40代以降の中高年が転職が失敗してしまう理由。むしろ年齢以外の原因が多い。

40代以降の中高年が転職が失敗してしまう理由。むしろ年齢以外の原因が多い。

40代になってもまだまだ定年までは時間があり、同じ会社に骨をうずめるのではなく、転職する人も少なくはありません。

ただ、この40代の転職はやはり厳しいものがあり、20代での転職に比べると失敗してしまう人もかなりいるのも事実です。

そこで、今回は40代以降の中高年が転職で失敗してしまう理由について紹介します。

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

40代以降の転職が厳しいのは事実

40代以降の中高年での転職が厳しいのはまぎれもない事実です。

中高年よりも若い人のほうが、適応力があって仕事を覚えるのが早いし、下手にプライドを持っている割合も少ない為、特別な理由がない限りはなかなか好んで40代を採用するという企業は多くありません。

実際、平均応募社数で言うと20代が15社程度、40代で24社程度と10社近く差がありますし、転職活動期間は20代で3ヶ月以内の人が90.5%、40代で58.8%となっています。

このデータから見ても明らかに若い年代のほうが転職しやすいと言えるでしょう。

失敗の原因は年齢のせいではない

ただ、勘違いしてほしくないのは、転職で失敗してしまう理由は年齢のせいではないということです。

40代での転職事情が厳しいのは事実ですが、それは単に年齢が高いからということが問題なわけではなく、それ以外の問題による場合が非常に多いです。

ただ、多くの人は仕事が見つからない、転職できないことを全て年齢のせいにし、本来改善することができるものを変えようともせずに、妥協してしまったり、転職活動自体を辞めてしまう人がかなり多いです。

当然それでは転職が失敗に終わってしまいます。

40代以降の中高年が転職で失敗する理由

では、ここからは40代以降の中高年が転職で失敗する理由について具体的に紹介していきます。

中高年の転職がどういうものかを理解していない

20代であれば、スキルや経験といったものだけではなく、その人自身のポテンシャルも評価されます。

その為、経験者採用の場合であっても多少マッチングが不十分でも採用される可能性は十分にあります。

しかし、40代ともなると、ポテンシャルなんてものは見られずに、マッチングしていることが最重要となります。

とにかく即戦力であることを求められるし、企業が求めているスキルに見合ったスキルをその転職活動時点で備わってなくてはなりません。入社してから勉強します、頑張りますは一切通用しないのです。

マネジメント層をほしがっているならば専門知識+マネジメント経験があることが必要ですし、特定の経験、スキルを求められているならば、その求められているものと同じものを高いレベルで持っていなくてはならないし、実績も必要です。

未経験としての転職もできないわけではありませんが、その時は待遇面で妥協する必要もでてきます。

年齢のせいばかりにする

上述したように、年齢のせいばかりのせいにするのは絶対にNG。

厳しいのは事実ですが、変えることができないことに嘆いてみても仕方ありません。

仕事の探し方、選び方が間違っていないのではないか、書類選考の書き方に問題があるのでないか、面接での答え方が悪いのではないかなど、落ちるたびに反省し改善していく必要があります。

特に、転職エージェントなどアドバイスを貰うことができる人ならまだしも、自分ひとりで転職活動を進めているとミスがあっても気づくことができずに、間違ったまま転職活動を進めることになってしまいます。

プライドが高すぎる

40代以降の中高年に対し、面接官が最も嫌がるのがプライドの高さです。

新たな会社、新たな環境でこれから働くにあたり、無駄に高いプライドがあり、謙虚さがない人材は企業に必要とされません。

確かにこれまでの実績は消えるものではありません。ただ、謙虚さは必ず持つようにし、たとえ年下であっても自分よりもその会社で長く働いてきた人に対して経緯はもたなくてはなりませんし、一からのスタートという自覚を持たなくてはなりません。

我慢強さがない

上述しているように、40代での転職は応募社数も多く、転職活動期間も長くなりがちです。

紹介したのはあくまで平均であって、中には運よくかなり早く決まる人もいますが、平均以上になってしまう人も多いです。

ですから、転職活動はかなり気合を入れて我慢強く行っていかなくてはいけません。

しかし、転職で失敗する人はたいてい途中で条件面を下げてしまうなどの妥協を行います。

もちろん、自分の能力や現在の状況から考えて、幾分妥協することは必要なことです。高い望みを持ち続けても、いつまでたっても実現できない場合もあります。

ただ、妥協する際には本当に納得できるのか自分としっかり向き合って決めなくてはなりません。むやみやたらに条件を下げることは入社後の後悔につながるだけです。

転職の基本からまず学ぼう

40代の転職は決して簡単なものではありません。しかし、正しい転職活動のやり方で、粘り強く転職活動を進めていれば十分に成功させることができるものです。

もし、これから転職活動を進めようと思っているならば、まずは転職活動の基本を学ぶことから始めましょう。

転職サイト、転職エージェントを活用すればそんなに難しいことではありません。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:35歳は転職最後のチャンス?34歳~36歳で転職を成功できる人、できない人

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ