大企業の一般職はかなり恵まれている。転職して入社することは可能か

大企業の一般職はかなり恵まれている。転職して入社することは可能か

女性の場合、総合職ではなく一般職として就職する人も少なくありませんよね。

総合職よりは待遇が落ちるものの、仕事自体がそれほど厳しいものではないし、就職のハードルも総合職ほどではないという面があります。

ただ、大企業の一般職となると実はかなりの難関。かなり人気があって、それこそそれなりの大学をでてる人ばかり採用されていますし、学歴があっても全然受からないなんてこともあります。

そこで今回は、なぜ大企業の一般職がここまで人気があるのか、大企業の一般職として働くことのメリットや転職して入社することが可能かどうかについて紹介します。

関連:25歳、29歳、33歳、37歳女性の転職成功体験談。何が良かった?

関連:短大卒、専門卒の女性は早めに長く働ける会社に転職しよう。未経験職種へのチャレンジは年齢次第

大企業の一般職で働くことのメリット

就職市場でも人気があって、かなりの難関となっているわけにはやはりそれ相応の理由があります。

充実した福利厚生

一般職だからといって福利厚生面で総合職よりも劣っていることはなく、恵まれたあ福利厚生の恩恵にさずかることができます。

住宅手当だったり、カフェテリアプランであったり、各種団体保険であったりと、それがあるだけで年間数十万円得することになります。

育休や産休の制度もかなりしっかりしていることが多く、とりづらいなんてこともなく、育休からの復帰後も時短勤務として働くことが可能でう。

女性にとっては出産後も働きやすいというのはかなりありがたいですよね。

それなりの給料

確かに同じ会社の総合職に比べれば給料は劣るのですが、下手な中小企業に比べればずっとずっと良い給料をもらっていることなんてことも多々あること。

それこそとある企業では400万円を超えるなんてこともあります。

日本の労働者の平均年収は420万円、女性に限れば276万円ですから、相当高い年収であると言えるでしょう。

労働条件もしっかりしている

大企業であっても労働条件面が悪い会社もありますが、平均的にはやはり良いことが多いです。

残業も総合職に比べて少ないことが多いので、プライベートの時間を大事にしたいという人にとっては働きやすい環境であると言えます。

総合職に転換できることもある

会社によっては、希望すれば総合職に転換できる企業もあります。

まあそれなりに実績を残したり、社内の採用試験をクリアしなくてはいけなかったりと、簡単な話ではありませんが可能性はゼロではありません。

大企業の総合職と言えば就職時にはかなりの難関。ただ就職の際は無理でも就職後になれるというのは嬉しいですよね。

実際、私の知り合いで某自動車会社に一般職として就職した後に総合職に転換し、給料が急増したそうです。

社内恋愛も多い

大企業の人と結婚したいからという理由で会社を選ぶというのは賛否両論あるかもしれませんが、社内恋愛が多くて大企業の人と結婚できる可能性も高いというのも事実。

まあ毎日同じ職場で働いているんですから、そうなる可能性はおのずと高くなりますよね。

実際、一般職として就職してそのまま結婚、出産と同時に育休にはいってそのまま退職なんていうパターンはよくある話です。

転職して入社することは可能か

これだけのメリットがある大企業の一般職。ではもし転職するとなるとできるのでしょうか。

募集は一定数ある

大企業の一般職の求人はそれなりにあります。転職サイトで検索してでてくる公開求人ではあまり見かけませんが、非公開求人として実はかなり多いんです。

ただ、倍率はかなり高めです。当然人気はあって、それなりに自分をアピールしていけるポイントがないと採油試験を通過することはできません。

とは言ってもチャレンジしてみなえければ可能性はゼロなわけですから、ダメ元でも受けてみるというのは大切です。

参考:大手企業の求人は隠れている!転職したい会社がないと思う前に要チェック!

契約社員から正社員へ

大企業の場合は契約社員から正社員への転換もそれなりに行っている場合もあります。

ただ、仕事を頑張ったからといってなれるものでもないし、たまたま一般職の枠が空いていて、上司が推薦してくれることも必要になります。

中々狙ってできるものではなく、下手したら単に数年契約社員として働いて年齢が高くなってしまったなんてこともありえるので注意が必要です。

とは言え、可能性があるにはあります。

仕事探しが鍵

大企業の一般職に転職するなら、とにもかくにも仕事探しがカギになります。求人を見つけなければ応募することもできません。

多くの人は、いい求人があればと思って転職サイトをちらちら見るんですが、大手の求人はそんなところにはでていなくて、転職サイトのスカウト機能であったり、転職エージェントからの紹介からによって知ることができることがほとんどです。

ですから、転職したいならしたいで中途半端に調べるんではなくて、多少面倒であってもしっかりやっていかなくてはなりません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。私の中で利用してみて満足度が高かったサイトは以下の4つです。

業界内で上位3位以内の転職支援サービスです。

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:一般事務の仕事内容、未経験でも転職できる?

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ