国家公務員、地方公務員の給料ってどれくらい?高すぎる?

国家公務員の給料ってどれくらい?高い高いと言われているけれど。

何かと給料が高すぎると叩かれる公務員。

確かに国は赤字だけど、たまにニュースになるボーナスの額は、まあまあの額。

最近、2年連続で給料の引き上げを勧告して話題になりましたね。

加えて、福利厚生がいいだとか、退職金が高いだとかで色々言われています。

民間企業は平均年収が落ちて、給料が安いのに・・・と思う人もいることでしょう。

では実際、公務員の給料ってどれくらいなのでしょう。国家公務員と地方公務員をまとめてみました。

関連:第二新卒で公務員への転職する方法や公務員のメリットやデメリット

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

スポンサーリンク

公務員の給料。高いと思う?

公務員の給料はどのくらいでしょうか。

国家公務員と、地方公務員を調べてみました。

国家公務員行政職一種の給料

国家公務員といっても、様々な職種があり、それぞれの職種で給料は異なります。

今回は、一般的な職種である行政職一種の給料を紹介します。

この国家公務員行政職一種の平均月収は

408,996円(43.5歳)

これには扶養手当や住居手当といった福利厚生の手当も含まれます。

また、ボーナスは、1年間で

127.83万円

年収で考えると、

619万円ほどになることになります。

日本のサラリーマンの平均年収は400万円程度なので、確かに高い数字ですね。

各年齢では以下の程度になります。

大卒

  • 28~31歳:278,499円
  • 36~39歳:368.786円
  • 44~47歳:470.755円
  • 52~55歳:532.922円

高卒

  • 28~31歳:264,070円
  • 36~39歳:349.852円
  • 44~47歳:426.528円
  • 52~55歳:485.016円

ただ、特に気になるのは退職金。

退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

で紹介していますが、公務員の退職金は民間にくらべると非常に高い額となっています。

生涯年収で考えた場合、民間の平均とくらべてかなり高いですね。

参考:人事院

民間で働く人にとってはなんとも羨ましいと感じる人が多いのではないでしょうか。

ただ、民間の人の年収はその人自身の実力よりも新卒で決まった会社次第であることが多いです。

 

地方公務員の給料

地方公務員は、それぞれの地方によって給料が大きく異なります。

ですので、ここでは最も高い地方公務員の給料を紹介しましょう。

最も高い地方公務員は兵庫県の芦屋市

平均月収:476.963円(40.1歳)

ボーナス:162.43万円

平均年収:734.79万円

なんと、国家公務員の平均よりも高いという結果になっています。

他の都市については、以下のサイトで見ることができます。

東洋経済

それぞれの地方によって、大きく差はありますが、民間のサラリーマンと比べるとかなり高い額となっています。

スポンサーリンク

公務員の給料は確かに民間にくらべて高い

この結果からみると、公務員の給料は確かに高いちうことがわかります。

国が赤字であることを考えると、反感を買うのもいたしかたないのかもしれません。

しかし、給料を下げたとしたら、優秀な人が公務員にならなくなるということもある為、難しいところだと思います。

国家公務員1種なんて、学歴だけで考えると相当高いですよね。

もちろん、学歴がよければ優秀なわけではありませんが。

私としては、給料が高いのはいいので、優秀な人はしっかり国にとって良い結果をだしてもらいたいと感じます。

給料以外の公務員の実態

公務員は給料が平均にくらべて良いのはわかりました。

しかし、他の面はどうでしょう。

確かに、とんでもないことをしなければリストラもありませんし、民間にくらべて安定はしていると言えるでしょう。

ただ、残業がない、仕事が楽といわれる点は、どうもそうではないように思います。

私の周囲で、公務員になった人がいますが、仕事はきついし、夜遅くまで残業しなければならないというのが、実態みたいです。

もちろん、勤めている場所、職種によっては楽なとこもあるでしょうが。

スポンサーリンク

公務員になるか、民間企業に転職するか

30代未満であれば公務員試験を受けることも可能ですし、その年齢を超えていても社会人枠で公務員になることは可能です。

ただ安易に公務員を選択するのはあまりおすすめしません。

しっかりとした目的を持って公務員になるのであればいいのですが、あまり良く考えずに公務員になってしまうと転職したことを後悔してしまう可能性が高い為です。

民間企業であっても現在抱えている不満を解消することができる可能性は十分にありますから、まずは転職活動を行ってから判断するようにしてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:平均世帯年収や分布。生活が苦しいと思っている世帯が6割以上!

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



このページの先頭へ