正社員の求人なのに試用期間は契約社員というパターンもあるので注意

正社員として働きたいと考えている人は、当然正社員を募集している求人に応募します。

そして採用されたら通常は正社員として雇用されることになります。

しかし、稀に正社員の求人に応募して採用されたにも関わらず、正社員ではなく契約社員として雇用されてしまうパターンがあります。

特に多いのが、試用期間を契約社員として雇用されるパターン。

結果的に正社員として採用されるのであれば良いのですが、労働者側はいくつかリスクを背負うことになるので気を付けなくてはなりません。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

正社員としての採用でも試用期間は契約社員というパターンは少なくない

正社員の求人であるのに、いざ採用されると契約社員だったという場合は少なくありません。

特に多いのが試用期間の雇用形態が契約社員になるパターン。

3ヶ月から6ヶ月、無期雇用の正社員ではなく有期雇用の契約社員として雇用されることになります。

また実は正社員登用前提の契約社員であるなんてパターンもあります。

1年間は契約社員として採用、その後正社員として採用するなど、実際には正社員になるまでかなりの時間を要してしまうという場合もあるので注意しなくてはなりません。

企業が試用期間を契約社員とする理由

本来であれば正社員として雇用するなら最初から正社員として雇用し、試用期間を設けるべきです。

しかしそうせずにあえて契約社員という形にするのには、もちろん理由があってのことです。

試用期間後に辞めさせやすくする為

契約社員のような有期雇用者の場合、あくまで雇用する期間はその契約期間です。

もし能力が低いということがわかった場合や、会社の経営が少し悪くなった場合、契約を更新せず打ち切りとすることが可能となります。

一方で正社員として採用した場合、簡単に辞めさせることができません。

試用期間は解雇しやすいと思われていますが、そんなことはありません。試用期間であっても採用した以上、正当な理由がなければ解雇はできず、契約社員の契約満了とはハードルの高さが全然違います。

その為、より人を辞めさせることができる契約社員という形で試用期間に雇用するという形をとるわけです。

ただ実際は契約社員であっても、継続して契約を更新している場合や長期勤務や正社員になれることを期待させる言動があった場合は簡単に雇止めすることはできません。

今回のように正社員とした採用して試用期間を契約社員にする場合、正社員への期待は著しく高い為、正当な理由がない限りは雇止めをすることはできません。

そのことを知らず、契約社員なら辞めさせやすいと誤認識してしまっている人が少なくないのが現状です。

人を集めやすくする為

求人募集をする際、「契約社員」という形よりも「正社員」という形の方が人は集まります。

その為、本来は契約社員であるにも関わらず正社員と嘘をついたり、わかりにくい形にする企業が残念ながら少なくありません。

労働者側のリスクはかなり高い

どうせ試用期間が終われば正社員になれるだろうから気にしないという人もいるかもしれません。

しかしそれは安易な考え。

もちろん、最初は契約社員であっても試用期間が終わったら予定通り正社員として採用してもらえる場合が多いでしょう。

しかし以下のようなリスクもあるので注意しなくてはなりません。

試用期間後にクビになる可能性が通常より高い

わざわざ契約社員にしているということは、少なからず契約満了という形で雇用をストップする予定があるということです。

よって通常よりも試用期間後にクビになってしまう可能性は高いと考えてください。

会社側がどれだけの高い能力を求めているかはわかりません。ただ中には理不尽に高い能力を求め、そもそも契約を打ち切る可能性が高い会社だってありうるのです。

試用期間が終わっても契約社員として更新される可能性がある

試用期間が終わったら正社員にして貰えるはずは、変わらず契約社員としての有期雇用という形で継続されてしまうというパターンはたまに聞きます。

実は最初から契約社員としてしか雇う気がなかったかもしれません。もしかしたら正社員にするには能力が不足すると思われたのかもしれません。

理由はわかりませんが、こういうパターンがあるということも知っておいてください。

転職活動を行う上で確実に正社員として採用される為に必要なこと

では、採用時点で確実に正社員として採用される為に注意しなくべき点はどういったことが挙げられるでしょうか。

基本的には以下の2つの方法で、見抜くことができます。

求人情報を隅から確認する

ハローワークや転職サイトの求人情報はしっかりと確認しましょう。

特に一番下の備考欄もチェックが必要です。

正社員の募集としながら、備考欄に「試用期間は契約社員として雇用」だとか「1年間の契約社員を経て正社員に登用」などと、最初は契約社員であることが書かれている場合があります。

雇用形態は求人募集の際に最低限明示しなくてはいけない項目です(厚生労働省「職業安定法の改正」)。

契約社員としての募集であるにも関わらず、正社員として募集することは認められていません。

その為、基本的にはわかりにくくはしていてもどこかしらに書かれている場合がほとんどです。

労働条件通知書で雇用形態を確認する

労働基準法第15条では、労働契約を結んだ際に労働条件を明示することが義務付けられています。

労働基準法第15条1項

使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

特に以下の5項目については労働条件通知書といった書面で明示しなくてはなりません。

  • 労働契約の期間
  • 就業の場所・従事する業務の内容
  • 始業・終業時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇、交代制勤務をさせる場合は就業時転換に関する事項
  • 賃金の決定・計算・支払いの方法、賃金の締め切り・支払いの時期に関する事項
  • 退職に関する事項(解雇の事由を含む)

試用期間が契約社員ならば、その旨と契約期間が書かれていますから、試用期間の雇用形態がわかります。

もし労働条件通知書を出してくれないなどがあれば、試用期間は関係なく入社すべきではありません。

これは法律で義務付けられていることであり、提出しない時点でおかしな会社ですし、給料や休日面でも嘘をついているブラック企業の可能性が高いからです。

転職活動でミスしてしまうと厳しい

転職する前に気づくことができればそこまで影響はありませんが、もし入社してしまったら影響度はかなり強いです。

辞めるにしても短期離職が次の転職活動に響いてしまうし、辞めてしまうとお金の問題も発生します。

そうならない為に、リスクが高い転職は避け、安心して入社できる会社へと転職するようにして下さい。

転職活動を行う際に

もしこれから転職活動を始めようと思っている方は、ぜひ転職エージェントを活用してください。

今回のように試用期間がどうかなどは、エージェントがしっかり確認して答えてくれますし、そもそも扱っている求人にブラック企業が少ない為、失敗する可能性が下がります。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事