転職において、27歳はたくさんの選択肢がある時期です。

だからこそ、賢い選択をして有利に進めたくはありませんか?

27歳で2回目以上の転職に臨む方へ、注意点と成功法をお伝えしていきます。

27歳は転職好機

27歳は若さと経験の良いところ取りで、採用ニーズの高い年代です。若さによる吸収力の高さと長期雇用が見込めると同時に、数年の社会人経験があることも評価対象になります。

それだけでなく、同業種・未経験のどちらへも挑戦しやすい時期でもあります。

20代も後半に入ると一定の専門性をが身についており、同業種へのキャリアアップがしやすくなります。未経験業界においては、30代になるとポテンシャルだけでは採用されにくくなるため、今がラストチャンスといえるでしょう。

実際にdoda 調査の「転職成功者の年齢割合」では、25~29歳が40%と最も高くなっています。ちょうど中心にあたる27歳は、絶好の時期だといえます。

一方30代になった途端に成功率が20%代に落ちるのは、30代には即戦力が求められるからです。

未経験業界への挑戦が減るとともに、よりスキルの高い人が採用される世界へと変わっていきます。20代から30代に移ると、転職のハードルは一気に上がってしまうのです。

また27歳は、転職することで年収が上がりやすい年齢でもあります。同じくdoda調査の「年齢と年収アップ傾向の調査」では、27歳は28歳と29歳に次いで上がりやすいという結果が出ています。

 

その理由として、同業種へのキャリアアップで一気に給与を上げるチャンスを持っているからだといえます。大企業のような年功序列の給与であれば大きな差は生まれませんが、実力主義の企業に移った場合は一変する可能性があります。

着実にスキルを磨いてきた人にとって、20代後半での転職は給与も自信も上げてくれる絶好の場になるでしょう。

2回以上は不利になる?

タイトルで「27歳で2回の転職は多い」とお伝えしましたが、ここで27歳の平均的な転職回数について確認していきましょう。以下はリクナビNEXTの実施した「年代別転職回数の調査」です。

20代は転職経験なしが76%、1回が16%、2回は6%と圧倒的に20代の転職回数が少ないことがわかります。その中で27歳のうちに2回以上の転職を経験することは、平均と比べて多いといえるでしょう。

やはり平均より回数が多いと、採用に悪影響を及ぼさないか心配になるところです。同調査では、採用側が転職回数へ抱くイメージについてもリサーチしています。

1回と2回の間にあまり差は見られませんが、3回目になるとぐっと回答が集中し、40%が気にするようになります。3回以上になると「転職を繰り返している」という印象が生まれるようです。

しかし採用実績を見ると、意外な結果が出ています。

転職歴で最も気にされていた「転職歴3回」が、実際に採用された割合でも最も多くなっているのです。加えて4回以上の転職経験者を63%が採用しており、イメージの調査と比較すると矛盾していることがわかります。

その理由は、転職回数が多くても明確な理由があればマイナスにならないからです。

「なぜその回数なのか」「その回数によって何を得て、どう成長したか」、「ポジティブなコメントが得られるなら回数は気にしない」という採用側の意見が多数あります。

回数が少ないほど初めは有利といえますが、重要なのは目的意識や一貫した軸です。転職を重ねるごとにスキルが増えている人は、企業の欲しい人材になり得ます。

職種によって平均回数は変わる

下記のグラフはdoda調査の「職種別:転職回数と成功率」で、初めての転職成功率を100とした場合の転職回数と成功率の関係を表しています。

転職回数が多いとマイナスになるのは、販売・サービス系や営業系、電気・機械の技術系になります。これらの職種では意欲ある若手が求められており、転職を繰り返すことによって徐々に定着率の悪さが懸念されるようになります。

しかしもちろん、会社都合の退職であったり明確な退職理由があったりすれば気にされないこともあるでしょう。

一方回数が多くてもマイナスになりにくいのは、クリエイティブ系やメディカル・食品の技術系、建築・土木の技術系です。特にクリエイティブ系は、2回目・3回目ともに100を越えています。

資格やスキルが重視される職種では、むしろ転職によって様々な経験を積んでいると評価され、転職回数はマイナスポイントになりにくいのです。しかし当然ながら、採用には成果や実績などのアピールが必要になります。

2回以上の成功法

さきほど転職回数が多くても「目的意識や一貫した軸」があれば問題ないと述べました。そこで2回目・3回目の転職をスムーズに進めるために、そのポイントを軸にして準備を進めていきましょう。

転職前に考えるべきこと

現職にやり残しがないか

27歳が絶好の時期とはいえ、無計画に進めては失敗の原因になります。

不要な転職ではないか、転職で何を叶えたいかを事前に明確化しておきましょう。明確にすることで、むしろまだ現職でやれることに気づいたり、現職のうちに取得しておくべき資格などが見えたりします。

旅行と同じで、目的とそのためのルートをチェックしておくことは、時間を有意義に使うための大切な準備になります。

キャリアで何を重視するか

妥協できる条件と、できない条件を明確にしましょう。

専門性を磨く、年収を上げる、ワークライフバランスを保つなど最適な働き方は人それぞれです。ここで重視したことは必然的に転職の軸となるため、もし転職が長引いてしまっても、焦って条件を妥協しすぎる事態を防げます。

人生設計を考える

27歳になると男性は家族を支えること、女性は結婚や出産を視野に入れる必要も出てきます。

男性の場合、既婚者であれば家族を養える収入や家族と過ごす時間のために、収入アップやワークライフバランスを求めて転職するという選択があります。
未婚者でも、将来を見据えた貯金や趣味に投じる時間を求めて転職することも手です。

女性の場合は、結婚・出産を経ても長く働けるかを重視すると良いでしょう。産休・育休制度が整っていたり残業時間が少なかったりすると、無理なく仕事と子育てを両立することができます。

成功ポイント

転職理由を明確に

転職を重ねるごとに重要になってくるのが転職理由です。上記の通り3回以上から懸念されやすくなるため、企業を納得させられる一貫した転職理由を用意しておく必要があります。

しかし退職理由がネガティブなものだと、また同じ理由で辞めるのではないかと思われてしまうので、「どうしてもやりたいことがある」、「もっと成長できる環境で働きたい」など前向きな理由を伝えて採用側の不安を払拭しましょう。

職務経歴書を工夫する

転職回数が増えると、必然的に職務履歴書に書く内容も増えてきます。書き方によっては回数の多さが目立ち、書類選考の時点で落とされか兼ねません。

そこで業務内容ごとに内容をまとめるという工夫をすることで、すっきりと職歴を書くことができます。職務経歴書は履歴書と違い、必ずしも年代順に書く必要はないのです。

職歴全体を通じて得意といえる業務内容があればしっかりと記載し、一貫性がない場合は応募先の仕事で活かせることを重点的に書きましょう。職歴を整理していくことは、これまでの経験を洗い出す良い機会にもなります。

転職エージェントを利用する

1人で転職を進めるのが不安な方は、通常の転職サイトだけでなく転職エージェントを使うのもおすすめです。転職エージェントは履歴書の添削や面接スケジュールの調整など、転職をする際の負担を軽減してくれます。

また自分では気づけなかった選択肢を提案してくれることもあり、行き詰ったときには頼れる存在となるでしょう。

回数には相応の理由を

2回目・3回目の転職には、相応の理由が求められます。 しかし27歳はまだ20代の有利な条件を使えるため、その可能性をフルに使えるチャンスです。焦りすぎず、賢明な判断をしていきましょう。

選択肢が多いのも困りものですが、ここは贅沢な悩みだと思って思う存分に悩み切ってください。主体的な考えを持つ人を、企業は採用したいはずです。