新入社員の平均年収や手取り、ボーナスの実態。中には500万円超えもいる?

新入社員の平均年収や手取り、ボーナスの実態。中には500万円超えもいる?

新入社員の平均年収はどれくらいあるのかご存じですか?

当然、社会人の中では低くはなりますが、そもそも比較できない面も多いです。

今回は、新入社員の年収の考え方や平均年収がどの程度じかということを紹介します。

関連:初任給の平均は?大学院卒、大卒、高卒での推移や高い初任給の罠

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:転職サイト一覧まとめやおすすめランキング

新入社員の年収の考え方

新入社員の場合、年収については以下のようになります。

4月から12月までの合計

年収を計算する場合は、1月から12月の収入の合計になります。

この期間で年収が決まり、納める税金が決定するのです。

一方、新入社員が入社するのはたいてい4月です。

その為、3ヶ月は収入がないわけですから、年収はどうしても低くなってしまいます。

ちなみに、1月から3月にアルバイト等で収入があった場合には、税制上で使う年収には合算されます。

ボーナスや残業代など全てを含む

これは新入社員であるからということは関係ありませんが、年収にはボーナスや残業代、その他諸々の支給されたものが含まれます。

基本的には基本給は変わらない

新入社員としての初任給は、基本的に12月まで変わりません。

だいたい、昇給があるのは1月もしくは4月です。

その為、年収は初任給×9か月分+ボーナスや残業代ということになります。

夏のボーナスは貰えないことが一般的

夏のボーナスは、もし会社で支給されることになっていても支給されないことが多いです。

通常夏のボーナスは10月から3月の成果に対して支払われますが、新入社員はその期間に在籍していませんから、支払われないのが一般的です。

ただし、会社によっては数万円程度の寸志を貰える場合があります。

冬のボーナスは4月から9月の成果に対して支払われる為、新入社員にも支払われます。

住民税がない為、手取りは高め

新入社員は、昨年の収入がない為、給料から住民税が引かれません。

その為、手取りとしては2年目の人よりも高くなる場合が多いです。

住民税は2年目に数千円から1万円程度かかります。

たった1年でそれを補うくらいに給料があがることはほぼないので、2年目で手取りは減ることが多いです。

新入社員の平均年収

では、学歴別に平均年収を推定していきます。

初任給の平均額9か月分に、ボーナス1,5ヵ月分、残業が月間20時間として考えみます。

高卒の場合

高卒の場合、初任給の平均は15万8千円です。

よって、9ヵ月分で142万円です。

これに、ボーナスが1.5ヵ月分として23万7千円。

残業代は、割り増しされることを考慮して毎月2万円、9ヵ月で18万円。

トータルすると、平均年収は183万7千円程度となります。

大卒の場合

高卒の場合、初任給の平均は20万4百円です。

よって、9ヵ月分で180万円です。

これに、ボーナスが1.5ヵ月分として30万6百円。

残業代は、割り増しされることを考慮して毎月2万7千円、9ヵ月で24万3千円。

トータルすると、平均年収は234万3千円程度となります。

大学院の場合

高卒の場合、初任給の平均は22万8千円です。

よって、9ヵ月分で205万円です。

これに、ボーナスが1.5ヵ月分として34万2千円。

残業代は、割り増しされることを考慮して毎月3万円、9ヵ月で27万円。

トータルすると、平均年収は266万円程度となります。

中には新入社員の年収が500万円を超える会社も!

大体の会社は、上述した年収程度の会社であることが多く、給料面で他と大きな差はつきません。

欧米では、特に大学院卒などの新卒者に対して、高額な給料を提示する場合も少なくありません。

日本では、従来の年功序列の考え方から、初任給は低いことが一般的です。

全体の平均年収が高い一部上場企業であっても、初任給は他の会社とそうは変わりません。

ただ、会社によっては平均年収とは段違いの年収を提示することもあります。

例えば、日本商業開発という不動産投資関連の会社では、初任給が50万円、年収にして500万円を超えます。

年収500万円といえば、サラリーマン全体の平均年収を超えており、新入社員でありながらそれだけ貰えるとはかなり高給であると言えます。

他にも、IT関連企業など会社ができて間もない会社では、平均以上の初任給を提示している場合が多いです。

欧米では、特に大学院卒などの新卒者に対して、高額な給料を提示する場合も少なくありません。

大切なのは年収の伸び

初任給が高く、新入社員の年収が高い会社は非常に魅力的です。

ただ、長い目で考えた場合、あまり新入社員の時の年収はそう気にするものではありません。

生涯賃金で考えた場合、そんなに影響するものではなく、大切なのはその後、どの程度年収が伸びていくかということです。

最初が高くて、昇給がほんのわずかしかない会社よりも、最初は低くても年次を重ねると給料が上がっていく会社のほうがトータルでは、得られる収入は多いです。

特に、年齢を重ねると出費は増えますから、30代、40代でどの程度貰えるのかという点に注意しましょう。

また、年収だけではなく、年間休日数や残業時間、有給取得率、離職率など、働き方に影響する面はやはり考慮しなくてはなりません。

いくら年収が高くてもめちゃくちゃな働き方をしていると、心身ともに壊してしまう可能性が高いです。

自分にとって、何を大切にすべきかはしっかり考えるようにしましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:新人、新入社員は一番仕事が辛いかも。どうすれば乗り越えられる?

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ