ハローワーク経由で面接を受ける前に知っておきたいこと。こっちからも企業を振るい落とそう

ハローワーク経由で面接を受ける前に知っておきたいこと。こっちからも企業を振るい落とそう

転職の際に仕事を探す為、ハローワークを利用する人は多いですが、実際に求人がでている会社を紹介してもらって面接を受ける際にはいくつか注意点があります。

そして時にはハローワーク以外の求人紹介サービス(リクナビNEXT リクルートエージェント といったもの)を利用することは必要となりますから、柔軟に対応していくことが求められています。

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:ハローワークを利用した転職活動の進め方。ブラック企業を見極めることが最重要

ハローワークにでている求人の特徴

まずはハローワークにでている求人の特徴についてよく理解してください。

地元の中小企業の求人が多い

民間企業が運営している転職サイトや転職エージェントが全国の求人を扱っているのに対して、ハローワークでは地元の中小企業がメインが主な求人となっています。

民間企業を利用して求人広告を出す際にはそこそこの費用がかかりますが、ハローワークの場合だと無料で掲載することが可能であるので、金銭的にあまり余裕のない民間企業であっても掲載することが可能です。

空求人がまぎれていたり、採用の意志も低い場合がある

ハローワークで掲載している求人の全てが積極的に採用しようとしている企業のものばかりではないということは理解しておきましょう。

全く採用する意思はないのに掲載している場合もあれば、別に人は足りているけど特別優秀な人材がいたら採用したいと考えている程度の場合もあります。

民間の求人紹介サービスと違って、求人広告を出すことが無料であるが故にこういったことも起こってしまっているのです。

そういった企業であっても書類選考で落とさずにわざわざ面接する場合があります。何度も面接を断り続けると、求人掲載に関して外すことを担当者から提案されてしまう為です。

転職サイトに比べてブラック企業率が高い

無料で掲載できるというのは企業側にメリットがある一方で、転職希望者にとってはデメリットになる理由として挙げられるのがブラック企業が増えてしまうという点です。

離職率が高く、頻繁に求人募集をかけなくてはならないブラック企業にとって求人掲載にお金がかかる民間企業の転職サービスは使うメリットがありません。

いくらそこに掲載して優秀な人を獲得できたとしても辞めてしまう可能性がありますからね。

それならば無料で掲載して辞めるのを覚悟した上でガンガン人を採用する方法を選びます。

民間企業の転職サービスの場合、扱う求人に対してまともな企業かどうかをチェックすることもブラック企業率に違いがでる理由です。

もしブラック企業率が高いようならば評判が悪くなってしまい、転職希望者をそのサービスを利用してくれなくなってしまう為です。これでは利益を上げることができません。

ハローワーク経由で面接を受ける際の注意点

こういった特徴を持ったハローワークの求人に対して、転職希望者は良く注意しなくてはなりません。

ただ、求人票のみではなかなか知ることができないことが多いのも事実であり、面接においてもこちらから企業をチェックすることが大事になります。

面接は企業が応募者を評価する場だけではありません。応募者もまた企業をチェックしなくてはならないのです。

条件面は一致しているか

まずこちらから確認しなくてはいけないのが条件面についてです。

求人票に書いてある情報はしばしば嘘であることが多いです。

給料はいくらになるのか、休日はどれくらいか、正社員としての採用なのかなどはもちろんですが、福利厚生面で交通費あり、託児所ありだとか、退職金ありといったことが書かれているならばそれも事実なのかは確認しておきたいところです。

なかなか全てを確認することはできないかもしれませんから、いくつかピックアップして確認しましょう。

万が一嘘があった場合にはその会社は辞めておいたほうがいいですね。

もちろん面接の場でもどうどうと嘘をついてくる場合もありますから、内定を貰ったあとで雇用条件通知書等でしっかり確認することは大事です。

採用の意志は高そうか

上述したように、ハローワークの求人にはカラ求人も含まれています。

それ故、何もあなたに否がなく、本来は受かるべき能力を持っていたとしても落とされる場合があります。

採用の意思が高いのか低いのかはだいたい面接官の態度でわかるものです。お決まりのことしか聞いてこない、短時間で終わらせようとするといったことから万が一、採用の意思が低そうだと感じた場合、落とされたとしても全く気にしないでください。

面接での対応におかしな点はないか

聞いていた時間に訪れたの長く待たされた謝罪もなし、面接中に人を馬鹿にする態度をとってきた、その場ですぐ合格と言ってきたといった、まともな企業で面接した時には考えられない行動をしてきたり、一社会人としてマナーに欠けた行為をしてきた会社は注意が必要です。

わざと圧迫面接をしてくる会社もありますが、道徳的な観点から現在はかなり減ってきており、純粋にそういった態度をとることが当たり前になってしまっている企業が多いです。

こちらの質問に真摯に答えてくれるか

通常の面接であれば途中もしくは最後にこちらから質問させてくれる場があります。

万が一それがなかったり、質問しようとしても答えてくれない、適当に答えてくるという会社は要注意です。

とにかく言われるがまま働いてくれる人を求めている、質問に答えたら来てくれなくなるから答えることができないなんて場合も多々あります。

常に上から目線

こっちは雇ってあげる側だ、選ぶ側だといわんばかりの上から目線で対応してくる面接官もいますよね。

こんな会社も要注意。入社しても常に上から目線で社員のことなんて何も考えていない場合が多々あります。

少なくとも面接官が礼儀をわきまえていない場合は辞めておいたほうが利口です。

ハローワーク利用時も求人サービスの利用を推奨

ハローワークは確かにカラ求人が紛れていたり、ブラック企業が多かったりはするのですが、地元の中小企業を視野にいれている場合には使えます。

ただ、それでも民間企業が実施している転職サイトや転職エージェントサービスも併せて利用することをおすすめします。

転職サイトにも各地方での求人はそこそこ掲載されていますし、求人の質も高くなっています。

また、転職エージェントは履歴書の添削なども行ってくれますから非常に役に立つと思います。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職の面接に全然受からないのはなぜ?それは緊張のせいだけではない。

関連:転職時における圧迫面接の意図及び対応方法や実際の事例。ブラック企業の場合もあるので要注意


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ