転職時の適性検査(SPI)の重要性や対策。軽く見ているとそれが原因で落ちるかも。

就活のみならず、中途採用の場でも広く行われるようになっている適性検査ですが、転職活動をしている人だとかなり軽視してしまっている人が多いように感じます。

もちろん重要度で言えば履歴書や職歴書といった書類関係や、面接の方が高いでしょう。

しかし、だからと言って決して軽視して良いものではありません。それが原因でせっかく受かるはずのものが不合格となってしまう可能性もゼロではないのです。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

適性検査とは

まずは簡単に適性検査について、どういったものか、そしてなぜ広く行われているかということを簡単に説明していきます。

適性検査について

適性検査とは、企業が採用の選考を行う上で応募した人の能力、性格等を把握する為に行われるテストのことです。

受検方法は企業によって様々であり、企業が準備した場所で行われる場合、テストセンターで行われる、自宅等任意の場所で任意の時間にパソコンを使い受検する場合があります。

適性検査サービスは様々な会社から提供されていますが、最も有名で多く使われているのがリクルートキャリアが提供している「SPI」。

中途採用のみならず、新卒採用でもかなり使われていますから、受検したことがあるという方は多いのではないでしょうか。

SPIの種類

SPIの中にも、以下のような様々なテストがあります。

  • 能力検査
  • 性格検査
  • 英語能力検査
  • 事務能力検査
  • 実務基礎能力検査

中途採用時に最も多く行われているのは「能力検査」と「性格検査」の2つであり、英語が必要な仕事の場合はその2つに合わせて実施されます。

適性検査を行う目的

適性検査を行う一番の目的は、履歴書や面接だけでは見抜けない部分を見抜くことにあります。

たとえば、学歴が良くても能力面で実は求められるレベルを満たしていないことも考えられます。

性格面で、職務内容や社風などから求めている人材とは実は一致していないということも考えられます。

いくら経験があったとしても、実は能力が不足していたり、性格的に合わないといった問題があると、企業としては長い目で見てあまり良い人材にはなりません。

履歴書や職歴書、そして面接から得られる情報はどうしても限られますから、それを補う為に適性検査は広く行われているのです。

また、他にも適性検査は以下のように役立っています。

  • 面接で、性格や能力を鑑みた上での適切な質問内容を行う
  • 面接、履歴書との整合性を見る
  • 採用の振り返りを行う
  • 入社後の配属先の検討に用いる

性格検査の結果は思いのほか当たっている

適性検査をやったことがある人でも、自分の結果を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。

結果をフィードバックしてくれる企業も稀にありますが、ほとんどの企業はその結果を出してはくれません。

ただ、実際のところどんな結果がでてるのかって気になりますよね。

私が以前採用側の立場にあった時、参考の為に自分でもやってみた経験があるのですが、「かなり当たっている」という結果になりました。

正直それまではあまり信用もしていないし、重要だとも思っていなかったのですが、その結果を見て考えを改めましたし、採用に十分使えるという判断にもなりました。

ちなみに自分を良くしようと見せているかどうかまで、結果としてでてきます。

転職時の適性検査(SPI)の重要性は思いのほか高い

転職をしようとしている人の中で、適性検査をしっかり対策している人はどれだけいるでしょうか。

もちろん適性検査がうまくいったからと言って、それで採用とはなりません。

職歴、経験、実績を重視する中途採用では、新卒での就職に比べると重要性も低くはなるでしょう。

しかし、それでも適性検査の重要度は思いのほか高く、決して軽視して良いものではありません。

中途採用でも適性検査は重要視されている

適性検査は企業にとって決して安いものではありません。

採用にお金をかけることができる大企業であれば気にならないのかもしれませんが、中小企業だとまあまあの負担にはなります。

それでもあえて行っているのですから、当然選考で使っているに決まっています。

どれほど重要視するかは企業によってそれぞれ。本当に単なる参考程度としかしてないところもあります。

しかし、足きりとして使っていたり、職務への適性をこれで判断して決断していたり、他の応募者との比較で用いている企業は実はかなり多いのです。

企業側の「重要視してない」発言をうのみにしてはだめ

企業側から、「あくまで参考程度です」だとか、「重要視していない」といったことを言われた経験がある人もいるかもしれません。

しかし、そんな言葉をうのみにしてはいけません。

時間とお金をかけてやっている以上、何かしらの目的があり、何かしらに使うのです。

企業側にとってみれば、何の対策もせず受けてもらった方が、本当の能力や性格を図れます。だからこそこういった発言をしているだけにすぎません。

適性検査が原因で面接に落とされている可能性も

たとえば書類選考後に適性検査をしたとしましょう。この場合、適性検査の結果いかんに問わず、面接には進む場合が多いです。

適性検査のみで不合格というのはかなり稀で、とりあえず面接は行います。

ただ適性検査によって、能力未達、仕事に合わない、会社に合わないと判断されれば、面接では受かりません。逆転できる可能性もあるでしょうが、かなり不利な状態からスタートです。

企業は少しでもリスクがあると判断したら、よっぽど人が足りない限り採用はしません。

もしあなたがこれまで面接で落とされた経験があるならば、その原因は適性検査の結果によるものだったかもしれません。

落ちることがほとんど決まっている面接にのぞんでしまっていたのかもしれません。

適性検査が原因で落ちる場合

では、適性検査が原因で落ちる場合には、どういったことが挙げられるでしょうか。

能力不足

適性検査の能力検査では言語能力(国語)、非言語能力(数学)に関するテストによって、基礎学力、論理的思考力、文章能力を検査されます。

高ければ高い方が優秀とは限りませんから、一定ラインさえクリアしていればその結果によって優劣をつけることはそこまでありません。

しかし著しく悪い結果の人は、業務遂行能力が低い、能力不足と判断されてしまい不採用となってしまう場合があります。

企業側は国語、数学といった学力的な部分を思いのほか重視しています。

性格面が求める人材と一致していない

たとえば営業なのに、交渉が苦手、人間関係が苦手とでてしまうと、業務ができるのか、成長できるのかという点に疑問がでてしまいます。

この仕事で募集するにあたり、どういった人が欲しいかを当然企業は考えています。

それに合っていないと結果がでてしまえば、当然選考では不利な要素になってしまうのです。

適性検査と面接での発言の矛盾

適性検査での結果と、面接での発言に矛盾があれば面接官は当然不信感を抱きます。

適性検査で嘘をついたのか、面接では嘘をついているのかと考えます。

企業はリスクがある採用を行いません。矛盾がある以上、採用しようとは思わないのです。

転職時の適性検査対策

もちろん何の対策をしなくても何の問題もなく適性検査を済ませることができる人もいます。

しかし、落ちる可能性があるという以上、転職成功率を少しでも挙げる為に多少なりとも対策をしておきましょう。

対策本を一度は行っておく

中途採用向けSPIの対策本はたくさんでています。

1冊で構いませんから、やっておきましょう。

当日いきなりSPIを受けると、時間がどんどん迫ってきて、焦りもでて答えられるはずのものも答えられません。

どういった問題がでるのかをあらかじめ知っておくだけでも、能力検査に違いがでます。

性格検査では自分を良く見せようとしすぎない

性格検査は、ある程度企業が求める人材に人物像を作り上げることも必要です。

しかし、あまりに自分を良く見せようとするのは絶対にNG。

SPIでは、検査の際に良く見せようとする傾向の有無がわかります。

もし「良く見せようとしている」という結果がでてしまうと最悪。それだけで一発不合格となりかねません。

自己分析を行い、自分の性格をしっかり把握しておく

自分の性格についてよく知り、それに沿って嘘をつかずにアピールすべきことを決めなくてはいけません。

もし自分についてよく知っていれば、適性検査と面接で矛盾することもなくなるでしょう。

自分は何が得意で何が苦手なのか、自分はどんなことが好きでどんなことが嫌いなのか。

あらためて、自己分析はしっかり行いましょう。

適性検査にも気を抜かず、ベストの転職ができるように準備しよう

転職時の倍率はダイキ偉業なら数百倍はあるし、中小企業でもある程度のホワイトなら数十倍は超えます。

そんな中で、合格を勝ち取らなくてはいけないのですから、どれか一つとっても手を抜くべきではないのです。

職歴、経験不足といった部分など不採用となってしまってもやむを得ない場合もありますが、そうではない部分は確実に拾えるような準備をするように心がけてください。

関連記事