シフト制の正社員のきついことが多い。辞めたい人は早めに土日休みの仕事に転職を。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

シフト制の正社員のきついことが多い。辞めたい人は早めに土日休みの仕事に転職を。

正社員であっても、飲食やホテル業界など土日もやっている仕事、長時間開けている仕事の場合だと毎週休みが固定されていないシフト制勤務の場合が多々あります。

たとえば4週6休、4週8休といった休みの体系をとっている場合が多いですね。

ただそんなシフト制の勤務は中々きついことが多いのが現実です。

関連記事

 

シフト制の正社員できついこと

休みを好きなように決めることができるから自由度があっていい。

最初はその方がいいなんてことを考えていた人がいたかもしれません。

ただ実際やってみると、おそらく全然思っていたのとは違ってきついことが多いのではないでしょうか。

休みは自由になんて決めれない

皆が皆同じ日に休むことはできないので調整しなくてはいけませんが、割とかぶってしまうことが多い為、特に若い人ほど希望通りの日には休めないことが多いんですよね。

休みの日を自由にできるなんて大間違いなのがシフト制で正社員として働く人の現実です。

土日ほど休みにくい

特に土日ほど休みにくい傾向にある場合が多いです。

周りの人が休みを希望することが多かったり、接客業だと土日ほど忙しいことが多い為です。

その結果、家族と休みが合わなかったり、子供の行事に参加できなかったり、友人の誘いも断ることが多くなってしまいます。

 

長期連休がない

一般的な会社だとGWやお盆、年末年始に長期連休をとれる場合が多いです。

ただシフト制勤務の場合だとこの長期連休がないというのも大きなデメリット。

3連休をとるような形で有給休暇を使うことはなかなかできず、長期連休もないと旅行になんて中々行くことができません。

急な出勤対応がある

あらかじめ決まった休みでも、急な出勤対応をしなくてはいけない日があるのもシフト制勤務の辛いところ。

他の社員が病気などやむを得ない理由で急遽休むことになった場合、誰かが代わりにでなくてはなりません。

そのせいでやむを得ず既に決まっていたプライベートの予定をキャンセルしなくてはいけないという場合もでてくるでしょう。

休日出勤が多い

会社にもよりますが、急ではなくとも休日出勤自体が多いという話も聞きます。

誰かが有給休暇をとると人が足りなくなるので誰かが休日出勤。

自分が有給休暇を取る場合は自分の代わりに誰かが休日出勤。

そんな人が多いです。

予定を立てにくい

土日休みと決まっているなら、たとえば2ヶ月後の予定だってたてられるわけです。

しかしシフト制勤務となるとそうも行きません。

休みの日が決まっているのは会社にもよりますが翌月まで。

それ以上となるとまだわからない為、全く予定が立てられないのです。

そもそも休みが少ない

シフト制勤務の場合、そもそも休みが少ない傾向にあるというデメリットがあります。

4週8日でも年間休日数で見ると104、105日程度。

年間休日の平均である113日からは遠く及びません。

接客業だともっと少ないというはたくさんいるでしょう。

メリットとデメリットを比較してみると・・・

もちろんシフト制勤務で正社員として働くことにはデメリットしかないのかというとそういうわけではありません。

たとえば平日休みなので空いている時に出かけることができる、役所等に行きやすかったりします。

ただ色々とメリットを考えてみても、正直言って圧倒的にデメリットの方が強いんですよね。

もちろん人によってはその方が好都合という人はいるでしょう。

ただほとんどの人にとってシフト制であることは単にきついものであり、実際にその働き方をしている人に不満は大きくなっています。

実際、土日等で休みが決まっている仕事に比べてシフト制の仕事というのは非常に離職率も高いです。

もしかしたらきついなんて甘えだと言う人もいるかもしれません。正社員なんだから当たり前という人もいるかもしれません。

ただ客観的に見ると、シフト制であるというだけで十分辞めてもいいと思うだけの理由はあると個人的には思いますね。

シフト制に不満があって辞めたいなら、さっさと転職しよう

もしあなたがシフト制で働いていて、そのことで不満を感じているのであれば早めに転職することを検討しましょう。

もしかしたら出世して本社に異動するなどすればシフト制勤務から解放されるかもしれません。

ただそれには長い時間がかかりますし、何よりもしかしたらそうなる日はこないかもしれません。

世間では土日休み等、休みが固定されている会社の方が圧倒的に多くなっています。

特に現在は転職のしやすい売り手市場。抜け出すなら今のうちです。

まずは転職活動をスタート

いざ転職すると言っても業種を変える、職種を変えることに大きな不安を持つ人もいるでしょう。

上手くいくのだろうか、まともな会社に転職できるのだろうか。

そんな風に感じてしまうのも当たり前のことです。

だからこそまずは、とにかく転職活動を始めることが大事です。

実際に転職活動を行い、転職するかどうかを決めるのはその結果次第でOK。

何もやらなけば、いつまでたっても今と変わらない不満だらけの毎日を送ることになります。

おすすめ転職支援サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事


このページの先頭へ