職場で孤立したらどうする?辞めたい気持ちがが強いなら転職してもいい。

職場で孤立したらどうする?辞めたい気持ちがが強いなら転職してもいい。

会社で働く人にとって、人間関係はかなり重要ですよね。実際にどんな年代であっても辞める理由として上位にあがっています。

特に職場で孤立してしまっているということで会社行きたくない、仕事を辞めたいと思っている人は多いです。

ではもしも職場で孤立してしまったら、一体どうすればいいのでしょうか。辞めたいと思った時、そのまま辞めてしまってもいいのでしょうか。

関連:職場で無視される。無視する人への対処法は?

関連:上司に嫌われたらどうすればいい?嫌われる原因や対策方法。

職場で孤立してしまうとかなり辛い

職場で孤立してしまうのは正直かなり辛いです。

仕事面で言えば、いざという時に誰も仕事を代わってくれなかったり、手伝ってくれなかったりといったことが起きます。本来チームとしてお互いを助け合いながら仕事をするはずが自分ひとりでやらなくてはいけないというのだと、どうにも上手くいかなくなるということが起きてしまいます。

仕事以外でもそもそも職場にいるのが辛くなります。昼も一人、誰とも雑談することもなく、毎日を過ごす。周囲は楽しそうに話しながら仕事しているのに自分とは誰も話してくれない。そんなこともありえます。

仕事をする時間ってかなり長いですよね。残業なしで考えても職場にいる時間は昼休みを合わせて9時間。それが週五日間もあるわけです。

それだけの長い時間を孤立した状態で過ごすなんてことは、なかなか耐えることができるものではありません。会社に行きたくない、仕事を辞めたい、そう考えるのは非常に当たり前のことなんです。

職場で孤立してしまう原因と対処法

そもそもなぜ職場で孤立してしまうのでしょうか。そして孤立してしまったとしたらどういった対処をいていけばいいでしょうか。

孤立する原因

孤立する原因はざっと考えても色々あります。

性格的な面でいうと、態度が大きかったり、自己中心的であったり、空気が読めなかったり、ノリが悪かったり、約束を守らなかったりすることで孤立してしまうことが多いです。まあ普通にこういった人は嫌われてしまいますね。

ただ性格的な面ばかりではありません。

例えば、仕事で大きな失敗をして周囲に迷惑をかけてしまったことが原因であったり、上司からの飲み会の誘いを断ってしまったことがきっかけになったり、逆に仕事ができすぎて孤立するなんて言う場合すらあります。

ようするに誰だって起こることでしょう。もし孤立してしまった時には、なぜ孤立してしまったのか考えてみる必要はあるでしょう。

孤立した時の対処法

孤立した時の対処法としては大きくわけて3つ。

孤立した原因を特定して多少時間がかかっても解消していくか、孤立していることを気にしないようにするか、孤立している職場から抜け出すかです。

孤立した原因が自分にあるとわかっている場合はそれを反省し直すことで多少時間はかかりますが解消されていく可能性はあります。

思い切って気にしないというのも一つの方法にはあります。もくもくと仕事だけをこなしていき、他の人よりもどんどん成果を上げていく。そして仕事が終わればさっさと帰る。意外に割り切ると楽かもしれません。

ただ、やっぱりもう耐えられないという場合には孤立した職場から抜け出すのが一番だと思います。異動できるなら異動する、できないのであれば転職することも視野にいれておくべきです。

辞めたい気持ちが強いなら転職もあり

たとえ理由が職場で孤立しているといったような人間関係による理由であっても、辞めたいと思う気持ちが強いのあれば辞めて転職もありです。

人間関係の問題は決して易しいものではありません。それこそ人間関係が原因でうつになってしまう人もいるぐらいです。

まあ転職したからといって人間関係が上手くいくとはかぎりません。

年収であったり休日数であったりというのは事前に知ることができる点ですが、人間関係ばかりはどうなるかなんて実際に入社してみないとわかりません。

ただ、少なくとも転職によって現状がマイナスであるところから一気にプラマイゼロにすることはできます。そこから徐々にプラスにしていくのは自分の役割です。

もう一度言いますが、人間関係での退職は決して恥じることではありません。決して限界まで働き続けないようにしましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

 

関連:上司からのいじめに耐え切れず転職はあり。過酷すぎる職場環境は逃げ出すのが得策

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ