仕事を辞めたいけど人がいない。人手不足の会社を辞める為にすべきこと。

もしあなたが今の仕事を辞めたいと思いながらも辞められずにいる原因が、会社の人手不足にあるならば、本当に今のまま仕事を続けて良いのかをあらためて考えなくてはいけません。

あなたはあなた自身のことを中心に考えるべきです。あなたが良いと思ったことをすべきです。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

仕事を辞めたいけど人がいない、そんな理由で続けて大丈夫?

確かに人手不足で、自分の代わりになる人がいない仕事が辞めにくいのは事実です。

これまで一緒に仕事をしてきた同僚の負担は増えてしまうでしょうし。上司から強い引き留めにあうであろうことも考えられます。

責任感が強い人ほど、辞める上での高いハードルとなってしまい、辞めたくても辞められないという状況に追い込まれてしまうでしょう。

ただ、本当にそのまま仕事を続けて良いのでしょうか。

確かにあなたが辞めなければとりあえず会社の状況も変わらず、より一層の人手不足にはなりません。

会社にとっては、とてもありがたいことです。

ただあなたにとってのメリットははたしてあるのでしょうか。

辞めたい仕事をずるずる続けてしまうことが、あなたにとって本当に良いことなのでしょうか。

人手不足を理由に仕事を辞められずにいる人に考えてほしいこと

あらためて考えてみてください。

あなたにとって今の仕事を続けることが、この先本当に良いことなのでしょうか。

人手不足の原因はあなたのせいではなく、会社のせい

人手不足に陥る原因はあなたにありません。会社の責任です。

人手不足にならないように雇用を増やす、待遇を良くして人が集まるようにする、適切な人事配置を行う。

やり方はいくらでもありますし、実際にそれができている会社もたくさんあります。

そしてもしあなたが辞めたとして、それに対する対策を考えるのも会社の仕事です。

新たに人を雇用するのか、配置がえをするのか。

それはあなたが考えることではないし、あなたが責任を感じる必要もないことです。

その責任を押し付けるような会社は、決して良い会社なんかではありません。

あなたが辞めても会社はなんとかなる

実際のところ、あなた一人が辞めたとしても会社はなんとかなります。

一時的に同僚の負荷はあがるかもしれませんし、会社側は新たに人を雇用する必要がでてくるかもしれません。

しかしそれでもなんとかなります。

というか何とかしなくてはなりませんし、それで何とかならない会社は将来的にかなりリスクが高い会社なので続けるべきではありません。

自分が辞めると仕事が回らなくなる。そう思っているかもしれませんが、全くそんなことはないし、そんな心配をする必要なんてないのです。

誰かがいなくなるリスクは常にある

そもそも誰かがいなくなるリスクなんて社員が辞める場合以外でも常にあります。

たとえば怪我や病気でしばらく出社できなくなるといったことは、少なからずあることです。

またあなた自身は責任感が強く、人手不足であることが仕事を辞めることに対するハードルになっているかもしれませんが、そうではない人もいます。

会社が人手不足であろうが、辞める人は気にせず辞めます。

辞めたら仕事が回らないというのがもし本当なら、そういったことが起きた時にはたしてどうするのでしょうか。

辞めなかったからといって感謝されるわけではない

もしあなたが辞めたいという思いを我慢し、会社の為、同僚の為に辞めなかったとしたらどうなるでしょうか。

続けてくれてありがとうと、周りに感謝されることはほぼないでしょう。ただあなたが我慢し、苦しみ続けるだけです。

あなたにとって良いことは何もありません。

会社の為、同僚の為にあなたが犠牲になっても良いのか

会社の為に仕事を続ける。同僚に迷惑をかけないように仕事を続ける。

会社にとって、同僚にとってはありがたいことかもしれません。

しかし一方であなたは、自分自身を犠牲にすることになります。

はたして本当にそれで良いのでしょうか。そもそも、それは自分を犠牲にしてまでする価値のあることなのでしょうか。

おそらくほとんどの人は「なんであの時に思い切って転職しなかったんだろう」と後悔するだけです。

会社側に退職の引き止めはできない

人手不足の会社にとって、さらに一人辞められてしまうのはどうにかして避けたいことです。

その為、なんとか退職を避ける為にあの手この手で引き止めの打診をしてくる場合は少なくありません。

しかし、打診はできても強制はできません。

最終的にあなたが辞めると言ったら、会社はそれを認めざるを得ないのです。

退職届を受け取らないなんてできません、口頭で告げた時点で退職することが成立しますし、内容証明郵便で証拠を残しつつ一方的に送りつけることも可能です。

損害賠償、迷惑料なんて脅しは問題外です。

人手不足であなたをその会社に縛り付けるものは、あなた自身の気持ち以外、他にはありません。

人手不足の会社を辞めて後悔することは、まずない

前の会社の方が働きやすかった、待遇が良かった、残業が少なかったといった理由で仕事を辞めたことを後悔する人は少なからずいます。

しかし人手不足の会社を辞めてしまったことに後悔した人は聞いたことがありません。むしろ転職して良かったと思う人がほとんどです。

今はまだ会社や同僚に対して情があるかもしれませんが、それは思った以上に希薄なものであることを、辞めた後に感じることでしょう。

人手不足の会社で働き続けるのは辛い

そもそも人手不足の会社で働き続けるというのは、かなり辛いです。

仕事量は多いし、残業もそれに応じて多くなる。周りもピリピリするし、ストレスも大きい。

もし一時的ならいいかもしれませんが、慢性的になっているならこの先も改善されるとは思えません。

代わりの人がいないからと、そんな辛い思いをして働き続けて本当に良いのでしょうか。

辞めたいなら辞めるべき、人手不足を辞めない理由にすべきではない

仕事を辞める前には辞めたら自分の不満は解決するのか、やりたいことや望んでいることを実現できるのか、辞めてから後悔しないだろうかなど、しっかり考える必要があります。

時には辞めないという選択をした方が良い時だってあるでしょう。

しかし、人手不足であること、自分の代わりをいないことは仕事を辞めない理由にすべきではありません。

なぜならそれはあなたにとって、重要なものではないからです。

人手不足の会社の辞め方

ここからは、いくつか会社の辞める上でのポイントを紹介します。

転職活動は先に済ませておくべき

転職活動は仕事を辞めてから行うのではなく、在職中に行うことをおすすめします。

今より良い仕事が見つからなかった時に辞めないで続けるという選択をとれるし、収入が途切れることによる焦りも生じません。

また仕事を辞める際も、次が決まっているからというのは大きな武器になります。

もし決まっていないと、次の仕事が決まるまで続けてくれなんて言われません。

忙しい中で転職活動を行うのは確かに大変ですが、たかが2ヶ月程度です。転職エージェント等を上手く活用し上手くやっていきましょう。

辞める上での心構え

円満退職を目指すことは必要ですが、絶対にそうしなければいけないと思う必要はありません。

人手不足で辞められたら困ると思われるのですから、思ったようにスムーズに行くとは限らないからです。

無理に円満退職にこだわってしまうといつまでも退職することができません。

退職は労働者の権利。正当性は自分にあありますから、退職することを第一に考えて手続きを行いましょう。

上司への退職の申し出はできるだけ早く

転職先が決まり退職することが確定したら、上司への退職の申し出はできる限り早くやらなくてはいけません。

転職先が決まった時点で入社日は決まっていますから、後になればなるほど退職までの期間が短くなり、会社や同僚への負担が大きくなるとともに、トラブルになる可能性が高くなります。

申し出はなかなかしづらいものではありますが、どうせいつかはすることになるものです。先延ばししないよう気を付けてください。

申し出時は辞めると言い切る

申し出時は、いつかをはっきりさせ、退職すると言い切りましょう。

曖昧な言い方をしてしまうと相手に引き止めたり、引き延ばしすることができると思われてしまいます。

トラブルを避ける為に角が立たないように(会社の悪口を言わない、上司の話を一応は一通り聞くなど)言う必要がありますが、退職の意思が弱いと思わせないように気を付けてください。

引き止め、引き延ばし、退職の保留には応じない

はっきり退職すると決まっていても、引き止めてきたり引き延ばしをお願いされる場合があります。

上司によっては退職の話を保留とさせてくれなんて言ってくる場合もあります。

ただこれに応じてはいけません。一度応じると、さらに強くなってきます。

次の会社がいつからだから、いつまでには退職する必要がある。退職の意思が変わることはないし、引き延ばすこともできない。

はっきり伝えましょう。

なおこの時点で、たとえ上司が認めなかったとしても退職の申し出は完了しています。

ぎりぎりになって退職を認めていないから、ここから2週間は必要なんて上司が言っても通用しません。

辞めさせてくれない場合の対応

退職するかどうかは労働者の一存で決めることができるものです。

退職を認めない、辞めさせないというのは認められません。

しかし、法律で定められているにも関わらず頑なに退職を認めなかったり、ひどい場合だと損害賠償を請求するなど脅しをかけてくる場合もないわけではありません。

そんな場合は、下記記事を参考にしてみて下さい。

参考:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

最後に

責任感を持つことは確かに大切なことです。しかし、その為に自分を犠牲にする必要なんてありません。

辞めたいと思っているなら、たとえ人手不足でも、たとえ代わりになる人がいなくても、自分の気持ち、自分の将来を大切にして仕事をスパッと辞めて先に進みましょう。

それがあなたにとって一番良い選択となるはずです。

おすすめ転職サービス

最後におすすめの転職サービスを紹介します。

転職活動を始めようと考えている方は、ぜひここで紹介するサービスを使ってみてください。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事