自分の仕事に誇りが持てない。誇りを持つためにはどうすればいい?

自分の仕事に誇りが持てない。誇りを持つためにはどうすればいい?

あなたは今の自分の仕事に誇りを持つことができていますか?

毎日仕事がつまらないと思いながらもお金の為だけに仕事をしているというのは、やはり面白くありません。

できることなら自分の仕事を誇りに思いながら働きたいものです。

では、どうすれば自分の仕事に誇りを持つことができるのでしょうか。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:人のためになる仕事、人の役に立つ仕事に転職したいと思った時の仕事の見つけ方

関連:いい仕事とはどんな仕事?いい仕事の見つけ方とは?

仕事に誇りを持つことは必要?

人と仕事について話をしていると、仕事がつまらない、仕事を辞めたいと愚痴ばかりこぼす人もいれば、こんな仕事をしてるんだと仕事の内容を話してくる人もいます。

おそらく、前者の人は仕事に誇りを持つことができておらず、逆に後者の人は仕事に誇りを持てているんだと思います。

どちらの人が幸せに見えますか?当然後者ですよね。

仕事に誇りを持てるか、持てないかによって、仕事に前向きに取り組むことができるか、嫌々仕事をすることになるかが大きく変わってきます。

誇りを持つことができている人ほど、仕事を楽しく感じ、モチベーションはアップし、成果も出しやすくなるでしょう。何より仕事から得られる満足度は大きく変わります。

一方、仕事に誇りを持つことができず、毎日嫌々仕事をしていると、モチベーションは下がり、成果もでにくく、仕事に満足感は得ることができなくなってしまいます。

もちろん、中には仕事に誇りを持っていなくても、成果を確実に出している人はいるので、仕事をする為に絶対に必要だというものではありません。

とは言え、満足度を考えた時には持っておきたいものだと言えます。

なぜ仕事に誇りを持つことができない?

では、なぜ仕事に誇りを持つことができない人も多いのでしょうか。

まずは原因を考えてみましょう。

意味、目的がわかっていない

なぜその仕事をしているのか、最終的にどういったことに役に立つのか、もしその仕事にミスがあったらどういったことになるのか、それがわからないと、何の為に仕事をしているのかわかりません。

上司に指示されたまま言われたことだけをやっていたり、大企業のように細分化された仕事の一部分だけをやっている場合だと、特にそれがわかりにくくなりがちです。

何をやっているのかわからなければ、当然その仕事に誇りを持つことはできません。

自分の目的との不一致

もし、その仕事の目的をしっかり認識していても、それが自分が仕事に対して大事にしていることと違うと誇りを持ちにくいです。

人によっては、感謝されたい、人の役に立ちたいと考える人もいるでしょう。

人によっては、新たなものを生み出したいと考える人もいるでしょう。

それは人によって様々です。

誰でもできる仕事

誰でもできる簡単な仕事ばかりしていると、誇りを感じることは難しいかもしれません。

何か一つでも、この仕事は自分だからできる、他の人だともっと時間がかかるといったことを感じることができる仕事を持っていないと、仕事をやっていてもつまらないものです。

劣等感

あの人は、あんなに立派な仕事をしている。あの人はあんなに難しい仕事をしている。

そんな風に他人と比べて劣等感を持ってしまったことはありませんか?

羨ましさを感じ、自分がしている仕事を下に見てしまうのも誇りを持てない原因です。

仕事への取り組み方の問題

誰もが自分のやりたいと思っていた仕事に就くことができるわけではありません。やりたくないと思っていた仕事に就いてしまう場合もあるでしょう。

ただ、最初からこの仕事はだめだ、自分には合わないと決めつけ、仕事に対して適当に取り組んでいれば誇りなんて感じることはできません。

誇りを持てないから仕事に対するモチベーションがあがらないという場合もありますが、最初に仕事に取り組む時点でモチベーションが上がっていないことが原因という場合もあります。

仕事に誇りを持つためには?

では、仕事に誇りを持つためには、今後どうしていけば良いでしょうか。

意味、目的を明確に

なぜ、この仕事をする必要があるのか、どういった役に立つのかは、自分の中で明確にしておかなくてはなりません。

上司に言われるがままに、マニュアル通りに仕事をするのではなく、意味、目的を理解することで、自分の仕事が役に立っているということが実感できるようになります。

また、それを理解することで、今の仕事をさらに改善するポイントも見えてきます。

やらされ感を持たない

仕事はやらされるものと捉えるのではなく、自主的に仕事をしているという意識を持ってみましょう。

もちろん、仕事は上司から指示されて、決められたことを行っていくことがほとんどです。

ただそれをただこなすのではなく、自分の仕事として責任を持ち、工夫をしたり、時には範囲を広げるなりして、自発的な仕事に変えていくことが必要です。

全力で取り組む

そもそも、仕事を最初から嫌なものだと決めつけ、適当にやり過ごすだけだと誇りなんて持てるわけはありません。

全力で取り組むからこそ、意味を考えるようにもなるし、仕事に対しても自主的になることができます。

たとえ、今の仕事が自分が望んでいたもとの違ったとしても、まずはその現状を受け入れ、自分には合わないと決めつけずに仕事に取り組んでみましょう。

仕事に自信を持つ

人間誰だって、つい他人と比較してしまうし、魅力的に見えてしまうものです。

ただ、そんなことをしても、何も産まれません。

それよりも、今の自分の仕事ともっと向き合い、自信を持ちましょう。

また、自分で自信を持てるように取り組むことも大切です。

一つ一つ成功体験を積み上げ、自分を成長させ、人に負けない何かを身につけるように取り組んでみてください。

他の仕事についても調べてみる

仕事に誇りを持てないのは、働き方や考え方に原因がある場合もあります。

ただ、もちろん仕事内容が原因となる場合もあります。

どうしてもやりたい仕事があったり、どんなに頑張っても簡単な仕事しかさせてもらえなかったり。

自分の考え方や働き方を変えるだけではどうしようもない場合もあるでしょう。

ですから、転職するというのも一つの選択肢です。

その選択肢を含めて、今後どうするかを考えてみましょう。

その為にも、一度他の仕事についても調べてみるといいでしょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ

関連:仕事がだるい時の対処法。慢性的になっていたら要注意

関連:仕事に飽きて会社を辞めて転職するのはあり?飽きた時の判断や対処法


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ