会社は辞めた方が良い

もしもこれから働こうと思っている会社では社会保険がなかったり、現在働いている会社で社会保険に加入することができていないという場合は、はっきり言って辞めておいた方が良いです。

まず良いことがありません。

義務を守ることができない会社は、それ以外にも何かしらの不都合な点があるでしょう。

また途中で国からの指導があって社会保険に加入となった場合、最大で2年間の追徴義務が発生します。

追徴されるのは会社ですが、半額分は労働者に支払う義務があるのでいきなりまとめて多額の金額の負担を会社から命じられる可能性すらあるのです。

今のように売り手市場で転職がしやすいような状況で、わざわざそんな会社で働く必要なんてありません。

正社員にだってなれる可能性はありますから、ぜひ転職活動を始めてみてください。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



このページの先頭へ