大嫌いな同僚とどう付き合っていけばいい?あまりにストレスが大きいなら転職も

大嫌いな同僚とどう付き合っていけばいい?あまりにストレスが大きいなら転職も

会社には本当に色々な人がいますよね。

すごい気があう人もいるかもしれませんし、逆に嫌いな人だっているかもしれません。

ただどんな人であれ付き合っていかなくてはならないのが会社。担当している仕事でかかわりがあるなら、たとえ大嫌いな同僚であっても関わっていかなくてはなりません。

ただ大嫌いな同僚と関わるというのはそれだけで大きなストレス。仕事だと割り切って付き合い続けるのはすごく大変ですよね。

そんな時、どのように会社生活を送っていけばいいのでしょうか。

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

関連:上司が嫌いで仕方ない、もう辞めたいと思った時の対処法

いつになっても起こりうる人間関係のトラブル

仕事では上司、同僚、部下、関係会社、顧客など多くの人と関わる為、人間関係のトラブルはいつでも起こりうるもの。

ただそれによって与えられるストレスというのは非常に大きいものがあり、それが原因で仕事を辞めてしまう人も実はかなりいます。

厚生労働省の「雇用動向調査結果」によれば仕事を辞めた理由として男性の場合は5位、女性の場合は2位とかなり上位に位置しています。年代別に見てもどの年代でも多々起こることであるとわかります。

実際、仕事を辞めるまではいかないまでも人間関係が原因で大きなストレスを感じている人はかなり多いのでしょう。そしてその原因が上司ではなく同僚にあるという人も少なくないと思います。

同僚が大嫌い、そんな時どうする?

いくら同僚が大嫌いと言えども、同じ職場で働いている以上は全く関係を断ち切ることはできません。というかしてはいけません。下手な行動にでてしまうと自分で自分の首を絞めてしまうことになりかねないのです。

ではどうすればいいか、ここではあなたが取るべき行動について紹介していきましょう。

態度には極力ださない

まず嫌いなことを態度にだすようなことをするのはNG。

嫌いだとつい態度に出してしまいがちですが、そのような態度は相手に嫌われているということを知らせるだけでは済みません。そんな態度をとる人に対して周囲は良い気持ちを抱かず、あなたが他の多くの人から嫌われる原因になる可能性があります。

相手がそういった態度をとってくるならば、気にせず距離を置けばいいだけ。相手のレベルに合わせてわざわざ対抗する必要はありませんから、心の中で馬鹿にしておきましょう。

直接的はもちろん、間接的な攻撃もしてはいけない

当然嫌いな同僚に対して、間接的にだって攻撃することはNG。くだらない嫌がらせなんてするのもだめだし、同僚に悪口を言うのもやめておいたほうがいいです。

そんなことをしたところでストレスはまず解消されないし、悪口を言っていることが本人に伝わってしまう可能性があります。

職場でそうなってしまえば仕事はやりにくくなるだけ。そしてその原因を作った本人に対して周りは厳しい態度をとってくることになるかもしれません。

メリットを探る

結局のところ、大嫌いな同僚がいることに対して表立ってなんとかすることはできませんから、自分の中で仕事として受け入れることしかできません。

ですからまずは大嫌いな同僚とも付き合うメリットを探してみましょう。

仕事がやりやすくなるなど、嫌いな人でもちょっと我慢して付き合うことによって得られるものはあるはずです。

デメリットを見つける

では次に嫌いという感情がもたらしているデメリットについて考えてみましょう。

嫌いだと思い続けることによってイライラして仕事に集中できなかったり、関わりたくがない故に仕事の手順を増やしてしまっていたりと、何かと悪影響を及ぼしていませんか?

大嫌いだと意識しすぎるあまり、そのことで自分で自分に悪い影響をもたらしているという自覚を持ってみましょう。

自分の原因を見つける

同僚を嫌いになる理由は色々とあると思います。

影で悪口を言ったり、嫌がらせをしてきたりといってことから、仕事ができなすぎて見ててイライラするからなんて場合もあるでしょう。上司にこびを売って良い評価を得ているという場合もあるかもしれません。

たいてい嫌いになる場合は相手の何かに原因がありますよね。

ただその原因を一度自分に対して考えてみてください。単なる嫉妬からくるものなのか、短気なだけなのか。

相手に変わって貰おうと思っても、そう簡単に変わるようなことはありません。まだ自分のほうが変えることが容易ですし、変えれないまでも自分に原因を置くことでそこまで気にすることは少なくなります。

直接嫌がらせを受けるようなら

嫌いな同僚に対しては基本的に直接何かをするのではなく、大人として接することが一番の対処法となります。

ただ嫌いな理由が、直接嫌がらせをしてくる、あまりにもこちらの気持ちを気にしない言動をしてくるといったことであるならば話は別です。

そんな時は直接言ってもいいし、上司に相談する、仲間を作って対応することも必要になってきます。

嫌がらせに対して嫌がらせで対応するのではなく、嫌がらせに対しては大人な態度をはっきりと示すことで相手も少しは恥を感じてくれるはずです。

ただもしあまりにもひどく、自分ではどうしようもないし、周囲に相談してもどうにもならずに大きなストレスを感じ続けているのであればその職場から離れることを考えてもいいと思います。

そこまでして無理をしてその職場に依存する必要はありません。異動願いをだしたり、異動が叶わないなら転職をするのだって時には正しい選択となります。

ストレスをためすぎて体を壊してしまわないよう、自分のことを大事にするようにしてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:会社、職場での嫌がらせ、職場のいじめにどう対処する?

関連:苦手な人、嫌いな人との接し方や付き合い方、職場では態度に要注意


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ