25歳で退職、転職を悩んでいる人への為が今後行うべきこと。

25歳で退職、転職を悩んでいる人への為が今後行うべきこと。

就職して数年たつと、新入社員の頃とは違った悩みがでてくるもの。

特に就職して3年程度である25歳の人は、会社という新たな環境に慣れるとともに考え方も一歩成長し、それゆえに現状いる環境を不満に感じたり、将来について不安になったりすることも多くなってきます。

そんな時、その悩みをごまかすのではなく、一度しっかり向き合ってみませんか?

25歳ならまだ何かを変えるのに大きなチャンスがある年齢です。だからこそ自分をごまかさずに自分の方向性について考えてみましょう。

関連;20代の転職が今後の人生を左右する。新卒で就職した時点はゴールではない

関連;25歳は転職も含めて今後のキャリアを考えよう。キャリアチェンジは早いほうが良い。

就職して数年。仕事で悩んでいませんか?

転職して数年。あなたは仕事でどんな悩みをもっていますか?

イメージとのギャップ

新入社員の頃、働くということに対する自分の抱いていたイメージと、実際に働いて感じたものとに大きなギャップを感じた人は多いかと思います。

ただその時に自分を説得する理由として、数年働いて仕事に慣れてくればなんとかなりと考えませんでしたか?

ただ、25歳ともなるとそこそこ経験を積むと、慣れたらなんとかなる、仕事ができるようになればなんとかなると言う期待はなくなってしまいます。

そうなると仕事に対して自分を説得する為の材料はなくなってしまい、悩みは大きなものになってしまいます。

将来に対する不安

現実を知りギャップの大きさに気づいてしまうこと、20代も中盤にさしかかったことから将来を意識し、不安になるのも多いのが25歳。

もっと真剣に今後のことを考えないと、今のままではだめだから転職も考えないと、なんていう風に考えることも多いのではないでしょうか。

ただ、多くの人は今後どういう風に動いていけばいいのかわからず、結局現状維持のまま、なんとかしなきゃ、何かを変えなきゃという悩みだけが大きくなってしまっています。

見えてきた自分の実力

数年働くと、良くも悪くも自分の実力というものが見えてきてしまいます。

新入社員の頃は、特に根拠のない自信に満ちあふれ、2年目には指導担当に恵まれていない、運が悪くて良い仕事を与えられていないという言い訳をつくり、そして3年目になってようやく現実を受け止めるのです。

会社はやはり厳しいもの、優秀な人はちやほやされてどんどん色々な仕事を与えられて成長していく一方、優秀ではないという烙印を押されてしまうと成長の機会すらあまり与えられなくなってきてしまいます。

いくら頑張ってもどんどん差がついていく現実、いくら頑張っても周囲においてかれてしまう現実に大きな悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。

他の会社の人との差

新卒で就職した時点では他の会社に行った人ともそこまで差はありません。

大卒であれば、一部の企業を除いて初任給20万円程度ですからね。

ただ25歳ともなると、就職した会社によって大きな差が生まれます。

昇給が全然なくて就職した頃と給料が全然変わらない人もいれば、5万円以上昇給した人もいます。

仕事の内容に関しても、いまだに手伝い程度の仕事しかやらせてもらえない人もいれば、ばりばり責任のあるポジションで仕事をしている人、海外に行って仕事をしている人もいます。

外の世界の現実を知り、差を目の当たりにしてしまうが大きな悩みを抱える原因になっている人がいます。

転職する為に今後やるべきこと

こういった悩みを抱えていたとしても、自分は今の会社で頑張るんだと思えるのならそれはそれで一つの選択。

しかし、仕事を辞めたい、転職したいと考えているもののどうすればいいのかわからずにいるのであれば、何かしら行動を起こさなくてははじまりません。

方向性とリスクをじっくり考える

不満がある、不安がある人が今後どうすればいいかわからないとなってしまうのは、自分がどうなりたいかがわからないといったことや、リスクについて考えることができていないということが原因。

一度じっくり考えてみましょう。そこに時間はかけてじっくりやっていいんです。

結局どうなりたいのかわからないままだと、辞めること、転職すること自体が自分にとって良いものだと捉えることができずにいざ行動しようなんて思うことができません。

リスクについてよくわかっていなければ、リスクを過剰にとらえ変わることができず、同時に変わらないことはリスクがないものだと勘違いするようになってしまいます。

現実把握の為の転職活動を

自分がどうなりたいのか、そしてリスクはどうなっているのかを知る為にも、現状把握として転職活動を行うことは必要。

そもそもどういった会社、どういった仕事があるのか、どういった転職することができるのか、転職にはどういったメリット、デメリットがあるのかは実際に転職活動してみないとわかるわけがありません。

就職時に学歴によって行ける会社に大きな違いがあったと同様に、転職時にはこれまでの職歴、スキル、年齢が低ければ学歴といったことによっても、転職の難易度は大きく違ってきます。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

すぐになんとかしようとなんてしてはだめ

何かこうなりたいという姿があると、すぐに転職で解決しようと考える人が多いのですが、25歳ならもっと先を見据えるようにしてください。

好条件の企業は転職の倍率がものすごく高く、入社するのも困難です。ただ、最初の条件が低くてもいずれ条件が良くなる会社ならそこまで倍率も高くはありません。

また、一度転職した後にスキルを身につけて再度転職するという方法も25歳なら十分に可能なこと。

常に長期的な視点を持つようにしましょう。

関連;第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。

関連;第二新卒で転職した場合、給料が下がる?上がることは可能?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ