専門卒が未経験の仕事に転職するのは厳しい?転職を成功させる為にやるべきことは?

専門学校を卒業しその分野で就職したものの、違う分野へ転職したいと考えている人は少なくないと思います。

そこで今回は、専門卒の未経験業界への転職事情、そして未経験業界・職種への転職事情や転職を成功させるポイントについて紹介していきます。

関連記事

 

専門卒の転職事情。やっぱり厳しい?

まずは改めて、専門卒の転職事情をチェックしていきましょう。

専門卒の転職が厳しいものになる理由

専門卒であることは転職に不利。全く違う業界に転職するのは厳しい。そんな風に考えている人が多いのではないでしょうか。

残念ながらこれは全体的に見れば事実です。

専門学校を卒業した人が同じ業種・職種で就職、転職する場合であればもちろん不利にはなりませんが、全く違う業種・職種へとなると以下の理由から転職する上でのハードルになってしまいます。

未経験職種を目指すことになる

即戦力になりうる人材を求める中途採用において、その業界・職種での経験や実績というのはかなり重要視される点です。

特に職種での経験有無は、採用後に即戦力として働くことができるかどうかを大きく左右する点であり、多くの会社が職種としての経験があることを応募基準として設けています。

もちろん未経験者可、未経験者歓迎としている求人もたくさんありますが、もし応募者に経験者がいればやはりその人が有利になってしまいます。

大幅に仕事を変えることになる

職種としての経験が未経験であっても、その仕事として近い部分があればその点からアピールできます。

即戦力とは言わないまでも、これまでの経験を生かせることができ、すぐに仕事ができるようになるということを根拠を持って示すことができます。

しかし専門卒の場合だと、仕事の専門性が高すぎて生かせることを見つけにくいという難点がでてきます。

前の仕事とまるっきり違う、何も生かせることはない、これから頑張りますという状態では転職がなかなか難しいのが現実です。

大卒を基準にしている会社が少なくない

求人では大卒以上と制限している会社は少なくありません。

また学歴不問としながらも、優先されるのは大卒者という会社もあります。

すなわち専門卒という時点で、応募できる求人が少なくなるとともに、応募できても合格する確率も低くなってしまうということです。

基礎スキルが不足しているように思われてしまう

高い専門性が高く、資格が必要な特殊な仕事をしてきた人の場合、基本的なビジネススキルが身についていないのではないかと懸念されるのも難点の一つ。

基本的なビジネススキルとはたとえば電話応対、パソコンスキル(Word、Excel、PowerPoint等)といったものから、職場でのコミュニケーションスキルや課題解決能力といったもの。

もちろん他の大卒者に比べても見劣りない高い能力を身につけている人だってたくさんいて、ひとくくりに不足していると決めつけてしまうのは間違い。

しかし、専門学校に行ったこともない人だとそういった思い込みをしてしまう場合が残念ながら多いのです。

それでも専門卒でも未経験職種への転職は可能

このように、専門学校を卒業し、その分野で仕事をしてきた人が全くの未経験の仕事へと転職するのには厳しいハードルが多々あります。

では専門卒者は転職できないのでしょうか。今後も同じ分野でやっていくしかないのでしょうか。

いいえ、そんなことありません。専門卒であっても転職はできるし、実際に全くの未経験業種、未経験職種への転職を成功させて人もいます。

いきなり年収が100万円以上上がったなんて人だっています。諦める必要なんてありません。

職歴より人間性で選ぶ会社も少なくない

先ほど中途採用では経験が重視されると言いました。

しかしあくまで重視されるだけであって、それだけで採用者が決まるというわけではありません。

熱意、協調性、意識の高さ、理解力、柔軟性、コミュニケーション力と言った人間性を含めて採用者を判断します。

そしてむしろ人間性の方が重視するといった会社も決して少なくはありません。

応募資格に満たなくても人物面で評価して採用されるということも大いにありえることです。

武器にすることだってたくさんある

専門学校を卒業し、ずっとその専門の仕事をしてきたことは、転職においてマイナスなことばかりではありません。

確かに直接仕事に通じるものはないかもしれませんが、間接的に役立つ能力は身についているはずだし、それは武器になります。

アピールの仕方次第では、いくらでも欲しい人材だと思わせることは可能なのです。

転職市場は売り手市場

現在の転職市場はかなりの売り手市場となっていて、中小企業だと好条件のホワイト企業であっても人材を確保できずにいます。

そしてそれでもなんとか人を確保しようと未経験者でも可だという企業はかなり増えています。

これは専門卒で未経験職種へチャレンジしようとしている人にとって大きなチャンスです。

専門卒が未経験業界への転職を成功させるポイント

ではここからは具体的に専門卒の人が転職を成功させるポイントを紹介していきます。

転職サイト、転職エージェントは積極的に活用

転職サイト、転職エージェントに対してこんなイメージを持っていませんか?

  • 利用者のほとんどが大卒者
  • 求人のほとんども大卒以上
  • 大手ばかりで中小企業はほとんどない

しかしこのイメージは間違っています。

求人の多くは学歴不問で専門卒可としているし、中小企業も多い。利用者も実は半数が高卒者です。

ですから専門卒であろうと関係なく、転職サイトや転職エージェントは積極的に活用するようにしましょう。

特に転職エージェントは優良な求人が多い上、転職エージェントが転職全般をサポートしてくれる為、利用するメリットが非常に大きいです。

大卒以上でも狙っていく価値はある

応募条件が大卒とされている場合でも、実はそれが目安にすぎず受けてみると受かったというケースも実は多々あります。

ですから気になる企業があったら、思い切って受けてみるというのも大切なこと。

転職では何社受けたってかまわないのですから、積極的に狙っていきましょう。

様々な仕事について調べてみる

職種によって未経験者の転職難易度はかなり変わります。

たとえばIT関係は人手不足が顕著で、未経験者であっても転職できやすい業界の一つ。

一方で一般事務は人気が高いので経験者優遇される場合が多いとともに、派遣社員に行っている場合も多い為、未経験者が正社員になるのは中々の難易度。

難易度が高い仕事だけに絞って転職活動を進めてしまうと、転職もなかなかうまくいきません。

そうならない為にもまずはぜひ色々な仕事について調べてみてください。

調べてみる中で、転職できる仕事の中からこれだと思える仕事が見つかるかもしれません。

転職を先延ばしせず、思い立ったらすぐ行う

未経験の仕事に転職する場合、年齢が非常に重要になります。

若ければ若い方が有利です。

だからこそ、もし転職したいと思ったらすぐに行うことが大切。

1ヶ月、1年、2年とたつうちに転職はどんどん難しくなってしまうのです。

また売り手市場である転職市場も、この先どうなるかはわかりませんからね。

最低限のパソコンスキルは身につけておく

もしあなたがパソコンが苦手であるなら、転職活動と並行してある程度できるようになっておくべき。

たいそうなスキルを身につけておく必要はありませんがWord、Excel、PowerPointくらいの基本的な操作はできないと、もし転職活動でごまかして受かったとしても入社後にかなり苦労することになるし、下手したら試用期間で切られます。

適当に本を買うだけで十分使えるようになりますから、ぜひ始めましょう。

おすすめ転職サービス

最後にいくつかおすすめの転職サービスを紹介します。

上述したように転職エージェントは専門卒の人にとってもかなり有用ですから、ぜひ活用してください。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントと dodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

また最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー