年間休日107日の内訳。祝日や土曜日は全て休みではなくかなり少ない方。

年間休日107日の内訳。祝日や土曜日は全て休みではなくかなり少ない方。

年間休日107日ということに対してあなたはどんな印象を持つでしょうか。

年間休日は120日以上あることが働きやすい環境の一つだと言われる場合が多いですから、多くの人はかなり少ないと思うのではないでしょうか。

ただ実際のところはどうなんでしょうか。

今回は年間休日107日の内訳や平均日数との差、さらに知っておきたいルールを紹介します。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:休みが少ない会社からは早めに脱出を。休日は転職するしか解決策はなし

年間休日107日の内訳、土曜日や祝日は全て休みではない

土日に加えて祝日も休みとした場合は年間休日数がだいたい120日程度。

107日となる場合、全てが休みとはならず土日どちらかが出勤だったり、祝日がほとんど休みではないパターンが考えられます。

完全週休二日制の場合

まず毎週土日が完全に休みの完全週休二日制の場合。

1年間は52週だけですからそれだけで休日数は104日。残りの3日が年末年始や夏季休暇にあてられます。

毎週確実に2日休める代わりにまとまった休みをとることはできますが、それは年に1回だけ、それも3日しかないのでそこまで長い休暇をとることができるわけではありません。

週6日勤務がある場合

次に完全週休二日ではなく、週6日勤務の週がある場合。

隔週で土曜日が出勤、月に1回土曜日に出勤がある場合などがあります。

例えば月に1回週6日勤務がある場合だと、年間休日数は92日。

残り15日がGWや夏季休暇、年末年始に振り分けられる、もしくは祝日などが休みになることになります。

平均日数から比べると?

では年間休日数の平均日数と比較してみましょう。

年間休日数の平均は約114日

厚生労働省の就労条件総合調査結果の概況によると、労働者1人あたりの平均年間休日の総数は113.8日です。

有給休暇による休みは含まれません。

これによると107日というのはかなり少ないことが分かりますね。

なお業種別の平均日数は以下の通り。

  • 建設業:111.9日
  • 製造業:117.7日
  • 電気・ガス・水道業:122.0日
  • 情報通信業:122.2日
  • 運輸業:103.2日
  • 卸売業、小売業:111.1日
  • 金融業、保険業:120.2日
  • 不動産業:114.1日
  • 宿泊業、飲食サービス業:101.9日
  • 生活関連サービス業、娯楽業:103.1日
  • 教育、学習支援業:114.6日
  • 医療、福祉:112.6日

運輸業、宿泊業、サービス業、娯楽業の場合では平均以上の日数となります。

有給休暇が取りやすいかも重要

会社選びの際など休日数は必ず着目しなくてはいけないポイント。

ただ単純に休日数を見れば良いというわけではなく、有給休暇がどれくらいとれるかも大事なポイント。

有給休暇は半年働けば最低でも10日、6年半以上なら最低でも20日間付与されることが義務付けられています。

もし年間休日が120日あっても、有給休暇を平均5日しか取れないなら年間で休むことができるのは125日。

一方年間休日が107日しかなくても、有給休暇を毎年20日間しっかり取れるなら年間で休むことができるのは127日。

逆転します。

有給休暇取得率がどれくらいなのかというのは実は非常に大切なのです。

ただ平均的にみると年間休日数が多い会社ほど有給休暇消化率は高く、年間休日数が少ない会社ほど有給休暇消化率が低い傾向があり、休むことができる日数の差はさらに大きくなる場合が多いです。

年間休日107日の場合に知っておきたい労働時間のルール

では次に年間休日107日の場合に知っておきたい労働時間のルールを紹介します。

労働時間の上限は1日8時間、1週間40時間と定められており、これを超えた部分については残業時間として割り増し賃金を支払われます。

完全週休二日制で年末年始などに休みがある場合、1日8時間勤務としても週40時間勤務とはなりません。

しかし週6日勤務があると、1日8時間勤務とした場合では週48時間勤務となってしまいます。

ただこの場合でも多くの人はオーバーした8時間分に対して残業代を貰っていないでしょう。

これは多くの場合に変形労働時間制を導入しているからです。

労使協定や就業規則等で変形労働時間制を導入している場合、1ヶ月ないし1年単位で労働時間を平均してみることが可能となります。

例えば週6日48時間労働の週が3度あったとしても、連休で週2日14時間労働の週が1度あれば相殺できるというわけです。

実際働いてみると割としんどいと感じることが多い

年間休日107日の場合、今回紹介してきたような働き方になることが予想されます。

正直割としんどいと思います。

週6勤務がある場合も、長期休暇を全然とれない場合も、休みが少ない、もっと休める会社が良いと思う人が多いでしょう。

また先ほども述べたように有給休暇もとれにくい場合が多いですしね。

休日数は会社次第。

仕事選びの際は仕事内容や給料はもちろんですが、休日数もしっかり見て自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

転職を考えたら転職サイトをチェック

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ