20代後半で未経験の仕事に転職することは厳しい?

20代後半で未経験の仕事に転職することは厳しい?

社会人になってから数年が経ち、仕事にも会社生活にも慣れてくる20代後半。

最初はつまらない、面白くない、辛いと思ってばかりいた仕事も活躍できるようになりやりがいを感じるようになってきたという人もいるでしょう。

ただその一方で相変わらず仕事に対して不満を感じていたり、色々経験した結果、他のことをやりたいと思うようになる人もいると思います。

そしてそんな時に考えるのは転職。今の会社では希望の仕事はできないから、違う仕事に転職を考えるのは当たり前のことですよね。

とは言え、20代後半になり現在の職種での経験も増したからこそ全くの未経験の仕事に転職するのはやっぱり不安を感じるもの。

この年齢で未経験の仕事に転職できるのか、転職しても後悔してしまうのではないか。そんな風に考えてしまう人も多いと思います。

そこで今回紹介するのは20代後半で未経験の仕事に転職することの厳しさと、あなたが取るべき選択の考え方について。

転職するか、今の仕事を続けるかで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

関連記事

 

20代後半の転職市場価値

まずは20代後半という年代の転職市場における立場を確認しておきましょう。

転職市場価値は非常に高い

20代後半の転職市場価値は、他の年代に比べて非常に高くなっています。

もちろん企業によって、仕事内容によって、会社の状況によって、30代後半や40代のベテラン層を採用のターゲット層としている会社もあります。

ただそういった企業は少なく、大半は20代、特に社会人として数年の経験がある20代後半をメインターゲットとしている企業が最も多いです。

企業が20代後半の人材を欲しがる理由

ではなぜ企業が20代後半の人材を欲しがるのでしょうか。

その理由として挙げられるのが以下の点です。

職場に馴染みやすく、今後の成長にも期待できる

20代後半はまだ若く、仕事覚えが早かったり職場にもスムーズに馴染むことができるという印象を持たれています。

また若い分まだまだ伸びしろがあるので、採用後の成長にも期待することもできるよいうのもメリット。

それ故に20代後半に対して、採用時には柔軟性や成長性という観点も非常に重視されて見られることが多くなっています。

即戦力としても期待できる

そしてもう一つ20代後半に対する需要が高い理由として挙げられるのが、即戦力になってくれる点。

20代前半のまだ仕事としての経験が浅い人に比べて、20代後半はある程度の経験をし、一人でばりばり仕事をしている年代。

人によっては後輩指導やチームリーダーをしている人もいます。

入社後に手取り足取り教えなければならず、使えるようになるまで時間がかかる20代前半よりも即戦力として期待できる20代後半は非常に重宝される人材なのです。

人材の偏りを是正できる

企業によっては、人材の偏りを無くす為に20代後半の採用に対して積極的な場合もあります。

現在多くの企業が人手不足となっていますが、特に少ないのが20代。

30代、40代以降の人に比べて著しく少なくなっている企業も少なくありません。

市場価値が高いことによるメリット

こういった理由から市場価値が高い20代後半。

では市場価値が高いことによるメリットはどういったものがあるでしょうか。

そこで挙げられるのが以下の点。

  • 内定を貰いやすい
  • 選択肢が多い
  • 条件アップがしやすい

 

市場価値の高い20代後半は応募した場合の合格率が他の年代に比べて高く、その分転職活動自体が短期間で、応募社数も少なくすみます。

また様々な選択肢を選択することも可能。

現在の仕事を活かして経験者として採用活動に望むこともできれば、全く違う仕事に未経験者として採用活動に望むこともできます。

そして転職時には、経験者として転職した場合には条件アップがしやすいです。

需要の高く優秀な人材を集めようと思ったら、企業側も条件をアップするしかありませんからね。

20代後半からキャリアチェンジ、未経験の仕事へ転職は厳しい?

ではここから本題の20代後半でのキャリアチェンジ、未経験の仕事への転職について。

厳しいのではないかという不安を持っている人も多いですが、実際はどうでしょうか。

未経験職種への転職

経験者に比べるとやはり厳しい

20代後半になってからの未経験職種への転職に関して確かに厳しい部分もあります。

先ほど述べたように20代後半の転職市場が高いのは、若さだけではなく即戦力になりうる人材だから。

未経験の仕事に転職するということは、その部分がなくなってしまうということですから、経験者として転職するより厳しくなるのは仕方ないことです。

では実際に厳しいとはどういった影響がでることでしょうか。それについては以下の通り。

  • 経験者が優先される為、内定率が下がる
  • 経験者しか採用しない職種もあり選択肢が狭まる
  • 大手企業への転職が困難

 

現在の若手不足の状況では、未経験者であっても採用の門戸がかなり開かれています。

ただそれでも有利なのは経験者。未経験者と経験者では、当然ながら経験者が優先されてしまう為、未経験者可となっている求人であっても中々内定が貰えないという状況に陥ってしまう可能性があります。

また職種によってはそもそも経験者しか採用しない職種もあります。

職種として人気が高い反面、募集人員が少なく、仕事をする上でスキルがかなり重要となってくる仕事はそもそも求人を探してもでてきません。

そしてもう一つ厳しいのが大手企業への転職。

大手企業は知名度も高く人気もあるので、応募条件が経験者のみ、未経験者不可となっている場合が多数です。

第二新卒では採用を積極的に行っていた企業が、20代後半の人に対しては経験者であることを条件と課している場合もよくあります。

ただ諦めるレベルではない

20代後半で未経験の仕事へ転職することは、このように厳しい面があるのは事実です。

ただ厳しいとは言っても転職することを諦めるようなレベルではありません。

難易度としては上がるし、大手では受けれない企業もありますが、今の売り手転職市場では十分価値ががあると言えるでしょう。

大手企業も確かに経験者採用しか行っていない企業も多いですが、未経験者でも非公開で採用活動を行っている企業も多いです。

実際、私が20代後半の時に希望職種を未経験の仕事にして転職活動をした際は、リクナビNEXTのスカウト機能でもそれなりに大手からオファーを貰うことができたし、DODAで転職エージェントを使った時もそこそこ良い企業を紹介して貰うことができました。

厳しいのは確かですが、転職活動のやり方次第ではいくらでもチャンスはあると思います。

未経験業界への転職

職種ではなく、業界が未経験である場合はそれほど心配する必要はありません。

企業によっては同じ業界の人の方が良いという場合もありますが、逆に違う業界の人の方が良いという場合もあり、同業界だから有利、他業界だから不利ということはないと考えて良いでしょう。

意外に大変、転職してからのこと

20代後半で未経験の仕事に転職する際、転職活動の大変さ、厳しさだけではなく転職活動が終わり実際に転職してからのことも忘れてはいけません。

転職直後、数か月はそれなりに大変だということを覚悟しておきましょう。

自分と同じ年代の人はもう一人でばりばりやっていて、年下の人だって自分よりも仕事ができるわけです。

新卒の時のように誰かが教えてくれる、わからなくても仕方がないなんて甘えたことを考えていると、周りからの信頼はどんどん失い、職場で居場所がなくなってしまいます。

とにかく早く戦力になること、経験がない、入社が遅いということに甘えず少なくとも同年代レベルに追いつくことを目指してやっていくようにしましょう。

20代後半での選択はかなり大切

20代後半での選択はかなり大切です。大きなターニングポイントとなる人も多いでしょう。

だからこそ長い目で考えて下さい。

未経験の仕事に転職すると、一旦給料は下がってしまうかもしれません。

ただ長い目で見た時、一旦給料が下がってでも転職した方がトータルの収入が増える場合もあるし、仕事自体の満足度も大幅に高くなる場合もあります。

もりろん逆もしかり。

目先のやりがいばかりに目を向けて転職した結果、数年後に後悔することになる可能性もあります。

30代、40代になったからと言って転職できなくなるわけではありませんが、選択肢が多く、転職に対するリスクが低いのはやはり20代。

ぜひ今を大切に自分のベストの選択しを考えてみてください。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ