自分の仕事に誇りが持てない。誇りを持つためにはどうすればいい?

自分の仕事に誇りが持てない。誇りを持つためにはどうすればいい?

あなたは今の自分の仕事に誇りを持つことができていますか?

毎日仕事がつまらないと思いながらもお金の為だけに仕事をしているというのは、やはり面白くありません。

できることなら自分の仕事を誇りに思いながら働きたいものです。

では、どうすれば自分の仕事に誇りを持つことができるのでしょうか。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:人のためになる仕事、人の役に立つ仕事に転職したいと思った時の仕事の見つけ方

関連:いい仕事とはどんな仕事?いい仕事の見つけ方とは?

仕事に誇りを持つことは必要?

人と仕事について話をしていると、仕事がつまらない、仕事を辞めたいと愚痴ばかりこぼす人もいれば、こんな仕事をしてるんだと仕事の内容を話してくる人もいます。

おそらく、前者の人は仕事に誇りを持つことができておらず、逆に後者の人は仕事に誇りを持てているんだと思います。

どちらの人が幸せに見えますか?当然後者ですよね。

仕事に誇りを持てるか、持てないかによって、仕事に前向きに取り組むことができるか、嫌々仕事をすることになるかが大きく変わってきます。

誇りを持つことができている人ほど、仕事を楽しく感じ、モチベーションはアップし、成果も出しやすくなるでしょう。何より仕事から得られる満足度は大きく変わります。

一方、仕事に誇りを持つことができず、毎日嫌々仕事をしていると、モチベーションは下がり、成果もでにくく、仕事に満足感は得ることができなくなってしまいます。

もちろん、中には仕事に誇りを持っていなくても、成果を確実に出している人はいるので、仕事をする為に絶対に必要だというものではありません。

とは言え、満足度を考えた時には持っておきたいものだと言えます。

なぜ仕事に誇りを持つことができない?

では、なぜ仕事に誇りを持つことができない人も多いのでしょうか。

まずは原因を考えてみましょう。

意味、目的がわかっていない

なぜその仕事をしているのか、最終的にどういったことに役に立つのか、もしその仕事にミスがあったらどういったことになるのか、それがわからないと、何の為に仕事をしているのかわかりません。

上司に指示されたまま言われたことだけをやっていたり、大企業のように細分化された仕事の一部分だけをやっている場合だと、特にそれがわかりにくくなりがちです。

何をやっているのかわからなければ、当然その仕事に誇りを持つことはできません。

自分の目的との不一致

もし、その仕事の目的をしっかり認識していても、それが自分が仕事に対して大事にしていることと違うと誇りを持ちにくいです。

人によっては、感謝されたい、人の役に立ちたいと考える人もいるでしょう。

人によっては、新たなものを生み出したいと考える人もいるでしょう。

それは人によって様々です。

誰でもできる仕事

誰でもできる簡単な仕事ばかりしていると、誇りを感じることは難しいかもしれません。

何か一つでも、この仕事は自分だからできる、他の人だともっと時間がかかるといったことを感じることができる仕事を持っていないと、仕事をやっていてもつまらないものです。

劣等感

あの人は、あんなに立派な仕事をしている。あの人はあんなに難しい仕事をしている。

そんな風に他人と比べて劣等感を持ってしまったことはありませんか?

羨ましさを感じ、自分がしている仕事を下に見てしまうのも誇りを持てない原因です。

仕事への取り組み方の問題

誰もが自分のやりたいと思っていた仕事に就くことができるわけではありません。やりたくないと思っていた仕事に就いてしまう場合もあるでしょう。

ただ、最初からこの仕事はだめだ、自分には合わないと決めつけ、仕事に対して適当に取り組んでいれば誇りなんて感じることはできません。

誇りを持てないから仕事に対するモチベーションがあがらないという場合もありますが、最初に仕事に取り組む時点でモチベーションが上がっていないことが原因という場合もあります。

仕事に誇りを持つためには?

では、仕事に誇りを持つためには、今後どうしていけば良いでしょうか。

意味、目的を明確に

なぜ、この仕事をする必要があるのか、どういった役に立つのかは、自分の中で明確にしておかなくてはなりません。

上司に言われるがままに、マニュアル通りに仕事をするのではなく、意味、目的を理解することで、自分の仕事が役に立っているということが実感できるようになります。

また、それを理解することで、今の仕事をさらに改善するポイントも見えてきます。

やらされ感を持たない

仕事はやらされるものと捉えるのではなく、自主的に仕事をしているという意識を持ってみましょう。

もちろん、仕事は上司から指示されて、決められたことを行っていくことがほとんどです。

ただそれをただこなすのではなく、自分の仕事として責任を持ち、工夫をしたり、時には範囲を広げるなりして、自発的な仕事に変えていくことが必要です。

全力で取り組む

そもそも、仕事を最初から嫌なものだと決めつけ、適当にやり過ごすだけだと誇りなんて持てるわけはありません。

全力で取り組むからこそ、意味を考えるようにもなるし、仕事に対しても自主的になることができます。

たとえ、今の仕事が自分が望んでいたもとの違ったとしても、まずはその現状を受け入れ、自分には合わないと決めつけずに仕事に取り組んでみましょう。

仕事に自信を持つ

人間誰だって、つい他人と比較してしまうし、魅力的に見えてしまうものです。

ただ、そんなことをしても、何も産まれません。

それよりも、今の自分の仕事ともっと向き合い、自信を持ちましょう。

また、自分で自信を持てるように取り組むことも大切です。

一つ一つ成功体験を積み上げ、自分を成長させ、人に負けない何かを身につけるように取り組んでみてください。

他の仕事についても調べてみる

仕事に誇りを持てないのは、働き方や考え方に原因がある場合もあります。

ただ、もちろん仕事内容が原因となる場合もあります。

どうしてもやりたい仕事があったり、どんなに頑張っても簡単な仕事しかさせてもらえなかったり。

自分の考え方や働き方を変えるだけではどうしようもない場合もあるでしょう。

ですから、転職するというのも一つの選択肢です。

その選択肢を含めて、今後どうするかを考えてみましょう。

その為にも、一度他の仕事についても調べてみるといいでしょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ

関連:仕事がだるい時の対処法。慢性的になっていたら要注意

関連:仕事に飽きて会社を辞めて転職するのはあり?飽きた時の判断や対処法



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ