年収800万円は高年収?手取りや割合、人数

年収800万円は高年収?手取りや割合、人数

高年収といわれる年収800万円。

転職市場でも、ハイクラスに位置づけられています。

今回は年収800万円の手取りや、年収800万円以上貰っている人の割合、人数を紹介します。

関連:年収500万円~600万円ってどうなの?手取りや貯金の実態。

関連:30代の転職を成功させる方法。30代は転職適齢期!

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

スポンサーリンク

年収800万円の手取り

年収800万円と聞くと、年収は高いというイメージがあります。

実際、年収800万円とはどの程度、手取りとして残るのでしょうか。

年収800万円の手取り

年収800万円の手取りはおよそ、600万円から650万円程度になります。

手取り額は、家族形態や住宅ローンの有無等によって異なってきます。

住宅ローンなどの控除を考えなければ、独身の人で手取り600万円程度、扶養人数が1人だと630万円程度になります。

月の手取り額では、46万円~54万円程度。

実際は、ボーナスがある為、月々はもっと少ないことが一般的でしょう。

年収800万円の人数、割合

年収800万円以上の人はどの程度いるのでしょうか。

男女全体

国税庁の民間給与実態統計調査によれば、給与所得者の平均年収は422万円。

各年収別の分布は以下の通りとなっています。

  • 100万円以下・・・8.7%、422万人
  • 100万円~200万円・・・14.6%、710万人
  • 200万円~300万円・・・16.3%、796万人
  • 300万円~400万円・・・17.5%、854万人
  • 400万円~500万円・・・14.3%、695万人
  • 500万円~600万円・・・9.6%、466万人
  • 600万円~700万円・・・6.0%、290万人
  • 700万円~800万円・・・4.1%、202万人
  • 800万円~900万円・・・2.8%、135万人
  • 900万円~1000万円・・・1.9%、91万人
  • 1000万円以上・・・4.2%、208万人

合計すると、年収800万円以上の給与をもらっている人の人数は434万人、割合は8.9%となります。

年収800万円以上だと、上位10%に入るのですから、十分高年収と言えるでしょう。

スポンサーリンク

男性の場合

男性の場合に限ると以下の通りです。

  • 年収800万~900万:人数…1,200千人、割合…4.2%
  • 年収900万~1,000万:人数…822千人、割合…2.9%
  • 年収1,000万~1,500万:人数…1,378千人、割合…4.8%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…304千人、割合…1.1%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…97千人、割合…0.3%
  • 年収2,500万以上:人数…112千人、割合…0.4%

合算すると、年収800万円以上の給与をもらっている人の人数は3,913千人、割合は13.7%となります。

男性だけの場合に限れば、10%以上の人が年収800万円以上となっています。

女性の場合

女性の場合に限ると以下の通りです。

  • 年収800万~900万:人数…145千人、割合…0.7%
  • 年収900万~1,000万:人数…84千人、割合…0.4%
  • 年収1,000万~1,500万:人数…142千人、割合…0.7%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…32千人、割合…0.2%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…10千人、割合…0.0%
  • 年収2,500万以上:人数…8千人、割合…0.0%

合算すると、年収800万円以上の給与をもらっている人の人数は421千人、割合は2.0%となります。

男性に比べると、かなり少ないことがわかります。

年数800万円以上の人はほぼ男性なんですね。

企業規模別年収800万円以上の割合

企業規模で年収800万円以上の人の割合を見ていきましょう。

資本金で分けると、以下の通りとなります。

  • 2000万円未満・・・4.4%
  • 2000万円以上、5000万円未満・・・4.5%
  • 5000万円以上、1億円未満・・・5.3%
  • 1億円以上、10億円未満・・・8.9%
  • 10億円以上・・・22.7%

大企業ほど年収が高いということがよくわかる数字です。

資本金が10億円以上となるような、大企業では20%以上が年収800万円を超えているのです。

業種別、年収800万円以上の割合

次に、業種別で年収800万円以上の人の割合を見ていきましょう。

  • 建設業・・・9.0%
  • 製造業・・・12.6%
  • 卸売業、小売業・・・5.4%
  • 宿泊業、飲食サービス行・・・1.2%
  • 金融業、保険業・・・24.1%
  • 不動産業、物品賃貸業・・・10.8%
  • 電気、ガス、水道業・・・32.7%
  • 運輸業、郵便業・・・6.3%
  • 情報通信業・・・19.6%
  • 医療、福祉・・・4.6%
  • 学術研究、教育・・・16.4%
  • 複合サービス業・・・4.3%
  • サービス業・・・4.5%
  • 農林水産、工業・・・2.8%

驚くべきは、電気、ガス、水道といったインフラ業で年収800万円以上の人の割合が30%以上にもなっているということ。

3人に1人は年収800万円以上なのです。

年収は勤めている会社次第な部分が大きく、実際の適正年収とは離れている場合も多いです。

一度、自身の適正年収について調べてみるといいかもしれません。

転職で年収800万円以上を目指す方法

かなり割合の少ない年収800万円ですが、転職市場で全くないというわけではありません。

もちろん、それ相応の経験、スキルは必要になります。

またすぐは無理だとしても、20代、30代前半ならば将来的に年収800万円以上の収入を得るような転職活動の取り組んでみることが大事であると言えるでしょう。

ただ、転職する際には転職エージェントの利用は必須です。

高年収の求人自体が転職エージェント経由でなければ紹介してもらうことができないものが多いので、実際に年収アップの転職ができた人の多くは転職エージェントを活用しています。

もちろん転職サイトも情報収集という観点でとても有用ですので、転職活動をする際には合わせて使うのがよいでしょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

年収800万円の生活

年収800万円は、一般的に考えると高年収です。

しかし、年収800万円の人に話を聞くと、生活に余裕があるという話は聞きません。

貯金が全然できていないという家庭も多いです。

年収500万円以下の人には考えられないことかもしれません。

年収800万円は、高年収の層と言われどうしても、生活レベルをあげてしまいがちです。

家や車、旅行といったものにお金をかけてしまっていることが多いです。

もし、しっかり貯金をしようと思ったら、憧れるようなリッチな生活はできる年収ではありません。

とは言え、普通に生活する分にはお金に困らない年収であるとは言えるでしょう。

年収800万円を目指すことは可能か

年収800万円以上を得ることは、全体の割合の少なさからみても難しいと言えるでしょう。

しかし、最近は年収800万円以上の転職を売りにした求人が目立っていているように、増えてはきています。

ただ、採用される為にはそれなりのスキルや実績が必要となります。

ただ可能性としてゼロではないので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

年収800万円以上になる為に、現実的な方法としては、最初の年収は低くても、年収800万円になれる見込みのある会社に転職することです。

年収は本人の能力というより、業界や会社によるところが大きいです。

ですから、そういった業界、会社に入ることです。

また、転職時点で年収800万円以上というのは選択肢も少ないですが、年収500万円以上で、長く務めるといずれ年収800万円以上になることはよくあります。

そういった会社を見極め、転職することが最も確率が高いでしょう。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみましょう。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

関連:未経験でMRに転職する場合の注意点、MRのメリット、デメリットとは。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ

 



このページの先頭へ