価値観が合わない社長についていけない。価値観は合う・合わないより理解する方が良い

あなたは社長と価値観が合わず付いていけないと感じた経験はありませんか?

社長の考えは会社全体に影響を及ぼすため、価値観が合わないと感じると日々の業務がやりにくいと感じたり、納得ができない出来事が多くなるでしょう。

実際、社長と価値観が合わないという理由から退職を決意する方がたくさんいます。

確かに、無理に社長の意見に合わせて頑張るよりも、価値観が合う社長のいる会社に転職した方が良いと感じるのは当然といえば当然でしょう。

しかし、少し合わないという理由だけで退職すると、結局転職に苦労したり、前の会社の方が良かったと後悔したりする恐れがあります。

また、価値観をすべて理解できなくても、理解しようとするだけで気持ちが楽になるケースもあるのです。

そこで今回は、社長と価値観が合わない場合の対処法について解説します。

価値観が合わない理由についてもチェックしていきましょう。

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

価値観とは何か?

価値観とは何か?

会社における価値観とは、給与(月収や年収)、人(社長・上司・部下・同僚)、仕事内容、経験やスキル、福利厚生(社会保険などの充実度)、職場の環境(通勤時間や勤務時間・休日や勤務地など)などから把握できます。

他にも、社風や理念、社長の理想などからも価値観が分かる可能性があります。

社風

社風とは、その会社の文化や雰囲気を意味しています。

普通、社風と聞くと時間経過とともに自然に出来上がるものをイメージするでしょう。

しかし、実際は上層部によって意図的に作られているケースがほとんどなのです。

そして、社風を作るためには人事制度や評価制度、社内イベントといった組織形成の重要部分に対して理想を反映させていきます。

このようにして作られた社風は、社長などの意志や考えが強く反映されているという訳です。

理念・ビジョン

理念やビジョンとは、長期的な視点で見たときに「どんな会社にしていきたいのか」といった目標や理想を意味しています。

また、会社は組織なので社員ひとり一人に対して、理想を浸透させて共感してもらい、さらには行動を促す必要があるのです。

ただし、日々仕事をしていると理想を忘れてしまうので、社員が自然に理念に沿った行動をするように人事などに落とし込む必要があります。

これができてない企業だと、社員が会社の理念と合わないと感じてしまうのです。

社長の理想

前の項目で、会社の理念について解説しました。

では、経営理念とはどのようにしてできるものなのでしょうか。

多くの企業では、社長の理想を基に作っていきます。

そして、作った理念は企業の公式サイトや社長のSNSなどに掲載されています。

もしも、今の社長と価値観が合わないと感じるなら、今一度会社の理念を確認してみてください。

評価

社風や社長の価値観が最も反映されるのが評価です。

具体的には、以下のような評価の仕方が会社の価値観になります。

  • 売り上げや利益至上主義の価値観
  • 顧客満足度を重視する顧客至上主義の価値観
  • 業界内での知名度やブランドとしての価値を重視する価値観
  • 会社への忠誠心を重視するロイヤリティ志向の価値観

以上のような内容が、会社の価値観になります。つまり、社長の価値観という訳です。

これらの価値観のうち、複数の部分で不満があるなら転職を考えた方が良いでしょう。

価値観の違う社長や上司はストレスになるが会社を辞める時は慎重な判断が必要

価値観の違う社長や上司はストレスになるが会社を辞める時は慎重な判断が必要

価値観の違いは確かに大きなストレスとなります。

実際、以下のようなやり取りは社長や上司と交わされるケースがあります。

社長:昇給させたから部下が満足していると思っている
部下:給与のアップはうれしいが今は経験が大事。

社長:若いうちは経験させた方が良い
部下:残業時間のわりに給与が低い

社長:飲み会で社員との親睦を深めたい
部下:早く帰ってプライベートを大切にしたい

このように、年齢的な違いもあるので、どうしても価値観の違いが生じてしまいます。

場合によっては、上司の意見に従うしかなくて辛い思いや嫌な思いをするケースもあるはずです。

しかし、ちょっとした価値観の違いで簡単に退職を考えてしまうと、いつまで経っても長続きする職場が見つけられません

少しの価値観の違い程度なら我慢した方が良いかもしれません。

しかし、本当に価値観が合わないケースもあるので、次の項目で解説します。

価値観が合わないと感じるケース

価値観が合わないと感じるケース

価値観が合わないと感じるケースとは、どのようなときなのでしょうか。

実は、新卒や20代の転職者、30代の転職者によって合わないと感じるタイミングが違うのです。

新卒のケース

新卒は、入社した直後に「新人研修」を受けます。その段階で、理念や社風に関しても学んでいきます。

しかし、今まで学生だった方がいきなり社会人として理念や社風を叩き込まれると、考え方が合わないと感じたり、納得できないと思ったりしてしまいます。

このケースは、社会人として経験を積めば違和感がなくなる可能性が高いので、まずは理念や社風が馴染むまで働いてみてください。

一般的には半年から1年程度働くと慣れてくるとされています。

20代転職者のケース

20代の転職者は、前の職場で新人研修を受けて、理念や社風を学んでいます。

しかし、まだまだ20代は若手として扱われているため、転職先でも育成対象となっているのです。

転職者側も、新しいスキルなどを学びたいと感じて転職する人は多いでしょう。

ところが、20代転職者に対して、どの程度の教育をするのかは会社によって異なります。

しっかりと基礎から教育する企業もあれば、研修や育成プログラムが整っていないところもあるのです。

このような教育制度の違いなどによって、20代転職者は価値観の違いを感じてしまいます。

満足のいく教育が受けられないという理由から価値観の違いを感じるなら、転職を視野に入れた方が良いかもしれません

30代転職者のケース

30代転職者になると、その多くが即戦力として雇われます。

そのため、どのような評価制度なのかといった点において、価値観の違いを感じるようです。

また評価制度は、給与はもちろんのこと、どのような仕事を任せてもらえるのか、どのような役職に就けるのかといった部分にも影響を及ぼします。

評価の部分で価値観の違いを感じる場合は、正しく評価されていないと感じたり、希望する給与や役職が与えられなかったりする恐れがあるでしょう。

もちろん、自身が思っているよりも良い評価や待遇が与えられるなら問題ありません。

しかし、思っているより評価が低いと感じるなら、転職を視野に入れた方が良いでしょう

価値観が合わないと思われやすい社風

価値観が合わないと思われやすい社風

価値観が合わないと思われやすい社風というのがあります。

ここでは、どのような社風が合わないと思われやすいのかご紹介します。

体育会系な社風

体育会系の社風というのは、挨拶や上下関係に厳しく、目標達成や情熱などの精神論を交えながら指導するケースが多くなっています。

しかし、近年はこのような考え方をする若者が減っていて、嫌悪感を抱く方が増えてきているのです。

社長がスポーツをやっていたり、自衛隊出身だったりすると、それが社風にも表れるので、体育会系の社風が苦手な方は社長の経歴などを確認すると良いでしょう。

ドライな社風

ドライな社風とは、社員同士があまり干渉をせず、自立した形でそれぞれの仕事をこなしている会社です。

全体的に一体感がなく、「他人は他人」「自分は自分」といった分に気が強くなっています。

良い意味に言い換えると、多様性に富んでいるといえるでしょう。

しかし、社会人として組織に属しているなら、仲間と努力して仕事をしたという方は多く、ドライな社風というのに対して苦手意識を持つ方は存在します。

新しく会社に入社した際に放置されるのが嫌という方や、ストレスをため込んだ時に誰も心配してくれないという状況が苦手という方は、ドライな社風は避けた方が良いでしょう。

価値観が合わない会社で働くデメリット

価値観が合わない会社で働くデメリット

価値観が合わない会社で働くには、当然デメリットなる部分があります。

例えば、価値観が合わなければ、社長や上司と意見が食い違う場面が多くなるので、人間関係のトラブルに発展する恐れがあるでしょう。

そして、どんなに自分が正しい意見を言っていたとしても、会社全体の価値観であれば受け入れてもらえない可能性が高く、日に日にストレスが溜まっていきます。

他にも、思うような仕事ができなくなって成果が上がらなくなったり、会社から正しい評価をしてもらえなかったりするのです。

正しい評価もしてもらえないとなると、当然給与や昇進などにも悪影響を及ぼします。

もちろん、基本的には価値観が合わないものは仕方がないと割り切って、相手の価値観を理解したり、会社全体をみて方向性などを確認する方が先決です。

しかし、どうしても理解できない価値観であるなら、無理に仕事を続けるのではなく転職も視野に入れた方が良いかもしれません。

辞めるとしたら退職理由を、続けるなら社長の価値観を整理してみる

辞めるとしたら退職理由を、続けるなら社長の価値観を整理してみる

価値観が合わないと感じた場合、大まかな対処法は以下の2つです。

  • 退職をする
  • 価値観を理解する

基本的には、社長の価値観を整理して理解しようと努力した方が良いでしょう。

なぜなら、しっかりと価値観を整理すれば理解できる可能性があるからです。

また、退職をした場合は転職も考える必要があり、簡単に次の職場が見つかるとは限りません

なので、まずは社長の価値観を理解することに努めましょう。

具体的には、業務上で経験と給与のどちらを優先しているのかなど、社長を知りどんな方向性で会社を経営しているのか考えてみると理解が深まります。

加えて、社長が何を大事にしているのかを知れば会社に対しても理解も進むでしょう。

このように、せっかく仕事を続けようと考えたなら、社長の価値観を理解したうえで続けてください。

もしも、社長の価値観を整理したうえで合わないと感じるなら、転職を視野に入れましょう。

ただし、転職は簡単に成功するものではありません。目的や目標を明確にして、尚且つ自己分析や企業研究を徹底する必要があります。

安易な理由から退職するのではなく、綿密に考えたうえで退職・転職を決断してください。

価値観はみんな違うと理解しよう!

価値観はみんな違うと理解しよう!

今回は、社長との価値観が合わない理由などについて解説しました。

しかし、価値観はみんなが違うものです。そのため、価値観の全てが一致する人はいないと理解する必要があります

ほとんどの人が異なる価値観を持っているので、会社の中では社長も含めて個人の価値観に対して自分と合う・合わないと判断しないようにしてください。

大切なのは、相手の価値観を理解することです。

また、会社の中では社長の価値観が反映される部分はあるものの、社長の価値観のみを見つめるのではなく業務上で社員全員が同じ方向を向いて働けるかを見る方が良いでしょう。

ただし、中にはどうしても納得できない価値観や理解できない考え方もあるので、その場合は辞めるという選択を選んでも良いでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)