仕事量が多すぎる。その原因は?

仕事量が多すぎる。その原因は?

仕事量が多すぎる。

普段の仕事でそう感じている人も多いはず。

たいていの人は、なんとか終わらせようと、たくさん残業してなんとか乗り切っているのではないでしょうか。

では、なぜ仕事量が多いという事態に陥ってしまうのでしょうか。

今回はその原因と対策を紹介します。

関連:適切な仕事の断り方とは?仕事ができる人は断り方も上手い!

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

スポンサーリンク

仕事量が多すぎる原因

仕事量が多すぎるという理由も色々とあります。

人が足りない

単純に会社や部の人員が足りなくて、一人当たりの仕事量が多くなってしまっているというのはよくある話です。

会社としては安易に社員を増やすわけにはいかないし、増やそうにもなかなか適切な人材が見つからないといったことがあります。

会社によっては人手不足が常態化しており、常に仕事量が多い状態が続いている会社もあります。

仕事の割り振りが不適切

仕事がある人に偏ってしまい、人によって仕事量に大きな差が生まれてしまっている状態もよく見受けられます。

上司の仕事の割り振り方が不適切だとこういったことに繋がります。

特に仕事ができる人に偏ってしまいます。

仕事の仕方が悪い

仕事量が多すぎると感じる原因として、周囲ではなく、自分自身に問題があることがあります。

例えば、仕事のミス、やり直しが多くて仕事量を増やしてしまっていたり、仕事を後回しにして、後手後手になってしまったり、無駄に会議を入れすぎたりと、自分で原因を作ってしまっている場合があります。

仕事量が多いと感じたら、まずは自分の仕事量と他の人の仕事量を比較してみる必要があります。

それは、働いている時間ではなく、アウトプットで比較しなければなりません。

周囲を助けすぎてる

仕事はチームでやっているものですし、困っていたら助けなくてはなりません。

特に後輩が困っていたら助けてあげなくてはいけません。

しかし、あまり助けてあげると自分で抱えている仕事が全然進まなくなってしまします。

自分が抱えている仕事量は多くなくても、後輩の仕事の面倒まで含めると、多すぎるなんてことになってしまいます。

本来はそういう面も含めて、仕事の割り振りをされるべきですが、読めない部分も多く難しいのが現実です。

スポンサーリンク

仕事量が多すぎることは危険

仕事量が多すぎると、残業時間が増え、労働時間は長くなる一方。

その状態が続くと、最悪の場合、過労死に至ってしまう可能性もあります。

仕事の効率を上げることで、徐々に最初は多いと感じていた仕事量も、こなせるようにはなってきます。

しかし、それにも限界はあります。

あまりに仕事量が多すぎる状態が続くのであれば、上司や周囲に相談するといったことを行うようにしましょう。

もし、それでも改善しないようであればその環境から抜け出すことも考えましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:30代の転職を成功させる方法。30代は転職適齢期!

関連:過労死ラインの基準は残業80時間から100時間。過労死の原因、前兆を知って対策

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ