社会人4年目、5年目、6年目の転職活動。注意すべき点は?

社会人4年目、5年目、6年目の転職活動。注意すべき点は?

社会人4年目、5年目、6年目で転職考える人も数多くいます。

ある程度の社会人経験を経て、今後のことを考えるタイミングでもあり、不安を感じる人もいるでしょう。

そこで、今回は社会人4年目、5年目、6年目の転職について紹介していきます。

関連:転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

社会人4年目、5年目、6年目で転職を考える理由やきっかけ

社会人4年目、5年目、6年目に転職を考える理由やきっかけにはどういったものがあるでしょうか。

間関係が上手く行かない、給料が低い、残業が多い等、どの年齢にも共通の転職理由があります。

社会人4年目、5年目、6年目の人でもこういった理由から転職活動をする人は多いでしょう。

ただ、それだけではなくこの年齢特有の理由やきっかけもあります。

出世コースからはずれた

社会人4年目以降になると、出世コースから外れてしまう人もでてきます。

昇格に差がつき、給料に差がつく

多くの会社では、一度差がつくとそれを挽回することは不可能となることが多いです。

その為、これを機に会社を辞め、転職するということを考える人も多いです。

この時期の昇格は仕事ができるかできないかというよりも、上司の力であったり、仕事内容であったりと、自分ではどうしようもない運の要素も強いです。

その為、余計不満を感じる人も多いでしょう。

3年は我慢した

まずは3年働きなさい。会社生活において、よく聞くことです。

3年働かないと、仕事について理解できない。3年働かないと転職市場では経験ありとみられない。

そういったことから、まず3年は我慢したという人も多いです。

しかし、3年働いたものの、やはり仕事は面白くなかったとわかり転職を考える人も多いです。

学校の同期と差が大きくなる

業種にもよりますが、社会人4年目、5年目、6年目だと、会社によって給料が大きく増える会社もあれば、全く上がらないという会社もでてきます。

初任給は同じでも、この年代になると差はかなり大きいものになります。

学生時代の友人の話や、ネットなどの情報から自分の給料が同世代に比べて低いということがわかり、転職を考える人も多いです。

仕事に飽きた

社会人4年目以降になると、ある程度仕事を自分でこなせるようになってきます。

仕事ができるようになってくると、同時に仕事に対して飽きを感じてしまうことも多いです。

そして、仕事がつまらないと感じ、転職を考える人もいます。

スポンサーリンク

社会人4年目、5年目、6年目で転職することについて

こういった理由から、社会人4年目、5年目、6年目に転職を考え、行動に移す人も多いです。

この年齢での転職は、転職市場において高い価値を持っています。

3年以上働いていることから、すぐに辞める人という印象もありませんし、スキルも備わっているとみなされます。

また、若さの点からも有利です。順応性が高いとみなされます。

この年齢の人は、ある程度の期間は同じ会社で働いていた為、勢いで転職するということも少なく、今後についてしっかり考えている傾向が強いです。

ですから、この年齢で転職を考えているのならぜひ転職活動を行うことをお勧めします。

どうしようかと悩んでいるうちに年齢を重ね、転職市場の価値はどんどん落ちてしまいます。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

社会人4年目、5年目、6年目の転職活動の注意点

社会人4年目、5年目、6年目の転職活動はどのような点に注意すればいいでしょうか。

転職活動に向けた注意点を紹介します。

スキルがあるとみなされている

社会人3年目以下、すなわち第二新卒の転職では、スキルではなくポテンシャル採用です。

しかし、社会人4年目以降だとスキルを重視された採用になります。

これまでの会社生活で、どのようなスキルを身につけ、どのような実績を残したかということが最も重視される点であり、アピールポイントとなります。

まだ、そこまでの実績を残せていない、アピールするポイントが無いという人もよくいます。

しかし、3年以上働いているのですから、何かしらはあるものです。

若さも売りになる

最も重視される点はスキルや実績です。

しかしその点でいえば、30代以降のより経験年数の長い人には負けてしまうのは明らかです。

ただ、そこで武器になるのが若さです。

企業は、順応性や、今後の成長への期待から若い人を重宝します。

ですから、スキルに加えて、若さも十分な武器になるのです。

未経験職種への転職

社会人4年目、5年目、6年目の未経験への転職は可能ですかという質問がよくあります。

この答えは、可能でありむしろ他の年次よりもずっと有利です。

未経験職種への転職は、仕事を覚える速さなどが求められる為、若いほうが有利です。

若さだけで言えば、社会人3年以内の第二新卒者のほうが有利だと思われますが、社会人として3年以上働いた経験は未経験であっても優遇されます。

仕事の進め方という点では、どんな仕事でもいきてくる為です。

企業によっては、とにかく若いほうがいいという場合もありますが、むしろ社会人4年目から6年目を積極的に採用するという会社も多くあります。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ