長く働いていれば仕事がマンネリ化するのも当然。防ぐための対策方法とは?

長く働いていれば仕事がマンネリ化するのも当然。防ぐための対策方法とは?

入社したばかりの頃はあれだけモチベーションが高かったのに、どうも最近マンネリ化してしまってやる気がでない。そんな風に感じたことはありませんか?

ただ長く働いていれば、マンネリ化するのは当然ですが、そのことに不安や焦りを持っている人も多いのではないでしょうか。

関連:仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ

関連:ストレスの少ない仕事、ストレスが多い仕事の特徴

仕事のマンネリ化、その原因は?

仕事に対してマンネリ化してしまっている人は非常に多いですが、そもそもなぜ仕事はマンネリ化してしまうのでしょうか。

同じ職場、同じ仕事、マンネリ化するのも当然

毎日同じ職場で、何年間も同じ仕事をする。マンネリ化するのは当然ですよね。

仕事に限らずに、どんなことだって新しいこともなく刺激もなければ、最初は楽しくてもいずれは飽きてしまいます。

仕事は毎日少なくとも8時間、週に5日。何年も続けばマンネリになるのも仕方のないことです。

達成感は何も感じられない

仕事を長く続けていると、仕事のやり方を覚えると、できるのが当然になってしまいます。

最初は一つの仕事が終わると達成感を感じることができたが、仕事に慣れてできて当然となってくると仕事が終わっても達成感なんて何も感じずに、またすぐに仕事に取り組んで行くことになります。

達成感を感じることができるかどうかは、仕事に対するモチベーションに大きく作用するものであり、それが感じることができなくなっていることがマンネリ化している原因であると言えます。

手を抜くことを覚えていく

仕事ができるようになってくると、無駄なものははぶき、手を抜いて仕事を終わらせるようになってしまいます。

ただ手を抜きすぎると、プラスαの仕事を全くしなくなってしまったり、自主的に仕事することもなくなったりして、やらされ感満載で仕事をすることになってしまいます。

理想が遠すぎる

自分はこうなりたい、新入社員の頃は色々と考えていませんでしたか?

しかし、長く働いていると現実を直視し、あまりにもその理想が遠すぎたことに気づいてしまいます。

その結果、目標がなくなってしまい、仕事のマンネリ化の原因となっている場合があります。

仕事のマンネリ化の対策方法は?

現状の仕事のマンネリ化をなんとかしたい!そう考えている人も多いでしょう。

どうすればマンネリ化を防ぐことができるでしょうか。対策方法を紹介します。

プラスαで出来る仕事を考える

手を抜いても仕事ができるようになることは実は素晴らしいことです。ただ、それによって生まれた時間をさぼることに使うのではなく、自発的にプラスαでできる仕事に使ってみましょう。

別に成功する確率が低いものでも構いませんし、それほど利益につながらない仕事でも構いません。

少しでもやってみたいと思った仕事があれば、とりあえずやってみればいいのです。

得意なこと、苦手なことをを棚卸する

自分についてよく考えてみることもマンネリ状態を脱出できるきっかけになります。

一度、自分の得意としていること、苦手としていることについて棚卸してみてください。

それをやると、得意なことをさらに伸ばそう、苦手なことを潰そうなど、目標をたてるきっかけになります。

そしてその目標に対して取り組むことで、自分自身の成長につながります。

キャリアアップを考える

仕事でマンネリ化を感じている人は、現在の仕事をこなす能力が十分に身についている人が多いです。

だったら、キャリアアップすることも考えてみてはいかがでしょうか。

せっかく高い能力を持っていてもそれを発揮できなかったり、成長していけない環境に居続けるのは非常にもったいのないことです。

新しいことにチャレンジすることがマンネリ化脱出のカギ

仕事のマンネリ化から脱出するカギはなんでもいいからチャレンジしてみることです。

より仕事を楽しいものになるように、自分にできるチャレンジを始めてみることが大切です。

あまりにも今の仕事に対して不安を感じているならば、転職してみるのもありです。

転職すること自体がチャレンジですし、実際に転職した人が転職して良かったこととして、チャレンジできるようになったことを挙げています。

新たな環境に行くことは勇気のいることですが、仕事をより充実したものにするには必要かもしれません。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

もし転職を少しでも考えている人はまずは登録してみてみてください。

転職サイトは色々とありますが、まずは大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。もちろん2つとも無料で利用可能です。

業界1位、2位のこの2つは、他の転職サイトに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

関連:仕事のやる気がでないと感じた時、何をすべきか


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ